屋外でのスポーツ活動は当面回避を=専門家

屋外でのスポーツ活動は当面回避を=専門家

 4日に導入された「条件付き活動制限令(CMCO)」でジョギングやバドミントンなど集団とならないスポーツは屋外で認められたが、専門家らはたとえ感染者がいない地区でも当面は控えるべきだとしている。
 マラヤ大学熱帯感染症研究・教育センターのサザリー・アブ・バカール所長(ウィルス感染専門)は屋外活動について、「(感染者のいない)グリーン・ゾーンに変わってから6週間以上経ったのちのほうがいい」と述べた。新型コロナウイルスに感染しているが無症状や症状の出る前の人が公園やジョギングするレーンを走ったのち、健康な人がウイルスをもらってしまう可能性があると指摘した。
 同所長はさらに「このウイルスはまだわかっていないことが多く、鼻や口以外からの体液を通じて感染するかどうかもデータが十分でない」と指摘。このため、ジムや公衆トレイなど換気の悪いところを極力避け、外で活動するとしても誰もいないところで行い、人との間は2メートル以上あけてどこにも触れないことが肝要と忠告した。
 同じくウイルス感染専門のマレーシア・プトラ大学(UPM)の医療・衛生科学部のチー・フイイー上級講師は、ジムの再開はその地区がグリーン・ゾーンとなってから28日以上経てからが望ましいと指摘。検査や消毒など一定の条件を課す必要があり、これらは香港とマカオで実施しているという。
 同氏は「このウイルスはワクチンが見つかるまではインフルエンザ・ウイルスのように残るだろう」と指摘。屋外で運動する場合には人と接触しないところで行うよう求めた。また、制限された中での運動については「ウイルスと戦う一部の行為であると認識する必要がある」と語った。


post in マレーシアの政治/社会ニュース コロナウイルス(Covid-19)情報

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

【新着】2月24日の新規感染、一気に1000人拡大し3500人超-2021/02/25 保健省が2月24日午後発表した新型コロナウイルスの新規感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は3,545人となった。輸入例は1人だった。
【新着】国王 非常事態宣言中の国会開会は可能-2021/02/25 アブドゥラ国王は2月24日、非常事態宣言中の国会の招集は可能だとの声明を出した。 国王は「首相からの助言に基づき、国王が適しているとする日付に開会できる」
【新着】ワクチン接種プログラム開始 第1号は首相-2021/02/25 新型コロナウィルスの接種プログラムが2月24日午後から始まり、ムヒディン首相が最初の接種を受けた。 首相は他の閣僚らとともにプトラジャヤの地区保健事務所を
2月23日の新規感染、やや拡大も2,000人台のまま-2021/02/24 保健省が2月23日午後発表した新型コロナウイルスの新規感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は2,468人となった。輸入例は4人だった。
アフリカ豚熱ウイルス サバ州で流行-2021/02/24 サバ州のジェフリー・キティガン農漁業相は2月23日、アフリカ豚熱(ASF)ウィルスが同州内で流行していることを明らかにした。 同州北部のピタス郡の養豚場の
アンパンジャヤ警察署 感染者発見で1週間の機能停止-2021/02/24 スランゴール州アンパンジャヤ地区警察署は2月23日、3月1日まで閉鎖すると発表した。  署内で新型コロナウィルスの感染者が11人見つかり、この署で勤務する
2月22日の新規感染、2,000人台に縮小-2021/02/23 保健省が2月22日午後発表した新型コロナウイルスの新規感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は2,192人となった。輸入例は3人だった。
外国人入国者向け ウィルス追跡アプリを新たに導入へ-2021/02/23 モハマド・リズアン特任相は2月21日、マレーシアに入国する外国人の新型コロナウィルスの状況をモニター・追跡できるアプリを近く導入することを明らかにした。

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品