フィッチが維持=Aマイナス マレーシアに対する格付け

フィッチが維持=Aマイナス マレーシアに対する格付け

格付け会社のフィッチ・レーティングスはマレーシアの外貨建て長期ソブリン債券に対する格付けのAマイナスを維持。また中期的見通しの「安定的」も維持した。

マレーシア経済はこの先、いくらか減速するとフィッチは予想。通年の成長予想を4・4%とした。

フィッチによると、個人消費は堅調に推移する。公共投資は凍結事業の再交渉、再開で今後数年、増加が見込めるという。

政権の安定性について、一般国民の評価が急落したと指摘。94歳になったマハティール・モハマド首相の後継者、引き継ぎ時期は依然、予測がつかない。こうした状況を背景に政府は今年度、歳出を増額する可能性があるという。

大きな変化としてフィッチは、全ての公共事業で入札が行われるようになったことを取り上げた。透明性が高まり、事業費の低下にもなるという。【アジアインフォネット7月22日付】


post in マレーシアの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

国内空港の利用者数、10月は10%増  年初からの累計も順調な伸び
国内空港の利用者数、10月は10%増 年初からの累計も順調な伸び 空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は、10月の国内空港の航空旅客数が前年同月比10%増の856・9万人となったと明らかにした。 う
失業率、9月は3・3% 5カ月連続で横ばい
失業率、9月は3・3% 5カ月連続で横ばい マレーシア統計局は9月の失業率が3・3%で、5カ月連続で横ばいとなったと発表した。失業者数は52万1400人と、前年同月と比べ1%増えている。 労働力人口は1
KLIA2、入国ブース増設へ 内務省も歓迎の意を示す
KLIA2、入国ブース増設へ 内務省も歓迎の意を示す 空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は11月7日、クアラルンプール国際空港ターミナル2(KLIA2)の入国審査カウンターの増設工事を開
パーム油生産量、10月は減少 在庫量も微減に
パーム油生産量、10月は減少 在庫量も微減に マレーシア・パーム油委員会(MPOB)の発表(速報値)によると、10月のパーム原油(CPO)生産量は179万5880トンで、前月比で2・53%減少した。   
休刊のマレー語新聞、来年復刊も   起業開発省が言及
休刊のマレー語新聞、来年復刊も 起業開発省が言及 レズアン・ユソフ起業開発相は11月10日、10月に休刊したマレー語の老舗新聞『ウトゥサン・マレーシア』が来年初頭にも復刊する見込みだと明らかにした。詳細について
来年の「観光年」概況をお披露目 マレーシア政府観光局、ロンドンの旅行博で マレーシア政府観光局は、11月4〜6日に英国ロンドンで開催された世界最大級の旅行博「ワールド・トラベル・マーケット(WTM)2019」の会場で、来年のマレーシア
豚コレラ感染国からの豚肉   首都圏のレストランで発見
豚コレラ感染国からの豚肉 首都圏のレストランで発見 農務省のシム・ツェツィン副大臣は11月1日、クランバレー首都圏の中華料理店2軒がアフリカ豚コレラウィルスの感染が認められる国から輸入された豚肉を使っていたことを
前年同期比6・8%減 9月の輸出高、輸入も増加に
前年同期比6・8%減 9月の輸出高、輸入も増加に マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)の発表(速報値)によると、9月の輸出高は777億リンギとなり、前年同月比で6・8%、前月比で4・5%それぞれ減少した

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品