コロナ
nomorecovid19

新型コロナ向け新薬 これまでに173人が完治

2022/05/13

カイリ・ジャマルディン保健相は5月12日、新型コロナウイルス向けの経口新型コロナ治療薬「パキロビッド」(ファイザー製)の投与でこれまでに173人が完治したと発表した。 5月9日現在の数字で、4月15日の時点での感染者にこの薬を投与したという。投与を受けた患者から副作用についての報告は受けていないという。 この経口薬は512カ所の新型コロナ評価センター(CAC)と全国78の政府系病院に配布。重症化する危険のある軽症の患者に投与を優先した。 この新薬は4月11日に4万8000箱が納入されていた。... ...続きを読む

ハリラヤ後の新規感染者数 増加傾向

2022/05/11  保健省は5月10日、過去24時間に確認された新規感染者数が2246人だったと発表した。死亡者は1人だった。   断食明け大祭(ハリラヤ)の2日目だった5月3日に新規感染者数は922人にまで減ったが、それ以降は増加している。 9日に発表された感染者数は2153人に達し、ハリラヤ以後初めて2000人を超えた。 同省は先にハリラヤ以降は感染者数が増えると見込んでいた。専門家も1日あたり新規感染者数は2万人にまで増えると見ており、警戒が必要だ。... ...続きを読む

中等症以上の約65% 新型コロナ後遺症に悩む

2022/05/11 カイリ・ジャマルディン保健相は5月10日、新型コロナウイルスの中等症以上の元感染者のうち65・1%が後遺症に苛まれていることを明らかにした。 カテゴリー4と5を経験した元感染者のうち今年4月以降9230人が後遺症にかかって治療を受けたという。このうち61・5%の人が倦怠感や咳、呼吸困難、ブレインフォグ、関節痛など2つ以上の症状を患った。 また、後遺症に苦しめられた人のうち60~70%が新型コロナウイルスに感染してから職場に復帰できたのは3~6カ月で、残りの30~40%が1~3カ月だった。完治しても後遺症から回復するのにもかなりの時間を要することもわかった。 このため、こういった後遺症にかかった人向けのリハビリ治療にも今後力を入れると同相は話した。... ...続きを読む

子ども向けワクチンの無料接種、終了まであと10日

2022/05/06 保健省は5月6日、「PICKids」の名で進めている新型コロナウイルス対策ワクチンの初回投与について、今月15日以降は無料で提供されないと、改めて保護者に注意を促している。 無料対象は、5歳から11歳となっている。3月7日の接種開始以来、現在までに5歳から11歳の子どものうち、合計87万3,409人、対象のうち24.6%が「PICKids」の下、ワクチン接種を受けている。 保健省のウェブサイトによると、5月5日時点で、このグループのうち153万7,190人(対象者の43.3%)が少なくとも1回分のワクチンを接種している。... ...続きを読む

海外にいくマレーシア人の多く「安全のため、引き続きマスク...

2022/05/04 マレーシアでは5月1日、マスクの義務化が解除されたが、国外にいる多くのマレーシア人は、まだ「安全」を求め、着用を続けているようだ。 ドイツは4月初め、コロナ対策を取りやめたが、あるマレーシア人家族は「今でも外出時にはマスクを着用している」と話している。 「息子と娘のことがまだ心配」とした上で、この2年間でマスク着用に慣れたとする。 ベルリンでは、マスク着用者と未着用者が半々だそうだが、「自分にとってベストなものを選べばいい 」と語り、この家族は、マスク着用はもうしばらく続けるだろう、と述べた。 米国のマレーシア人も同様の反応だ。サンフランシスコに住む30代女性は「外出するときは必ずマスクを着用する」「マスクなしで外出する自信はまだない。後悔するくらいなら、安全のため、マスクをつけていた方がいい」と話す。 感染対策が大幅に緩和されている欧米では、おしなべて「マスクをしているのはアジア系」という感覚が地元の人々に浸透しつつある。こうした状況はいつまで続くのだろうか。... ...続きを読む
nomorecovid19

1日の新規感染者数、1000人を下回る

2022/05/04 保健省が5月3日発表した、新型コロナウイルス感染者統計によると、1日当たりの新規感染者が922人となり、1000人を下回った。なお、コロナ禍開始以来の国内感染者数は累計で445万1,781人となった。 回復者は引き続き新規感染者数を上回っており、同日は5,520人の患者が回復。これにより、パンデミック開始以来、累積回復者数は438万4,384人となった。 入院者数は全体の3.14%にあたる998人。全国の集中治療室(ICU)に入院している患者は69人で、このうち46人は人工呼吸器のサポートを受けている。... ...続きを読む

コロナ新規感染者、規制緩和も減少方向に

2022/05/03 新型コロナ規制が大幅に緩和されたマレーシアだが、新規感染者数も大幅に減少している。5月2日の発表によると新たな感染者は1,352人にとどまった。なお、パンデミック開始以来の国内感染者数は4,450,859人。 回復者数は引き続き新規感染者数を上回っており、2日には6,074人の患者が回復。これにより、パンデミック開始以来、累積回復者数は4,378,864人となった。 現在国内にいる感染者は36,440人で、97.3%にあたる35,439人が自宅で隔離を受け、5人が低リスク検疫・治療センターに収容された。 全体の2.73%にあたる996人の患者が現在治療のために入院しているとのこと。全国の集中治療室(ICU)に入院しているコロナ患者は66人で、このうち44人は人工呼吸のサポートを受けている。 全国のICU利用率は50.2%となっている。... ...続きを読む

マスク着用の規定緩和も「売り上げは落ちず」

2022/05/03 5月1日からコロナ対策の緩和でマスク着用が「義務」から「任意」となったにもかかわらず、フェイスマスクの売上が減少することはないという。マレーシア薬剤師協会会長のアムハリ・ブアン氏の話として、ザ・スターが伝えた。 同会長は「室内ではマスクを着用する必要があるため、人々は依然としてフェイスマスクを入手する必要がある」と語っている。 「安全対策に対する意識はまだ強い」とし、「これは当分、変わるとは思っていない」と指摘している。 さらに、フェイスマスクを「ファッション」として使う人さえ出てきたという。 また、「マスクの品質は妥協できないため、価格も変わることはないだろう」と述べた上で、「地域薬剤師は需要と供給の動向を把握し、在庫を確保している」と付け加えた。... ...続きを読む
thumbnail

コロナの緩和策、今日から実施=依然チェックの店も

2022/05/01 5月1日からコロナ対応の標準作業手順(SOP)が大きく緩和されたが、多くの店舗事業主は、予防措置として、施設での健康プロトコルの維持を選択している。 ルールでは、店舗利用者はMySejahteraのQRコードをスキャンする「チェックイン」が不要となり、店舗スタッフは入店者のコロナステイタスを確認するのみとなった。ところが、あるカフェ店主は「MySejahteraチェックインを利用するよう顧客に従来通りお願いする」と語っている。 また、マレーシア格安ホテルの幹部は、地元紙の取材に対し「緩和は時宜を得たものだが、格安ホテルは当分の間、MySejahtera QRコードの掲示を続けるだろう」と述べた。 なお、入国条件等については、先に発表になった通り、マレーシア入国前後の検査が同日から不要となっている。... ...続きを読む

マレーシア保健相「マスク着用規定、緩和の是非決定ではあら...

2022/04/30 保健省は4月27日、新型コロナウイルスの感染対策に関し、5月1日以降に適応される緩和措置の数々を発表した。 その中には、MySejahteraのチェックイン要件の解除や、屋外でのマスクの着用義務付けの解除などが含まれている。 こうした「マスク使用要請を緩和決定に際しては、あらゆる方面での考慮がなされた」と、カイリー・ジャマルディン保健相が改めて述べた。 同相は、「大勢の人が移動するハリラヤの時期に規則を緩和するのは適切ではないかもしれない」とする公衆衛生専門家の懸念があったと説明。 「保健省は公衆衛生専門家の懸念を承知しているが、国民への快適さや感染の背後にある科学的な分析など、あらゆる要素を考慮した上で決定を下した」と記者団に述べた。 同相はさらに、「感染のリスクは屋内よりも屋外の方が低い」としながらも「健康リスクの高い人は人混みでマスクを着用するよう、保健省が明確に勧告している」と改めて強調。その上で、「マレーシアはいま、コロナの移行期にある。感染防止対策において、地域社会の連帯と個人の責任でこれを乗り越えたい」としている。... ...続きを読む

ワクチン未接種者、店舗などへの入場が自由に=5月1日以降

2022/04/28 マレーシア保健省が、5月1日以降のコロナ活動規制の緩和を発表したが、ワクチン未接種者向けの規制緩和措置も明らかになった。 同日から接種の有無にかかわらず、ショッピングや飲食店への入場が可能となる。 ワクチンをさまざまな理由で接種しない人の間では、「これでようやく社会活動に復帰できる」という喜びが広がっている。 カイリー・ジャマルディン保健相は会見で、「店舗などでは入場者のワクチン接種状況を確認する必要がなくなった」と指摘。 一方、陽性者の店舗立ち寄りのリスクを回避することを呼びかけている。... ...続きを読む

5月1日以降のコロナ対策=マレーシア保健省発表

2022/04/28 保健省が4月27日発表した、「5月1日以降のコロナ対策」は次の通り。 ・マスク 屋内ではマスク着用が義務付け(公共交通機関車内・構内、配車サービスの車内含む)。 屋外では着用任意。人混みの中やリスクの高い人は、引き続きマスク着用を推奨。 ・フィジカルディスタンシング(いわゆるソーシャルディスタンス) 遵守の必要はなくなる。 ・MySejahteraによるチェックイン 入場登録が不要に。ワクチン接種の有無にかかわらず、ショッピング施設などの敷地内への立ち入りが可能に。 ただし、コロナ陽性者、隔離(HSO)対象者は従来通り入場不可。 ・コロナ陽性者の対応 従来通り7日間の隔離を要請。 ただし、4日目の「専門家立ち合いのもとでの抗体検査(RTK)」で陰性であれば、隔離から早く開放される可能性あり。 ・マレーシアへの入国 マレーシアに入国するコロナワクチン完全接種済みの旅行者(ブースター接種まで完了)は、出発2日前以降のPCR検査、および到着後24時間以内のRTK検査が不要に。 ・禁止される活動リストの解除 コロナ対策として最後まで禁止されていた活動(ネガティブリストにあったナイトクラブなど)は、5月15日をもって制限解除に。  ... ...続きを読む

ブースター接種者のマレーシア入国、5月1日以降はトラベルカ...

2022/04/27 マレーシア保健省は4月27日午後、ツイッターを通じて5月1日以降の入国条件について発表した。 それによると、新型コロナウイルス対策のワクチン接種者のうち、ブースター接種まで終わっている入国者は、これまで必要だった「入国2日前以降のPCR検査」および「入国後24時間以内に実施する抗体検査(RTK)」のいずれも不要となる。また、コロナ関連疾患による入院治療を担保する目的で取得が求められてきた「旅行保険」の提示要請も廃止となる。 ただし、入国前にコロナ追跡アプリMy Sejahteraを通じてTravellers Cardの取得が引き続き必要となる。 なお、上記の条件は、12歳以下の同行する子どもについても同様の措置が取られる。 したがって、日本とマレーシアを往復する場合、ブースター接種済み者については、「日本入国に利用するフライト出発72時間前以降に取得したPCR検査の陰性証明書」が必要となる以外、他の検査は不要となる。... ...続きを読む

【新着】海外行き予定者へのブースター接種、予約なしで可能...

2022/04/23 カイリー・ジャマルディン保健相の発言によると、18歳以上で海外渡航を予定する人は、新型コロナワクチンについて3回目(いわゆるブースター)の接種日から少なくとも1カ月後に2回目のブースター接種を受けることができるとのことだ。フリーマレーシアトゥデイが4月22日に伝えた。 同保健相は「予約済みの航空券や旅行日程の証明などの書類を持参して、いずれかの接種センターへウォークイン(予約なし)で接種が受けられる」と述べている。 なお、日本側の規定を改めて確認すると、2回目まではコミナティ(COMIRNATY)筋注(ファイザー製)、バキスゼブリア(Vaxzevria)筋注(アストラゼネカ製)、COVID-19 ワクチン(モデルナ製)、ヤンセン(ヤンセン製)、コバクシン(COVAXIN)(バーラト・バイオテック製)、ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注(ノババックス製)のいずれかが認められる。一方、ブースター接種用にはファイザー製、モデルナ製、ノババックス製の3種しか認められていない。(バーラトとノババックス製はいずれも4月25日以降の入国に適用)。... ...続きを読む

保健省 濃厚接触者の隔離規定を撤廃-2022/04/22

2022/04/22 保健省は4月21日、新型コロナウイルスの濃厚接触者に対する隔離規定を撤廃すると発表した。22日から有効。   これまで隔離期間はワクチン接種完了者は症状の有無に関わらず5日間、未接種者は7日だった。   22日からは濃厚接触者への自主隔離の義務はなくなるものの、症状がある場合は自主隔離を行うことが望ましいとしている。また、症状が出てから3日後にも検査を行うことを奨励している。RTKーAg自主検査で陰性が出て、症状が改善された場合、自主隔離は終わらせられるが、予防策は自身で実践するよう求めた。   一方、濃厚接触者で無症状の場合、自身の予防策は5日間は行うよう同省は求めている。   予防策とはマスクの着用、人混みの回避、良好な換気、感染リスクの高い人との接触の回避、旅行の自粛としている。... ...続きを読む

ハリラヤ連休後は感染者急増の恐れ=専門家-2022/04/22

2022/04/22 マレーシア国民大学(UKM)のシャリファ・エザト教授(公衆衛生専門)は4月21日、断食明け大祭(ハリラヤ)後に新型コロナウイルスの新規感染者数が1日2万人にまで膨れ上がるとの予測を示した。 政府は現在をエンデミックへの移行期間として位置づけているが、同教授は「事態が好転するかどうかを判断するには時期尚早」と指摘。今年はハリラヤ期間中に各地に帰省でき、人の往来が激しくなり、子どもたちへのワクチン接種率も低いことから新規感染者が激増する恐れがあると説明した。さらに、4月1日以降に国境が開放されたことから海外からオミクロンXE株といった変異株が持ち込まれる可能性も高いとみている。 21日に発表された1日あたりの新規感染者数は6968人にとどまっている。1日あたり2万人にまで激増した場合は再び減少するまで「3カ月はかかる」と同教授はみており、連休中も感染防止対策を徹底するよう呼びかけた。... ...続きを読む

新規感染者数 7000人を割る-2022/04/19

2022/04/19 保健省は4月18日、過去24時間の新型コロナウイルスの新規感染者数が6623人にとどまったことを発表した。7000人を割ったのは今年2月4日以来。   前日に発表された新規感染者数は9705人で、激減したことになる。   18日に発表された死亡者数は12人。うち8人が病院への搬送途中で死亡したという。   国内で同日に集中治療室(ICU)の病床率が50%以上になっている州はない。新型コロナウイルス向け隔離施設の占有率が50%以上となっているのはペラ州のみとも同省は発表した。   18日現在の全国の感染率を示す再生産実効数(アールノート)は0.86。スランゴール州とヌグリ・スンビラン州が0.89と全国平均を上回っている。... ...続きを読む

コロナ治療薬「パクスロビッド」の初荷到着-2022/04/15

2022/04/15 カイリー・ジャマルディン保健相は、マレーシア政府が4月9日に新型コロナの抗ウイルス剤「パクスロビッド(Paxlovid)」の初荷を受け取ったと明らかにした。 4万8000人の患者の治療に十分である、10万4,700コース分に当たるという。これらを481ヵ所あるCovid-19アセスメントセンター(CAC)ヘルスクリニックと15の公立病院を含む全国の政府医療施設に配布される予定。... ...続きを読む

5~12歳のワクチン初回接種 5月15日で終了-2022/04/14

2022/04/14 保健省のノール・アズミ副大臣は4月13日、子ども向けワクチン接種プログラムで初回接種を5月15日までとすると述べた。   同プログラムではファイザー製とシノバック製を提供しているが、同月16日以降に初めて接種を受ける子どもは民間医療機関で有料になると同副大臣は説明した。   無料で初回接種を打ち切った背景には子どもたちへの接種率に低さが挙げられる。使用期限があるワクチンの無駄が多く発生しているため、同プログラムの期間を見直したという。   4月12日現在で5~12歳の初回接種人数は137万人超で全体の38.6%にとどまっている。   新型コロナ関連アプリ「MySejahtera」に子どもの接種登録をしたものの、まだ受けていない子どもの親に対しては電話や個別訪問などを通じて接種を受けるよう促していくという。同副大臣は最終日までに1回目の接種を終わらせるよう保護者に強く求めた。... ...続きを読む

マレーシア到着後のコロナ再検査、外国人に不評-2022/04/14

2022/04/14 4月1日以降、新型コロナワクチン接種完了した外国人旅行者に対するマレーシアへの入国が解禁されたが、到着後24時間以内にRTK-抗原検査を受けなければならないことに到着客の多くから不満が出ているようだ。 ほぼ同時に「開国」した、シンガポール、インドネシア、フィリピンでは、検査そのものを不要としているもしくは近々に取り止める姿勢を中発表している。そんな中、マレーシアが到着時検査に固執しているが、その必要性にも疑問があるとの声が出ている。 これに加え、マレーシアへの旅行者は、出発2日前にPCRテストを受ける必要もあり、ここでも出費が迫られる。 目下、到着後のコロナ検査は、KLIAとKLIA2で数種類のオプションがあり、専門的なRTK-抗原(鼻腔)検査はマレーシア人なら100リンギ、外国人は160リンギとなっている。ところが「普通にクリニックで検査すれば、通常60〜70リンギ程度だ」との指摘もあり、検査先の心当たりがあるなら、あえて空港ではやらず、市内に出てから24時間以内に適宜クリニックで検査を済ませれば良い。 なお、先にMタウンが国境出入りのルールを改めて確認したところ、マレーシア〜シンガポール間(両方向とも)を陸路で出入りする場合、事前のコロナ検査は不要。またシンガポールからマレーシアへ(交通機関を問わず)入国した場合は前述の到着後検査は求められない。... ...続きを読む
TOP