苦境に直面する新聞業界 老舗の多くが経営難に

苦境に直面する新聞業界 老舗の多くが経営難に

 マレーシア国内で発行されている新聞社が経営面で苦境にさらされている。マレーシアの各新聞の発行部数が激減していくなか、各社は生き残りに必死だ。

 老舗のマレー語紙『ウトゥサン・マレーシア』は『ウトゥサン・ムラユ』として1939年にシンガポールでマレー語のアラビア表記ジャウィで発刊。1967年に『ウトゥサン・マレーシア』に変更し、1990年代には1日あたり35万部の部数を発行していたが、2017年下半期には約11万2000部(マレーシア発行監査局調べ)にまで減少。同紙は金融機関から借入金118万リンギあったが、債務不履行に陥り、10月末に企業債務処理委員会(CDRC)に債務再編の申請を行った。同紙は8月に債務不履行になったことをマレーシア証券取引所に迅速に通知しておらず、今後厳しい債務再編スキームを突きつけられることになる。

 一方で、英語紙『マレーメール』はコストがかさむ紙面の発行を11月いっぱいでやめ電子配信のみに切り替える。スタッフの3分の1にあたる50人あまりのリストラも行うという。1896年に創刊した同紙は一時期は1日あたり10万部の発行部数を誇っていたが、現在は半分以下にまで減少していたとみられる。2005年に発行禁止措置を受けたこともあるが、その後もリベラルな論調が受け入れられていた。12月1日からはサイトのみでの配信になるが、この日は奇しくも同紙の誕生122年目の日となる。

 このほか『スター』や『ニュー・ストレーツ・タイムズ』、『星州報』なども軒並み発行部数が伸び悩んでいる。特に『スター』は一時期、100ページ以上を毎日発行していたが、現在は40ページ前後にまで減少しているうえ、2017年下半期の部数は約20万部。2012年同期比で約10万部も減らしている。多くのメディアの運営会社は野党・国民戦線(BN)系の資本が入っているが、政権交代となった今、野党の政党自身が運転資金を確保するにも難しくなっており、今後新聞社への出資も変わっていく可能性もある。(『スター』10月25日付、『サンデイリー』10月27日付など)


post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

スターバックスの店舗 年内に全州を制覇-2021/10/27 米系カフェの「スターバックス・コーヒー」を運営するブルジャヤ・フードは10月26日、年内に国内すべての州に店舗を展開する見通しであることを明らかにした。
パビリオン・ブキジャリル 12月3日にオープン-2021/10/27 クアラルンプール・ブキジャリル地区に建設中の総合ライフスタイルモール「パビリオン・ブキジャリル」が12月3日にオープンする。 モールの総面積は180万平方
スバン空港で航空ショー開催へ=11月25〜27日-2021/10/25 スランゴール州の近距離旅客機が発着するスバン空港を使って、11月25〜27日の3日間、「セランゴール・アビエーション・ショー(SAC)2021」が開催される。同
今年のGDP4.0%と予測=経済研究所-2021/10/25 マレーシア経済研究所(MIER)はこのほど、マレーシアの今年の実質国内総生産(GDP)が4.0%にとどまるとの見通しを示した。パンデミック以前の成長率は平均年4
【週末の読み物】 シンガポール航空、A380をKLへ運航決定-2021/10/24 シンガポール航空は11月4日から1カ月間の予定で、エアバス製二階建て旅客機「A380」をシンガポール〜クアラルンプール間に運航するもようだ。 航空アナリス
9月のインフレ率、前月より加速-2021/10/24 マレーシア統計局が10月22日に発表した2021年9月のインフレ率は前年同月比で2.2%上昇し、8月の2%より加速した。 上昇の要因としては、交通費が11
9月の国内空港の旅客数 前月比74%増-2021/10/19 空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は10月18日、9月の国内線旅客数が36万2000人の前月比74%増となったと発表した。クダ州ラン
エアアジアの持ち株会社、エアアジア・アビエーションと改称-2021/10/16 格安航空(LCC)大手エアアジア・グループは10月14日、持ち株会社であるエアアジア・インベストメントをエアアジア・アビエーションに改称したと明らかにした。

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品