【新着】マイクロソフト 向こう5年で10億米ドルを投資へ-2021/04/20

【新着】マイクロソフト 向こう5年で10億米ドルを投資へ-2021/04/20
ムヒディン首相は4月19日、米IT大手のマイクロソフト社が向こう5年で10億米ドルを投資すると発表した。「ブルサマ・マレーシア・イニシアチブ」のもとでの提携に伴うもので、国内に地域のデータセンターを設立する。 センターは複数のデータセンターで構成され、様々な国のデータを管理することになると首相は説明した。1万9000人の雇用創出につながり、うち4000人がIT関連のスタッフになる。 提携は同社とマレーシア行政近代化・管理計画局(MAMPU)や人的資源開発基金(HRDF)、通信のセルコ
post in マレーシアの経済/企業ニュース

マレーシア航空、予約の無料変更期間を延長-2021/04/17

マレーシア航空、予約の無料変更期間を延長-2021/04/17
マレーシア航空は4月16日、マレーシアをはじめとする各国による旅行制限、また国内での州跨ぎ移動の制限が続いていることから、チケット購入客に対する予約変更の柔軟性拡大を継続すると発表した。 購入後1回に限り、予約変更の際の運賃差額とサービス料を免除する。 対象乗客は、12月31日以前に再予約し、2022年6月までに旅行を完了すること。マレーシア航空はこれまで、6月30日以前に再予約、12月31日までに旅行を完了する条件で対応を行なっていた。
post in マレーシアの経済/企業ニュース

シティ銀、マレーシアのリテール部門から撤退-2021/04/16

シティ銀、マレーシアのリテール部門から撤退-2021/04/16
世界各国でシティバンク(Citibank)を運営する米国の金融大手シティグループこのほど、マレーシアを含む世界の13市場で運営していたリテール銀行(個人向け業務)サービスから撤退するもようだ。 これは先月に最高経営責任者(CEO)に就任したジェーン・フレーザー氏による戦略見直しの一環とされる。 なお、今後はシンガポール、香港、アラブ首長国連邦(UAE)、ロンドンにある富裕層向け金融部門の拠点から、これら各国のリテール部門を運営するとの方針も示している。したがって、顧客に対する当面の影
post in マレーシアの経済/企業ニュース

2月の鉱工業生産、前年と比べ1・5%上昇-2021/04/15

2月の鉱工業生産、前年と比べ1・5%上昇-2021/04/15
マレーシア統計局が発表した、2月の鉱工業生産は、前年同月と比べ1・5%上昇した。前月比では6・4%低下している。 
  鉱業は前年同月比6%低下となった。マイナスの要因としては、原油生産が11・5%、天然ガス生産が1・6%いずれも低下したことによる。 一方、製造業は前年同月と比べ4・5%上昇している。昨年同月は最初の活動制限令(MCO)の発令で製造業各社の操業が十分に行われていなかった。 品目別でみると、電子・電気(E&E)が10・3%、石油化学製品・ゴム・プラスチックが8・9%伸びた
post in マレーシアの経済/企業ニュース

【新店舗動向】マレーシア初のアップルストア開業も=来年、TRXで-2021/04/12

【新店舗動向】マレーシア初のアップルストア開業も=来年、TRXで-2021/04/12
アイフォーン(iPhone)やMacBookなどを手がけるAppleが早ければ来年にも国内で最初のアップルストアをオープンすると報じられた。出店先は新しいビジネスハブであるTRXのザ・エクスチェンジになる見通しだという。 情報筋によると、アップルストアの関係者は先に、ザ・エクスチェンジの関係者と面談した模様で、交渉は一定の段階にまで進んだとみられる。しかし、別の情報筋によると、マレーシアへもアップルストアの進出には、さらなる「説得力」が必要だとしている。 仮にマレーシアへアップル
post in マレーシアの経済/企業ニュース

【新店舗動向】メキシカンの「タコベル」、サイバージャヤにマレーシア初店舗-2021/04/12

【新店舗動向】メキシカンの「タコベル」、サイバージャヤにマレーシア初店舗-2021/04/12
メキシコ料理にインスピレーションを得た米レストランチェーンのタコベル(Taco Bell)がこのほど、サイバージャヤにマレーシア初店舗を開いた。 開業式典では、サイバージャヤを拠点とする、マレーシア・デジタルエコノミー公社(MDEC)のスリーナシュクリ最高経営責任者(CEO)が、タコベルマレーシアのフランチャイズを運営するハリスベーと共に臨席。初出店に花を添えた。 今後タコベルは、マレーシア全土の都市部に展開を目指すという。当面は、店舗での食事かテイクアウトかの選択となるが、近く
post in マレーシアの経済/企業ニュース

プロトン 組立工場をパキスタンに開設へ-2021/04/12

プロトン 組立工場をパキスタンに開設へ-2021/04/12
マレーシアのプロトン・ホールディングス社はパキスタンの最大都市カラチに組立工場を開設する計画だ。 同社のパキスタンの販売代理店でもあるアル・ハジ・オートモービル社によると、今年第3四半期(7~9月)までに開設する。この工場での年産は2万5000台の見込み。 同国では4月初めに「サガ」の販売を始めた。3車種のほか、100台の限定版車種も含まれる。現在はマレーシアから完成車を輸入しているが、世界第5位の人口を擁するパキスタンで組み立てることで市場拡大を図る。 プロトン社製自動車は現
post in マレーシアの経済/企業ニュース

セルコムとディジが合併へ 国内の通信最大手に-2021/04/09

セルコムとディジが合併へ 国内の通信最大手に-2021/04/09
通信のセルコム・アクシアタを運営するアクシアタ・グループは4月8日、通信のディジ・ドットコム社と合併すると発表した。新たな合弁会社を設立し、社名は「セルコム・ディジ社」とする。6月までに最終合意を目指す。新会社が誕生すると国内通信大手にのし上がる。 新会社の資本比率は両会社それぞれが33・1%を保有する見込み。ただ、同グループはマレーシアの機関投資家と共同で新会社の株式51%以上を所有するとも説明し、事実上、同グループの傘下となるようだ。合併はマレーシア市場のみを対象としたもので、両社が展
post in マレーシアの経済/企業ニュース

MRT3号線、今年後半にも着工かコスト等の調査を開始へ-2021/04/08

MRT3号線、今年後半にも着工かコスト等の調査を開始へ-2021/04/08
マハティール前政権により一旦棚上げとなった公共交通機関3号線(MRT3)の建設工事が今年後半にも着工する見通しだという。 ウィー・カー・ション運輸相はこのほど、着工に向けた調査を実施するため、MRTコーポレーションに3カ月の期間を与えると述べた。 MRT3号線は、首都圏を環状線の格好で結ぶもので、計画上の総延長は40キロ。完成は2028年が予定されている。2015年に建設計画が浮上したのち、前政権が2018年5月に誕生した際、見直し対象となっていた。全線完成の暁には、モントキアラース
post in マレーシアの経済/企業ニュース

今年のGDPは6・5%の伸びにIMF、経済見通しを発表-2021/04/08

今年のGDPは6・5%の伸びにIMF、経済見通しを発表-2021/04/08
国際通貨基金(IMF)は4月6日に発表した「世界経済見通し(WEO)」で、マレーシアの2021年の国内総生産(GDP)成長率予測を6・5%のプラス成長とした。これは3月に発表された前回予測のまま、また1月時点では7%との見方を示していた。また、来年2022年のGDPを6%の伸びと予測している。 IMFは今回マレーシアの失業率についても予測。2020年の4・5%から、今年は3・8%に改善。さらに2022年は3・6%となるとの見方を示した。 IMFは3月の発表の際、マレーシア経済につい
post in マレーシアの経済/企業ニュース