基本給指数は9・8%上昇 国民賃金指数の最新指標

基本給指数は9・8%上昇 国民賃金指数の最新指標

人的資源省は、全国の賃金変動を数値化した国民賃金指数(NWI)の最新版を発表。2018年9月の基本給指数(BWI)は109・8となり、指標の基準となる2018年6月と比較で9・8%上昇した。前期比でも1・2%のアップ。

民間企業も公務員も共に109・8となり、9・8%のアップ。前期比ではそれぞれ1・1%、2・0%のアップとなった。

地域別では半島部が10・3%アップの110・3となり、サラワク州の108・9(+8・9%)、サバ州の107・2(+7・2%)を2ポイント近く上回った。前期比では半島部が1・5%、サラワク州が1・4%それぞれアップしたが、サバ州は0・3%のダウンとなった。

セクター別では農業(農園のみ)が101・7、鉱業・採石が109・2、製造が109・2、建設が103・0、サービスが111・7となり、それぞれ1・7%、9・2%、9・2%、3・0%、11・7%アップした。前期比では建設が1・0%、鉱業・採石が0・2%それぞれダウン、農業は横ばいとなったが、製造は0・3%、サービスは1・8%上昇した。

2018年9月の総賃金指数(TWI)は111・3となり、11・3%アップとなった。前期比では1・3%のアップ。民間企業は12・1%アップの112・1、公務員は8・0%アップの108・0だった。【アジアインフォネット6月25日付】


post in マレーシアの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

経済への貢献度は17%に 外資企業による付加価値額
経済への貢献度は17%に 外資企業による付加価値額 統計局によると、2018年の外資系企業がもたらした国内経済への付加価値額は2525億リンギで、前年の2342億リンギから増加した。国内経済への貢献度は17・4%
5月は1・5%低下に 生産者物価指数、第一次産業が不調
5月は1・5%低下に 生産者物価指数、第一次産業が不調 マレーシア統計局は6月27日、5月の生産者物価指数は105.5ポイント(2010年を100)となったと発表した。前年同月比でみると1.5%の下落だが、前月比では
今後1〜2年の事業成長見込む 8割の企業が明るい見通し
今後1〜2年の事業成長見込む 8割の企業が明るい見通し 英金融機関HSBCが行った最新調査によると、80%のマレーシア企業が、今後1〜2年のビジネスの成長について明るい見通しを持っていることがわかった。 「ナビゲー
第1四半期は1%増加 労働力供給数=統計局発表
第1四半期は1%増加 労働力供給数=統計局発表 統計局は、2019年第1四半期(1〜3月)の労働力供給に関する統計を発表。労働力供給数(求人数)が854・9万件となり、前年同期比1%、前期比0・08%それぞれ
MASカーゴがハラル認証 積み出し部門が取得
MASカーゴがハラル認証 積み出し部門が取得 マレーシア航空の貨物部門子会社、MABカーゴの貨物積み出し部門はこのほど、ハラル認証機関であるイスラム開発局(JAKIM)から認証を取得した。貨物積み出しを扱う
「KLの生活費は依然低水準」 マーサーの世界生計費調査で
「KLの生活費は依然低水準」 マーサーの世界生計費調査で 組織・人事コンサルティングの世界的大手マーサーは6月26日、駐在員の生活にかかる費用に関する「世界生計費調査」に関するレポートを発表した。これは、多国籍企業や政
外貨準備高、3億ドル増加 6月14日時点で1026億ドル
外貨準備高、3億ドル増加 6月14日時点で1026億ドル 中央銀行バンク・ネガラ(BNM)は6月14日時点での外貨準備高は1026億米ドルとなったと発表した。前回発表の5月31日時点の準備高、1023億米ドルから3億米
「新鮮な酸素」の販売を検討 サラワク州首相、会見で発表
「新鮮な酸素」の販売を検討 サラワク州首相、会見で発表 サラワク州のアバン・ジョハリ州首相は6月16日、新鮮なボルネオ産酸素を販売することを検討していることを明らかにした。同州のサラワク・エネルギー社の水素製造工場完

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品