売り上げは1年で4倍に グラブフード、提供区域も拡大

売り上げは1年で4倍に グラブフード、提供区域も拡大

出前サービスのグラブフードが2019年12月現在、国内19都市にまでサービスを拡大した。

グラブフードは事業を開始当初、首都圏を手始めに、ジョホールバルやペナン、マラッカといった主要都市などに限定しサービスを行った。

その後は徐々にエリアを拡大し、現在ではペラ州イポーやタイピン、パハン州クアンタン、クランタン州コタバル、トレンガヌ州クアラ・トレンガヌ、クダ州アロースターやスンガイ・プタニ、ランカウィ島で利用できるようになっている。

グラブ・マレーシアのショーン・ゴー社長は「2019年だけでグラブフードは売上を4倍に伸ばした」とコメント。都市郊外の小さなレストランもビジネスを拡大できるようになっているとも語った。

同社はさらに、配達のグラブ・エキスプレスや2019年11月に首都圏の一部で導入した日常品の配達サービス、グラブマートも各地に展開していくとしている。 


post in マレーシアの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

シンガポールとを結ぶRTS、37億リンギをマレーシア負担-2020/08/07 ウィー・カーション運輸相はジョホール州とシンガポールを結ぶ高速鉄道輸送システム(RTS)について、総建設費100億リンギ弱のうち37億リンギをマレーシア側が負担
FMM、外国人雇用制限で政府を異例の批判-2020/08/06 マレーシア製造業連盟(FMM)は、政府が外国人労働者の雇用を3つのセクターに制限すると発表について、厳しく批判している。FMMが政府を批判するのは異例。
FGV、クローンバナナ100万本生産へ-2020/08/03 農作物生産大手のFGVホールディングスはこのほど、2021年のクローン繁殖で栽培するバナナの生産目標量を現在の2倍にあたる100万本にしていることを明らかにした
外国人労働者の雇用許可 3つのセクターのみ認可へ-2020/07/30 アワン・ソラフディン人的資源副大臣は7月29日、外国人労働者の雇用を建設業、農業、プランテーションの3つのセクターのみに許可する方針を国会で述べた。これまでは、
ゴールドマン、政府に39億ドル支払いで合意-2020/07/27 マレーシア政府はこのほど、ナジブ政権下で起きた政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)に関連する汚職事件に絡み、資金調達を引き受けていた米投資銀
ドライバー派遣のLailah、運転代行サービスを開始 -2020/07/25 ドライバー派遣のLailahはこのほど、運転代行サービスを始めた。飲酒運転による罰則が厳しくなるため、同社にとってはビジネスチャンスとなるようだ。 日本の
東海岸鉄道の運行、2027年開始へ-2020/07/24 アブドゥル・ラヒム第1財務副大臣は7月22日、東海岸鉄道(ECRL)の運行が2027年1月1日から始まるとの見通しを示した。完工は2026年12月を予定している
シンガポールとを結ぶRTS、2026年に運行へ-2020/07/23 ウィー・カーション運輸相は7月21日、ジョホール州とシンガポールを結ぶ高速鉄道輸送システム(RTS)の運行が2026年末になるとの見通しを示した。着工は2021

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品