パビリオンで商品体験型のお茶会 大阪の伝統産業の後継者ユニットが開催

パビリオンで商品体験型のお茶会 大阪の伝統産業の後継者ユニットが開催

パビリオンで商品体験型のお茶会 大阪の伝統産業の後継者ユニットが開催
大阪の伝統産業の後継者ユニット「ZORI(ぞうり)」は1月10〜12日、クアラルンプール市内のショッピングモール「パビリオン」で商品体験型のお茶会「茶・CHA・CHAT!」を開催した。 茶の湯文化が栄えた堺の抹茶、純国産の黒文字楊枝、抹茶で染めた泉州タオルなど、大阪の地域資源にも指定されている伝統産業品が体験できると銘打って行われたもの。 「ZORI」は、日本文化と大阪の伝統産業の魅力を海外へ発信することを目的に結成した大阪の伝統工芸の後継者ユニット。河内長野市の地場産業である「黒文字楊枝」
post in マレーシアの日系企業ニュース
サイバージャヤにデータセンター建設 NTT、マレーシア国内で5カ所目

サイバージャヤにデータセンター建設 NTT、マレーシア国内で5カ所目

サイバージャヤにデータセンター建設 NTT、マレーシア国内で5カ所目
NTTグループの海外事業統括会社NTTリミテッドは、セランゴール州のサイバージャヤにマレーシア国内で5つ目となるデータセンター「サイバージャヤ5(CBJ5)」の建設を進めている。すでに昨年10月に着工、今年度上半期(4〜9月)にも完成する見込みだという。 設置されるデータラックの品質は最高水準のティア4が導入されるという。この設立は、マレーシア政府の2020年予算案で謳われている「デジタル化を通じて経済成長を促進される」事業の一環となっている。 NTTはまた、MISTと呼ばれる海底ケーブルを
post in マレーシアの日系企業ニュース
マレーシアでも販売開始 エヴァンゲリオン公式EC

マレーシアでも販売開始 エヴァンゲリオン公式EC

マレーシアでも販売開始 エヴァンゲリオン公式EC
BEENOSの子会社で、越境ECおよび日本関連コンテンツの海外進出をサポートするビークルーズは、グラウンドワークスが運営する「エヴァンゲリオン公式ECサイト」の海外展開強化に伴い、海外向けEC販売の支援を進めている。 ビークルーズは1月7日、エヴァンゲリオンの公式ショップが東南アジア最大級のマーケットプレイス「Shopee」のシンガポール向けサイトとマレーシア向けサイトで同時にオープンした。 なお、ビークルーズによる「Shopee」を使ったアジアでのエヴァンゲリオンの販売は昨年10月から台湾
post in マレーシアの日系企業ニュース
日本の余剰アパレルを活用  在庫処分業者が店舗展開

日本の余剰アパレルを活用 在庫処分業者が店舗展開

日本の余剰アパレルを活用  在庫処分業者が店舗展開
在庫処分業を営むShoichi(本社・大阪市中央区)はこのほど、日本国内で出た余剰アパレル衣類を販売するショップを『イセタン・ザ・ジャパン・ストア』にて開業した。 同社は地場のJINOVATIONと業務提携し日本のライフスタイルを発信する複合店舗として、日本製のレディースアパレルを中心に雑貨・コスメなどを扱う。 今回の出店について、同社は「『衣服ロス』問題として新品の衣料品の大量在庫・廃棄処分が問題視されている」とした上で「国内で在庫処分ができない衣料品を海外実店舗で販売することで、衣料品廃
post in マレーシアの日系企業ニュース
約4割がオリンピックに「非常に興味」 ファン・ジャパンが認知度調査

約4割がオリンピックに「非常に興味」 ファン・ジャパンが認知度調査

約4割がオリンピックに「非常に興味」 ファン・ジャパンが認知度調査
日本好きの外国人を対象としたコミュニティサイト「ファン!ジャパン」を運営するファン・ジャパン・コミュニケーションズ(本社・東京都港区)は、アジア7カ国のオリンピックについての認知度や興味、また訪日旅行についての調査結果を発表した。 マレーシア人回答者の39%がオリンピックに「非常に興味がある」、34%が「まぁまぁ興味がある」と答え、73%が関心を持っていることがわかった。  26%が「あまり興味はない」、2%が「まったく興味がない」と答えた。観戦方法については61%のマレーシア人が、「マレー
post in マレーシアの日系企業ニュース

日本航空と共同事業、4月開始へ マレーシア航空、日本路線で

日本航空と共同事業、4月開始へ       マレーシア航空、日本路線で
マレーシア航空(MAB)と日本航空(JAL)は12月19日、マレーシアと日本とを結ぶ両社の路線について共同事業を実施に向けて申請していた「独占禁止法適用除外(ATI)」が、マレーシアと日本の関係当局から認められたと発表した。 これを受け両社は4月にも両国を結ぶ2社の運航便について、スケジュールや運賃を共同で調整を行い利便性を高めるなど、より深い連携を取ることができるようになる。 共同事業とは、「ジョイントベンチャー」あるいは「ジョイントビジネス」と航空業界で呼ばれているもので、当該路線(この
post in マレーシアの日系企業ニュース
原油の商業生産を開始 JX石油開発、サラワク州沖で

原油の商業生産を開始 JX石油開発、サラワク州沖で

原油の商業生産を開始 JX石油開発、サラワク州沖で
JX石油開発(本社・東京都千代田区)は、同社のプロジェクト会社であるJXマレーシア石油開発がサラワク州沖SK10鉱区でオペレーターとして生産・操業を継続している同鉱区内のラヤン油ガス田で原油の商業生産を12月3日に開始したことを明らかにした。 同社によると、ラヤン油ガス田では2017年5月から天然ガスを生産。今回、新たに浮体式生産貯油出荷設備(FPSOヘラン)を使用して、天然ガスにだけでなく原油の生産を開始したもの。 SK10鉱区は、JX石油開発にとっての主力プロジェクトの一つ。今回の生産設
post in マレーシアの日系企業ニュース
テクスケムの子会社と締結 スタディストが販売契約

テクスケムの子会社と締結 スタディストが販売契約

テクスケムの子会社と締結 スタディストが販売契約
スタディスト(本社・東京都千代田区)は12月19日、日系テクスケム・リソーシズ傘下のシー・マスター・フード(SMF)との間でマレーシアにおける「Teachme Biz」の独占販売代理店契約(直販など一部を除く)を締結したと発表した。 「Teachme Biz」は国内外の約2600社が有償利用するビジュアルSOPマネジメントプラットフォームで、企業の標準作業手順書の作成、管理を効率化するソリューション。人材育成効率化や顧客満足度の向上など、様々な成果が期待されるという。日本での利用料金は1社あた
post in マレーシアの日系企業ニュース
11月は17%増加  マレーシアからの訪日客数

11月は17%増加 マレーシアからの訪日客数

11月は17%増加  マレーシアからの訪日客数
日本政府観光局(JNTO)が12月18日に発表した11月の訪日者数統計によれば、マレーシアからの訪日客は同月として過去最高となる6万5000人に達した。前年同月と比べ17・1%伸びている なお、1月からの累計で見ると、前年同期比5・7%増の42万3400人となった。  今回の結果についてJNTOは、11月後半から学校休暇が始まり旅行需要が高まる中で、クアラルンプール〜成田線の新規就航などによる航空座席供給量の増加やインセンティブ旅行を目的とした渡航の増加もあり、訪日者数は前年同月に比べ好調な
post in マレーシアの日系企業ニュース
「トライトン」の特別仕様車   三菱モーターズ、限定120台

「トライトン」の特別仕様車 三菱モーターズ、限定120台

「トライトン」の特別仕様車   三菱モーターズ、限定120台
三菱モーターズ・マレーシア(MMM)は12月10日、ピックアップ車「トライトン」の特別仕様車「ナイト」を発表した。限定120台を販売する。 「ナイト」には、上位機種の標準となっている排気量2・4リッターMIVECターボディーゼル・エンジンが搭載されている。最大出力181PS、最大トルク430Nmを発揮する。変速機は6速オートマチック。車体カラーはホワイト・ダイヤモンドのみとなっている。 価格は13万7900リンギで、期間限定で無料のアクセサリーが付く。5年間もしくは20万キロの保証が付く。
post in マレーシアの日系企業ニュース