Archives : ビジネス

天然ガス価格を1月から値上げ 電力向け除く

ガス・マレーシアは、2018年1月1日付けで電力セクター以外を対象としたマレーシア半島部の天然ガス価格を改定すると発表した。ガス価格は百万英熱量(MMBtu)当たり平均4・47リンギ、率にして16%となる。ガス価格の値上げは2016年7月以来で、11月28日付けでエネルギー委員会から承認を得たという。 ガス・マレーシアによると、政府は2017年1月から向こう3年、基本価格(BT)を設定するインセンティブ・ベース・レギュレーション(IBR)の枠組みを規定し、ガス価格転嫁(GCPT)メカニズム
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:

外資系企業数、0.5%増の2964社=統計局

統計局の発表によると、マレーシアにおける外資系企業数は2016年に2,964社となり、前年比で0.5%増加した。 うち最も多いのは製造業で57.1%を占めた。それにサービス業(34.5%)、建設業(4.1%)が続いた。アジアの企業が64.6%を占めた。それに欧州(21.0%)、米国(12.2%)の順となった。総労働者数は84万7,269人で、前年の84万7,952人から微減となった。 外資系企業の昨年の輸出高は2,928億リンギ、輸入高は2,553億リンギ2,400億リンギで、それぞ
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

JTB西日本、マレーシアへの農産物の直販を開始

JTB西日本(本社・大阪市中央区)は1日、越境EC(電子商取引)サイト「J's Agri」の販路を拡大し、マレーシア(クアラルンプール域内限定)とシンガポールへの直販を11月27日から開始したと発表した。 取り扱い品目は福岡県産のいちご「あまおう」など15品目で、順次販売品目を拡大する。また「J's Agri」の認知度向上と商品販売を目的に、福岡県産「あまおう」の試食会を5日にマレーシアで開催する。シンガポールでは2日に開催した。 「J's Agri」は9月5日に開設したもので、香港
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

偽造品識別セミナー、ジェトロが開催

日本貿易振興機構(ジェトロ)は5日、国内取引共同組合消費者行政省と共同で、偽造品識別セミナーを開催した。 マレーシアにおける偽造品の押収機能をさらに強化するのが狙いで、国内取引共同組合消費者行政省の取締部及び税関局から合計51人の職員が参加した。 偽造品対策を進めている▽キヤノン▽ヨネックス▽京セラ▽カシオ——の日本企業4社と偽造防止の真贋判定シールをメーカーに供給している日本発条がそれぞれの偽造防止の取り組みと真贋の見分け方などをマレーシア側の取締担当者にレクチャー。ブースを設けて
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:

マリンド KL~プノンペン便を就航

マリンドエアは1日、クアラルンプール~カンボジア・プノンペン便を就航させた。同社にとってカンボジア乗り入れは初となる。機材はボーイング社製737ー800型機で、180人乗り。 毎日運航でクアラルンプール国際空港(KLIA)を午前8時に出発し、プノンペンに午前8時55分(カンボジア時間)に到着する。プノンペンからは同日午前9時45分に出発し、午後12時35分にKLIAに着陸する。 同社は今後も同国のほかの都市に路線拡大を目指しており、同国政府当局と協議しているもようだ。(Mtown)
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:

オリックス 日系初のイスラム金融事業に参入

オリックス・リーシング・マレーシアは11月30日、日系金融機関として初のイスラム金融事業に参入した。同社はマレーシア・イスラム銀行金融協会(IBFIM)がシャリーア(イスラム法)適格認証を取得したため、イスラム金融事業を開始した。 同社はイスラム金融のリースと類似した金融サービス「イジャーラ」を提供。この形態を利用した「イスラム式ファイナンスリース」、「イスラム式割賦」、「イスラム式レンタル」の金融商品3本を展開する。なかでも「イスラム式レンタル」は国内で初の試み。コンピューターなどのIT
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

日本空調 マレーシアに事務所を開設

日本空調サービス株式会社(本社・愛知県名古屋市)は11月30日、ゴールデンステートジャバに事務所を正式に開設した。マーレでの社名は日本クッチーサービス(M)Sdn。Bhd。で海外連結子社となる。  空調を中心とし高品質のメンテナンスサービスや保守管理を日系企業だけでなく、地場企業にも提供する。新井雄一マネジメント・ディレクターは「将来的にはメンテナンスサービスのほかにも設備工事の事業にも拡大していたい」と豊富を語った。  日本空調業は日本国内各地に事業所があるほか、海外には中国やシン
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:

三井アウトレット 15日から約70店舗開店へ

三井不動産は11月30日、空港に近くあるある「三井アウトレットパーククラランプル国際空港セパン」の第2期開発を終えて15日から約70店舗がオープンオープンしていますして発表した。来年2月上旬にはグランディアンする予定で、市場最大規模の約200店舗が入居するアウトレットモールとなる。 2015年5月30日に開業した同施設はこれまで国内の20〜30代の家族層や海外の観光客に親しまれてきた。今回オープンする第2期のデザインは、これまでの南国リゾットンピーエージを踏襲し、「スカイウォーク」、「リバ
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:

サービス業の売上高 第3四半期は9・3%増加

統計局の発表によると、第3四半期のサービス業の売り上げは、前年同期比で9・3%、前期比で1・3%それぞれ増加し、3878億リンギとなった。 セクター別で最も売り上げが高かったのは、卸売・小売・飲食・宿泊セクターだった。売上高は3093億リンギで、前年同期比で9・6%、前期比1・3%それぞれ増加した。情報・通信・輸送および保管セクターは前年同期比8・5%プラス、前期比1・7%マイナスの560億リンギだった。保健・教育・芸術・エンターテインメント・娯楽セクターは150億リンギで、前年同期比で8
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:

上半期の不動産市場 引き続き低迷

マレーシア国家不動産情報センター(NAPIC)は13日、上半期の不動産市場報告を発表した。総取引件数は前年同期比6%減の15万3729件だったが、取引額は同5%増の678億2000万リンギになった。 完成したが売れ残っている住宅は40%増の約2万戸で、コンドミニアムなど区分所有権の物件がほとんどを占めた。価格50万~100万リンギの物件が多い。売れ残り戸数が最も多かったのはケダ州で、次いでジョホール州。クアラルンプールは少ない。 建設中の住宅で、売り出されたものの売れ残っている戸数は
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news