【新着】政府、低所得者へ援助金給付を再度実施-2020/09/24

【新着】政府、低所得者へ援助金給付を再度実施-2020/09/24
ムヒディン首相は9月22日午後行った演説の中で、収入が減少する世帯や個人に対する国民への援助金(BPN)に関する方針を発表した。政府は同様の支援を3月27日に発表、4〜5月に支給を行っており、現地報道では「援助金2・0」とも伝えられている。 今回の計画では、予算が総額70億リンギで、世帯収入月4000リンギ以下(B40)の370万世帯に対して1世帯あたり1000リンギ、世帯収入月4000~8000リンギの世帯(M40)の140万世帯には600リンギを支給。また、月4000リンギ以下の独身者
post in マレーシアの政治/社会ニュース

【新着】国王が入院、気分が悪いと訴え-2020/09/24

【新着】国王が入院、気分が悪いと訴え-2020/09/24
アブドゥラ・マレーシア国王が9月22日、クアラルンプール市内の国立心臓病研究所(IJN)に入院した。王宮事務局が23日に明らかにした。   国王は22日に「気分が悪い」と訴え、病院に搬送された。病状などについては明らかにされていないが、事務局は「心配する必要はない。すぐに退院する」との見通しを示した。   事務局はまた、国民に対して国王の快癒を祈るよう呼びかけている。
post in マレーシアの政治/社会ニュース

【新着】ムヒディン氏「私が合法的に首相」と訴え-2020/09/24

【新着】ムヒディン氏「私が合法的に首相」と訴え-2020/09/24
ムヒディン首相は9月23日、「議会の3分の2を掌握」とした野党・人民正義党(PKR)のアンワル・イブラヒム総裁の発言を受け、「(議員数を)証明するまでは国民連盟(PN)政権は強固のままで、私は合法的な首相だ」との声明を発表した。必要な手続きを通さない発言は単なる主張にすぎないとも述べ、詳細を明らかにするようアンワル氏に求めた。 一方で、与党・統一マレー人国民組織(UMNO)のアフマド・ザヒド総裁は同日、同党内でアンワル氏を支持する議員が「多数いる」と認めた。すでに議員名と議員数も把握してい
post in マレーシアの政治/社会ニュース

アンワル氏 議会の3分の2を掌握と主張-2020/09/23

アンワル氏 議会の3分の2を掌握と主張-2020/09/23
野党・人民正義党(PKR)のアンワル・イブラヒム総裁は8月23日、「議会で政権樹立のための説得力のある強力な支持を得て、3分の2を制した」と発表した。「ムヒディン政権は崩壊した」と語り、自身が次期政権を担うことも明らかにした。 今年3月にスタートした現政権は下院定数222人のうち半数ぎりぎりの人数で成り立っている。アンワル氏はブミプトラ中心の内閣になると指摘し、新たな政治協定のために新たな支持議員らと今後協議するという。ただ、詳細については述べていない。 下院における、同氏への支持
post in マレーシアの政治/社会ニュース

【新着】24日からモンスーン移行期、豪雨に注意-2020/09/23

【新着】24日からモンスーン移行期、豪雨に注意-2020/09/23
マレーシア気象局は、5月に始まった南西モンスーン(季節風)終了の移行期に9月24日から入る見込みと発表した。移行期は11月初旬まで続く見込みで、それ以降は北東モンスーンに切り替わる。   同局によると、この移行期には弱いモンスーンも発生し、積乱雲を形成する。このため、マレー半島内陸や西海岸、サバ州西海岸、サラワク州の東部および中部で夕方または夜にかけて雷を伴う激しい雨と強風が発生する可能性がある。各地で洪水が発生する恐れもあるため、同局は警戒を強めるよう呼びかけている。
post in マレーシアの政治/社会ニュース

【新着】MATTAフェア、23日からオンラインで開催-2020/09/23

【新着】MATTAフェア、23日からオンラインで開催-2020/09/23
マレーシア旅行業者協会(MATTA)が主催する国内最大の旅行博「MATTAフェア」が今日9月23日からオンライン上で30日まで行われる。 毎年3月と9月に開催されるが、今年は新型コロナウイルス感染拡大のため、展示場でのリアル開催は中止となっていた。オンラインでの開催は初めて。 オンラインでのフェアでは国内の旅行業者や航空会社、各州の観光局など100社が出展予定。主にマレーシア国内旅行を扱い、「Buy Now Travel Later(今買って、旅行は後)」を合言葉に展開する。国内旅行
post in マレーシアの政治/社会ニュース

身元不明の遺体6人、ジョホール東海岸で-2020/09/22

身元不明の遺体6人、ジョホール東海岸で-2020/09/22
ジョホール州コタティンギ警察は9月21日、東海岸にあるバンダル・プナワールの海岸で身元不明の6人の遺体を発見したと発表した。インドネシアから密入国を図ろうとしたグループの一員とみられている。   遺体は男性4人と女性2人。20日午後1時ごろに発見されたという。同日は海上の海は荒れており、警察は乗っていたボートが転覆して遺体が流されてきたとみている。   警察は発見された遺体に対して新型コロナウイルスの感染有無を調べたが、いずれも陰性だったとしている。
post in マレーシアの政治/社会ニュース

ペナン沖で飛行機墜落か、機体は見当たらず-2020/09/22

ペナン沖で飛行機墜落か、機体は見当たらず-2020/09/22
ペナン島北部タンジュン・ブンガー沖で9月20日、飛行物体が墜落したとの目撃情報が上がり、ペナン州の北東地区警察が捜索に当たったが、物体は21日も発見されていない。   墜落したとされるのはタンジュン・ブンガーのフラミンゴ・ホテル近くの海上で、ティクス島の近く。警察は当初、プライベートジェット機が墜落したと推測し、関係省庁と連絡して20日午後、墜落したとみられる現場付近を4時間あまり捜索。しかし、何も見つからない上、航空当局に問い合わせても行方不明となっている飛行機はないとの回答だったという。
post in マレーシアの政治/社会ニュース

ペラ州の警察署で、国旗を逆さに掲揚-2020/09/22

ペラ州の警察署で、国旗を逆さに掲揚-2020/09/22
ペラ州プリ・ブンター地区にあるシンパン・リマ警察署に掲げられていた国旗が逆さだったことが9月21日にわかった。同警察署を統括するクリアン郡警察のマズキ・マット署長が明らかにした。   ソーシャル・メディア上で逆さになった写真が出回り、郡警察が捜査を開始したという。シンパン・リマ警察署の関係者の事情聴取をしている。   郡警察署長は「こういったケアレスミスはすべきではない」と苦情を呈した。   国旗の逆さの掲揚はマレーシアでは罪に問われ、ジョホール州やクダ州でも逆さに掲揚した関係者がこ
post in マレーシアの政治/社会ニュース

ジョホール州 デング熱感染者が6・2%増加-2020/09/21

ジョホール州 デング熱感染者が6・2%増加-2020/09/21
ジョホール州保健局は9月20日、年初から9月12日までのデング熱感染者数が前年同期比6・2%増の8707人に達したと明らかにした。デング熱による死亡者数は32人で、前年の21人より大幅に増えている。   アマン・ラブ局長は「州内のこの状況は憂慮すべき」と述べた。   ジョホール州政府は各地で蚊の駆除活動を行っている。公共の場ではプラスチック製容器や花瓶など26カ所で蚊が繁殖しているのを発見したという。 特にジョホール・バルのバンダル・バル・ウダでは156人が感染していることから、集
post in マレーシアの政治/社会ニュース