観光省 段階的な業界再開を提案-2021/07/23

観光省 段階的な業界再開を提案-2021/07/23
観光・芸術文化省は国家安全保障協議会で観光業界の段階的な再開を提案している。 これによると、観光業界の完全再開までには4段階を設定。第1段階では地区内での旅行を認め、第2段階では地区間での観光を許可する。第3段階では州間での観光ができるようにし、第4段階では国内からの海外旅行を認め。海外からの観光客も受け入れるというもの。詳細については近く発表されるとみられる。 同省はまた、年末まで観光業者のライセンス料の免除及び事務所の共同利用などライセンス取得要件を緩和するなどのイニシアチブを取
post in マレーシアの政治/社会ニュース

マハティール氏 東京五輪は中止を-2021/07/22

マハティール氏 東京五輪は中止を-2021/07/22
マハティール前首相は7月21日、新型コロナウイルスの感染拡大のリスクが大きいため、東京オリンピックの中止を求めた。 同氏は「日本政府は非常に厳しく注意を払った対策をしているが、海外からの観客や訪日客が感染防止をする十分な規律をもっている保証はない」と述べ、外部から感染が持ち込まれてさらにウイルスが日本国内で広がる可能性を指摘。さらなる感染防止のためにはオリンピックを中止したほうがいいとの考えを示した。 同氏はまた、1961年に初めて日本を訪れた際、日本人がウイルスの空気感染に対して気
post in マレーシアの政治/社会ニュース

警察署内でパーティー 署長ら8人を逮捕-2021/07/22

警察署内でパーティー 署長ら8人を逮捕-2021/07/22
マレーシア国家警察は7月21日、スランゴール州カジャン警察署でパーティーを開いたとして署長や現職警察官ら8人を逮捕した。容疑は感染症管理防止法に関する違反。 逮捕されたのは署長と部下の警察官3人と女性4人。警察署内の3階にあるホール内にミーラーボールとカラオケ装置を設置して大音量を流していた。 国家警察のコンプライアンス取締局に通報があり、20日午後6時ごろに職員が踏み込んだときは署長らが酒を飲んで、カラオケを楽しみ、女性とも踊っていたという。 部屋にはアルコール飲料のほか、麻
post in マレーシアの政治/社会ニュース

クマを無断で飼育 女に罰金1万5000リンギ-2021/07/21

クマを無断で飼育 女に罰金1万5000リンギ-2021/07/21
サバ州コタキナバル下級裁判所はこのほど、自宅で無許可でマレーグマを飼育していた女(48)に1万5000リンギの罰金刑の判決を下した。 女は2015年から4年にわたってこのクマをコタ・ブルド地区の自宅の庭に設置した檻で飼育。2019年9月に野生動物保護局により摘発されていた。 女は公判で「前の持ち主が別のところに連れて行こうとしたため、保護目的で飼育していた」と説明。「野生動物保護局に引き渡すつもりでいたが、家事が忙しかった」と釈明し、法律に違反していたことを認めた。 マレーグマ
post in マレーシアの政治/社会ニュース

タイの密輸入の牛から皮膚病を検出-2021/07/20

タイの密輸入の牛から皮膚病を検出-2021/07/20
農業・食品産業省(MAFI)のチェ・アブドゥラ第2副大臣は7月19日、タイから密輸入された牛14頭からランピー・スキン病(LSD)が検出されたことを明らかにした。LSDはタイ国内で現在、流行している。 同相によると、LSDが発見された牛はクランタン州のタイ国境で密輸入された牛48頭の一部。有効な輸入書類がなかったために押収された後、LSDの症状が牛に出たため、検疫サービス局(Maqis)が検査してわかった。 同相が明らかにしたところによる、今年5月から全国で牛16万8000頭超を検査
post in マレーシアの政治/社会ニュース

スランゴール州 新型コロナの死亡者向け火葬場を追加-2021/07/20

スランゴール州 新型コロナの死亡者向け火葬場を追加-2021/07/20
スランゴール州のアミルディン・シャリ州首相は7月19日、新型コロナウイルスによる非イスラム教徒の死亡者向けの火葬場を2カ所に追加すると発表した。同州では新型コロナウイルスによる死亡者数も国内で最多を記録している。 現在はクランにある火葬場1カ所のみで新型コロナウイルスの死亡者向けに火葬を行っている。しかし、外国人労働者も含めた死亡者が増えているため、1カ所では対応が難しくなってきている。 同州首相によると、火葬は朝昼晩の1日3回行う。病院の霊安室での遺体数を減らすための措置で、葬儀と
post in マレーシアの政治/社会ニュース

今年のハジ巡礼許可人数 わずか263人に-2021/07/16

今年のハジ巡礼許可人数 わずか263人に-2021/07/16
ズルキフリ首相府相(宗教担当)は7月15日、サウジアラビアへのハジ巡礼の許可人数についてマレーシア人の許可人数は263人になったと発表した。 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、サウジアラビア政府は先に、同国国籍者及び同国に住む外国人のみにハジ巡礼を許可すると発表。それに応じて巡礼が許可されたのは同国に住むマレーシア人263人となったという。昨年のマレーシア人の巡礼許可人数は8人のみだった。マレーシアからの巡礼は今年はできなくなった。 ハジ巡礼は毎年、同国政府が各国に割当人数を
post in マレーシアの政治/社会ニュース

日本人留学生14人 特別待遇で入国-2021/07/13

日本人留学生14人 特別待遇で入国-2021/07/13
マレーシアに留学する日本人学生14人が7月11日、政府の特別待遇を受けて入国した。 特別待遇の対象となったのは、モナシュ大学やヘルプ大学などに新規学生および既存の学生ら男女14人。高等教育省傘下の機関で査証などを手配する「教育マレーシア・グローバル・サービス(EMGS)」とマレーシア航空が提携して実現させた。 これは新型コロナウイルスの感染拡大のなか、日本人留学生の来馬を促す一貫の措置で、14人の学生に対して同航空の特別割引運賃を提供。また、東京のマレーシア大使館では学生らにシングル
post in マレーシアの政治/社会ニュース

連邦直轄区相 SOP違反で罰金2000リンギ-2021/07/13

連邦直轄区相 SOP違反で罰金2000リンギ-2021/07/13
アニュアル・ムサ連邦直轄区相が標準運用手順(SOP)に違反したとして罰金2000リンギの処分が下されたことがわかった。 同相は7月10日、アブドラ・バダウィ元首相宅を訪問し、2時間ほど会話や食事を楽しんだという。同相は自身のツイッター上に写真を上げていたが、これが警察の目にも触れて処罰の対象となった。 首都圏では訪問を含む社会活動などが禁止されているが、同相はその中での違反行為となった。 同相事務所は罰金刑となったことを認め、近く納付するとしている。
post in マレーシアの政治/社会ニュース

スランゴール州 モスクなど感染者減少までほぼ閉鎖-2021/07/12

スランゴール州 モスクなど感染者減少までほぼ閉鎖-2021/07/12
スランゴール州のスルタン・シャラフディン・イドリス・シャーは7月11日、新規感染者数が減少し、ワクチン接種が州民の大半に行き渡ってからモスクや礼拝所を完全再開すると発表した。同州は感染者数が国内で最も多い。 同州のイスラム教徒の間ではモスクを完全に再開するよう求める声が挙がっていたが、スルタンはこれを一蹴。「新規感染者が増えている段階で完全再開は不可能」と述べた。同州のモスクや礼拝所は少人数での礼拝のみ現在は許可されている。 スルタンは6月末の同州での新型コロナウイルスによる死亡者数
post in マレーシアの政治/社会ニュース