インド最大の格安航空インディゴ デリー便を就航

インド最大の格安航空インディゴ デリー便を就航

インド最大の格安航空会社(LCC)インディゴが15日、マレーシア市場に参入した。クアラルンプール国際空港(KLIA)とデリー、バンガロールの2都市を結ぶ直行便を毎日運航した。インディゴはインド国内の49路線に加えて、国際線では11路線を運航しており、クアラルンプール便は12番目となった。機材はエアバス社製A320型機(180人乗り)を使用する。

 空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングスのラジャ・アズミ最高経営責任者(CEO)は、「KLIAへの就航を促す中でインドは重要市場の一つ」と話し、インディゴの就航を歓迎した。国際空港評議会は、2017〜40年にかけてインドの空港利用者数は増加の一途を辿り、伸び幅は世界2位と予測する。

 アンソニー・ローク運輸相は「2017年にマレーシアを訪れたインド人旅行者数は、前年比13・5%増の140万人に達した」と述べ、インディゴの就航でさらなる旅客数の増加に期待を示した。(『ニュー・ストレーツ・タイムズ』11月15日付)


post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

二輪車配車サービス運営を許可 インドネシア「ゴジェック」、マレーシアに進出 政府は8月21日、インドネシアで人気の二輪車配車サービス「ゴジェック(GOJEK)」の運営を許可した。同日に行われた閣議で決定した。ただ、今後法律の整備などを進
外貨準備高、7億ドル減少 8月15日に1031億ドル
外貨準備高、7億ドル減少 8月15日に1031億ドル 中央銀行バンク・ネガラ(BNM)は8月15日時点での外貨準備高は1031億米ドルとなったと発表した。前回発表の7月31日時点の準備高、1039億米ドルから8億米
投資誘致額、上半期は90%増 セランゴール州製造業向け
投資誘致額、上半期は90%増 セランゴール州製造業向け セランゴール州政府は8月22日、今年上半期の製造業の投資誘致額が59億リンギとなり、前年同期の31億リンギから90・3%増加したことを明らかにした。うち64%と
スリランカで販売台数トップに  プロドゥア「ベザ」、セダン車部門で
スリランカで販売台数トップに プロドゥア「ベザ」、セダン車部門で ダイハツ系自動車メーカー、プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は8月26日、低燃費自動車(EEV)Aセグメント・セダン「べザ」が、スリランカにおいて
6月は前月比0・8%低下 景気動向を表す先行指数
6月は前月比0・8%低下 景気動向を表す先行指数 統計局の発表(速報値)によると、2019年6月の向こう4〜6カ月の経済動向予想を表す先行指数(LI、2005年を100として算出=速報値)は、117・6ポイント
政府、移動型スーパーを導入 安価に食料品を販売
政府、移動型スーパーを導入 安価に食料品を販売 起業家開発省はこのほど、移動型スーパー「トゥクン・モバイル・マート」を導入した。物価高騰にあえぐ市民のため、市場価格より10〜15%安く販売する方針を打ち出した
4・9%のプラスに 第二四半期GDP、前期より加速
4・9%のプラスに 第二四半期GDP、前期より加速 中央銀行バンク・ネガラ・マレーシア(BNM)は8月16日、2019年第2四半期(4〜6月)の国内総生産(GDP)成長率が4・9%のプラス成長となったと明らかにし
購読料引き上げでかろうじて存続 老舗マレー語新聞の休刊騒ぎ
購読料引き上げでかろうじて存続 老舗マレー語新聞の休刊騒ぎ マレー語新聞の老舗として知られる『ウトゥサン・マレーシア』が8月21日、休刊することになっていた。しかし、土壇場で資金調達にめどがつき、発行を続行することになっ

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品