JACTIM、下期の景気動向を発表 全てのDIが過去最低水準に-2020/09/11

マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)は、「2020年下半期の景気動向」を発表した。これは、在マレーシア日系企業に対して行ったアンケートを元に集計されたもので、今回は7月13日〜8月21日にかけて、JACTIM会員企業585社に質問。178社から回答を得た。

この調査では、「景気の判断指数・DI」を集計している。DIは「景気が良い」と感じている企業の割合から、「景気が悪い」と感じている企業の割合を引いたものとなっている。
全般的に新型コロナウイルスの影響を受け、DIの全ての指標が過去最低水準に落ち込んでいる。

「業況判断DI」はマイナス57.9ポイントと、本調査開始以来の最低水準となった。2018年下半期から5期連続のマイナスとなっている。
「従業員数DI」はプラス23ポイントと、本調査開始以降で初めて2桁ポイントの過剰となった。雇用状況はリーマンショック以降連続して「不足」を示していたが、 2019年下期に「過剰」に転じて以来、過剰のトレンドが連続している。来年上期時点の予想はプラス17.4ポイントとなっており、引き続き過剰傾向となるとみられている。

「業界の需給判断DI」は、2012年以降で最低となる34.8ポイントを記録。供給超過がさらに拡大していることを示す格好となった。なお、来年上期はマイナス17.4ポイントとしており、供給過多が当分続くとの見方を示す企業が多い。

「景況感」は、新型コロナウイルスの拡散が依然収まらないことから、大幅に悪化している。
ただ、政府による景気刺激策や海外需要の改善等が見込まれることから、来年上期は全てのDIにおいて上向き傾向が感じられる。

post in マレーシアの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

マリンドエア、さらなる業務縮小と人員削減へ-2020/10/20 マリンド・エアは11月末までにさらなる人員削減と運航路線の縮小に踏み切る方針だ。10月19日付のマレー語紙『ブリタ・ハリアン』(電子版)が報じた。 報道に
IMF、今年のGDP予測を大幅下方修正=マイナス6%に=2020/10/14 国際通貨基金(IMF)は10月13日に発表した「世界経済見通し」のなかで、2020年のマレーシアの国内総生産(GDP)はマイナス6%に落ち込むとの見通しを示した
首相、ハラル製品の輸出拡大に意欲=第12回世界ハラル会議の演説で-2020/10/11 ハラル開発公社(HDC)が主催する「第12回世界ハラル会議2020」が10月6日、クアラルンプールのマレーシア国際トレード&エキシビジョンセンター(MITEC)
*週末の読み物*エアアジア・ジャパン、2度目の撤退=マレーシア線などには影響せず-2020/10/11 格安航空会社(LCC)エアアジアの日本法人、エアアジア・ジャパン(本社・愛知県常滑市)は10月5日、国土交通省に対し12月5日付で全路線を廃止すると届け出た。こ
クランのCMCO、経済活動は通常通り=通産相-2020/10/09 アズミン・アリ通産相は10月8日、条件付き活動制限令(CMCO)が9日から導入されるセランゴール州クラン地区について、通常通りの経済活動を許可すると述べた。国家
米国、FGVからのパーム油製品の輸入を禁止-2020/10/2 米国の税関・国境警備局(CBP)は9月30日、パーム油農園大手のFGVホールディングスからのパーム油製品の輸入を同日から禁じる違反商品保留命令(WRO)を発表し
8月の自動車販売、前年同月から3%増-2020/09/20 マレーシア自動車協会(MAA)は9月18日、8月の自動車販売台数が5万2800台となったと発表した。前年同月と比べ、3・2%増えたものの、活動制限令(MCO)の
インフィニオン、向こう10年で32億リンギを投資へ-2020/09/15 ドイツを拠点とする半導体大手インフィニオン・テクノロジーズは、マレーシアに対し、2029年までの10年間に32億5000リンギを投資する。視察したムヒディン首相

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品