9月の国内空港の旅客数 前月比74%増-2021/10/19

空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は10月18日、9月の国内線旅客数が36万2000人の前月比74%増となったと発表した。クダ州ランカウィ島の観光再開と「国家復興計画」の進展で、利用者数を押し上げた。

9月の国内線の航空機の離発着数は前月比約20%増の1万回以上となった。ランカウィ島への離発着も9月16日から増便され、2週間で約3万7000人が利用したという。

同社は10月に入って州間の移動規制が解除されたことから、今後は旅客数はさらに増えるだろうと見ている。9月の国際線の旅客者数は9万6000人だった。

一方、同社は貨物事業で9月に中国中央龍騰航空をクアラルンプール国際空港(KLIA)に迎えたとも発表。クアラルンプール~深セン間を3週間に1回の頻度で運航させるという。パンデミックにより航空業界は深刻な影響を受けており、航空貨物の重要性が高まっているとしている。

なお、国内空港の年初から9月までの総貨物取扱量は、前年同期比24%増の約72万6800トンだったことも明らかにされた。

post in マレーシアの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

イオンビッグ、コンビニ形態店展開を表明-2021/12/07 ハイパーマートを展開するイオンビッグ(Aeon Big)は、来年の3月までをメドにコンビニ規模の「イオンビッグ」の1号店をオープンする予定を固めている。同社代表
東海岸鉄道、ついにルートとコストが確定-2021/12/06 クランタン州コタバルと首都圏を結ぶ東海岸鉄道(ECRL)について、スランゴール州が同鉄道の州内敷設を承認したことで、ルートが確定した。併せて建設費は502億70
11月の製造業PMI、前月からわずかに上昇-2021/12/06 ビジネス情報の分析を手掛ける英IHSマークイットが12月1日発表した、2021年11月のマレーシア製造業購買担当者指数(PMI)は、52.3ポイントとなり、10
Grab、SPAC経由でNASDAQ上場=45億ドルを調達-2021/12/06 配車サービス運営などを手掛けるGrab Holdings(本社・シンガポール)は12月2日、特別買収目的会社(SPAC)を発行・運用するAltimeter Gr
KLIAに駐在員等向けビザ発給窓口を開設-2021/12/02 クアラルンプール国際空港(KLIA)を利用してマレーシアに到着する外国人駐在員や就労者に対し、到着時に入国審査パス(入国ビザ)のステッカーを入手できる特設窓口が
サラワク州与党 独自の航空会社設立を公約-2021/12/01 サラワク州のアバン・ジョハリ州首相は11月30日、与党のサラワク政党連盟(GPS)が12月に行われる州議会選挙で勝利した場合は独自の航空会社を設立すると発表した
マレーシア人の8割以上「オフィスに戻りたい」-2021/11/30 世界的な不動産アドバイザーのサヴィルズ(Savills)の調査結果によると、マレーシアのオフィスワーカーの81%が「オフィスに戻りたい」と回答しているという。
10月も輸出が1,000億リンギ超=MATRADEの貿易統計-2021/11/30 マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)が11月29日に発表した2021年10月の貿易統計によると、輸出高は前年同月比25.5%伸びて1,144.3億リンギ

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品