前月比で16・9%減 6月の天然ゴム生産量

前月比で16・9%減 6月の天然ゴム生産量

前月比で16・9%減 6月の天然ゴム生産量
統計局の発表(速報値)によると、マレーシアにおける2019年6月の天然ゴム生産量は3万6957トンとなり、前年同月比で10・7%、前月比で16・9%それぞれ減少した。 輸出量は5万4547トンで、前年同月比で4・1%のプラス、前月比では4・1%のマイナスとなった。輸出先は、▽中国▽ドイツ▽米国▽イラン▽韓国の順で多かった。 輸入量は6万8925トンとなり、前年同月比で15・2%増加したが、前月比で14・1%減少した。 国内消費量は前年同月比5・0%、前月比10・9%それぞれ減の3万87
post in マレーシアの経済/企業ニュース
プルタミナとの合併を示唆 ペトロナスと=インドネシア大統領

プルタミナとの合併を示唆 ペトロナスと=インドネシア大統領

プルタミナとの合併を示唆 ペトロナスと=インドネシア大統領
マレーシアを訪問したインドネシアのジョコウィ大統領は8月8日、マレーシアの石油公社ペトロナスとインドネシアのプルタミナとの合併もありえると発言した。 「両社は今後、提携していく可能性があるかどうか」のテレビインタビューの質問で答えたもの。 大統領は「両社はすでに姉妹のような関係で、ともに協力して他国にビジネスを展開できる」と述べ、提携または生産能力や資本がある一つの大きい石油会社になるために合併も可能性があると語った。 また、欧州連合(EU)が2030年までにパーム油由来のバイオ燃料の使用
post in マレーシアの経済/企業ニュース
「大阪もん」食品プロモ   大阪府やジェトロなど共催

「大阪もん」食品プロモ 大阪府やジェトロなど共催

「大阪もん」食品プロモ   大阪府やジェトロなど共催
大阪府と日本貿易振興機構(ジェトロ)、関西・食・輸出推進事業協同組合は8月8日、大阪の地場食品「大阪産(おおさかもん)」の海外プロモーション活動の一環としてクアラルンプール(KL)市内で商談会、セミナー、試食会を共同開催した。 商談会では大阪府内の10の事業者・団体がブースを出し、40社超のマレーシアのバイヤーに売り込んだ。JA全農大阪府本部は「水なす」、JA大阪中河内は「デラウェア(ぶどう)」を出品。デラウェアは昨年からマレーシアで発売を開始しており、昨年だけで800キログラム、今年は2・
post in マレーシアの経済/企業ニュース
上半期の輸出高、0・2%減   貿易額全体も減少に

上半期の輸出高、0・2%減 貿易額全体も減少に

上半期の輸出高、0・2%減   貿易額全体も減少に
マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)の発表(速報値)によると、2019年上半期の輸出高は4815・3億リンギで、前年同期比で0・2%減少した。 輸入高は4144・2億リンギで、同1・8%のマイナスとなった。貿易額全体は8959・5億リンギで、同1・0%減少した。貿易収支は671・0億リンギの黒字で、同10・9%増加した。 6月の輸出高は761・7億リンギとなり、前年同月比で3・1%、前月比で9・5%それぞれ減少した。輸入高は659・1億リンギとなり、前年同月比で9・2%、前月比で12
post in マレーシアの経済/企業ニュース
国産「空飛ぶ車」を実現へ サイバージャヤを試験場に

国産「空飛ぶ車」を実現へ サイバージャヤを試験場に

国産「空飛ぶ車」を実現へ サイバージャヤを試験場に
モハマド・レズアン起業開発相は8月4日、マレーシア製の「空飛ぶ車」の実現に向けてサイバージャヤを試験場にすることを明らかにした。すでに国家開発協議会に提案しており、マハティール首相も了承しているという。 同相は今年2月、年内に空飛ぶ車の試作品を発表すると述べていた。試作品の費用は100万リンギ。航空宇宙学やドローン、無人航空機の技術を集結して開発している。 空飛ぶ車事業に関与しているドローン・サービス会社アエロディンのカマルル・ムハメド最高経営責任者(CEO)も年末までには発表できると述べて
post in マレーシアの経済/企業ニュース
第2四半期の求人数は2%減   JACリクルートメントが発表

第2四半期の求人数は2%減 JACリクルートメントが発表

第2四半期の求人数は2%減   JACリクルートメントが発表
人材紹介のジェイ・エイ・シー(JAC)リクルートメントは7月30日、第2四半期(4〜6月)のアジア各国のホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。マレーシアの求人数は前年同期比2%減少したが、前期比で1%増加した。 JACリクルートメント・マレーシアの大西信彰社長によると、第2四半期はサービス業やIT系企業を中心に採用意欲の増加が見られた。日系企業の求人数については、前年同期比、前期比それぞれ11ポイント、14ポイント低下した。一方、引き続き外資系SSC(シェアードサービスセンター)や地場I
post in マレーシアの経済/企業ニュース
カード手数料徴収を廃止 エアアジア、10月にも

カード手数料徴収を廃止 エアアジア、10月にも

カード手数料徴収を廃止 エアアジア、10月にも
格安航空エアアジアは7月30日、同社のウェブサイト上で航空券の予約をする際に徴収しているクレジットカードとデビットカードの手数料を10月から廃止することを明らかにした。同社のトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)が明らかにした。 現在、同社のサイトで発券すると、デビットカードでの支払いには4リンギ以上、中国銀聯(ユニオンペイ)の利用の場合は16リンギがそれぞれ徴収されるほか、クレジットカードの場合は最大48リンギが加算される。ただ、エアアジアの電子ウォレット「ビッグペイ」には手数料は課
post in マレーシアの経済/企業ニュース
6月は16%の減少に マレーシア人訪日者数

6月は16%の減少に マレーシア人訪日者数

6月は16%の減少に マレーシア人訪日者数
日本政府観光局(JNTO)が7月17日発表した6月の訪日者数統計でマレーシアからの訪日者数が前年同月と比べ16・4%減の3万500人にとどまったことがわかった。 これは、学校休暇の時期が今年は5月下旬に始まったことに加え、昨年は3連休だったラマダン明けのハリラヤ休みが2連休だった影響によるものとみられている。 なお、上半期(1〜6月)の訪日者数は前年同期からやや増え0・7%増の23万7900人に達している。 一方、世界各国から6月に日本を訪れたインバウンド客の総計は前年同月比6・5%増の2
post in マレーシアの経済/企業ニュース
フィッチが維持=Aマイナス マレーシアに対する格付け

フィッチが維持=Aマイナス マレーシアに対する格付け

フィッチが維持=Aマイナス マレーシアに対する格付け
格付け会社のフィッチ・レーティングスはマレーシアの外貨建て長期ソブリン債券に対する格付けのAマイナスを維持。また中期的見通しの「安定的」も維持した。 マレーシア経済はこの先、いくらか減速するとフィッチは予想。通年の成長予想を4・4%とした。 フィッチによると、個人消費は堅調に推移する。公共投資は凍結事業の再交渉、再開で今後数年、増加が見込めるという。 政権の安定性について、一般国民の評価が急落したと指摘。94歳になったマハティール・モハマド首相の後継者、引き継ぎ時期は依然、予測がつかない。
post in マレーシアの経済/企業ニュース
2%増と昨年より回復  上半期の自動車販売台数=MAA

2%増と昨年より回復 上半期の自動車販売台数=MAA

2%増と昨年より回復  上半期の自動車販売台数=MAA
マレーシア自動車協会(MAA)によると、2019年上半期の自動車販売台数は29万6334台となり、前年同期比で2・3%の増加となった。世界経済の先行き不透明の中、堅調な国内景気、中央銀行バンク・ネガラ(BNM)による利下げもあり総選挙前の模様眺めの様相もあった昨年同期からやや回復した。 乗用車は27万875台で3・8%増となったが、景気先行きの不透明感を反映して商用車は11・2%マイナスの2万5459台にとどまった。 メーカー別ではダイハツ系のプルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥ
post in マレーシアの経済/企業ニュース