首相、テレビ演説=コロナ対応に注意促すにとどまる-2020/10/07

ムヒディン首相は10月6日午後6時過ぎからリモートによるテレビ演説を実施した。
多くの市民が関心を寄せる中での演説となったが、現在の感染拡大に対する厳重な注意を改めて促すにとどまり、心配された全国的な活動制限令(いわゆるMCO2.0)の実施はしないとの考えを示した。

現在の感染者の増加は、クダ州とサバ州のクラスターにほぼ限られているした上で、サバ州での感染は不法入国者がウイルスを持ち込んだのが発端だと説明。これがさらに、サバ州の地方選挙活動を通じ、感染拡大が起きる原因となったと認め、議会解散からの一定期間に選挙を実施することが決まっているため回避ができなかったと述べた。

また、全国的なMCOの再発令については否定的で「もしも再度行った場合には、社会や経済の崩壊につながる恐れがある」とし、当面は感染者が多い地域に限定して、「強化された活動制限令(EMCO)」を出すと示唆している。

引き続き、標準運用手順(SOP)を守ることを訴えたほか、感染者追跡アプリ「マイセジャテラ(MySejahtera)」がすでに1700万人が利用しているとし、感染拡大当初に比べ、追跡がより簡単になったとITを使った調査に満足感を示している。

post in コロナウイルス(Covid-19)情報

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

シンガポール、対マレーシア入国規制を緩和-2021/10/26 シンガポール保健省は10月23日、新型コロナウイルス抑制のために行っている入国規制について、緩和対象の国・地域の拡大について明らかにした。 今回の発表では
ジョホール州、4期目に移行=25日実施-2021/10/24 イスマイル・サブリ首相は10月22日、新型コロナウイルス感染拡大からの出口戦略である「国家復興計画」の段階移行について発表した。なお、今回の発表に伴う標準運用手
サバ州 20日からブースター接種を開始-2021/10/20 サバ州では10月20日から新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種(ブースター接種)が行われる。 医療関係者や感染リスクの高い高齢者を中心にまずは始める。
保健省 反ワクチン接種団体との会談に意欲-2021/10/19 保健省のノール・アズミ副大臣は10月18日、ワクチン接種を拒否している団体と会談したい意向を示した。国会の審議で話した。 同副大臣は、「ワクチン接種を拒否
ワクチン接種拒否者にさらなる規制へ=保健相-2021/10/18 カイリ・ジャマルディン保健相は10月16日、ワクチン接種を拒否する人たちに対して接種を受け入れるよう強く求めた。 同相は「今後、ワクチン接種を拒否する人たちは
SOP改定 配車サービスの乗車人数は定員に-2021/10/15 イスマイル・サブリ首相は10月15日、標準運用手順(SOP)の改定は発表した。詳しくは下記の通り。 ・高速道路のサービスエリアは24時間(16日から適用)。
マレーシアでの隔離期間 7日に短縮-2021/10/15 イスマイル・サブリ首相は10月15日、入国後の強制隔離期間をワクチン接種完了者に対しては7日に短縮すると発表した。ワクチン未接種者に対しては10日の隔離期間とす
KLなど4期目に移行 18日から-2021/10/15 イスマイル・サブリ首相は10月15日、クアラルンプール、プトラジャヤ、スランゴール州を「国家復興計画」の3期目から4期目に18日から移行させると発表した。

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品