今年のGDP4.0%と予測=経済研究所-2021/10/25

マレーシア経済研究所(MIER)はこのほど、マレーシアの今年の実質国内総生産(GDP)が4.0%にとどまるとの見通しを示した。パンデミック以前の成長率は平均年4.9%だったが、これを下回る。
MIERの「マレーシア経済見通し、2021年第3四半期報告書」で明らかにした。
報告書では「経済は明らかにV字回復をしている」と指摘。民間消費と投資による内需拡大や商品・サービスの輸出が拡大していること、外国人投資家による直接投資の増加などで回復の明確な兆候が見られると説明した。2021年第4四半期には多くの経済セクターが再開し始めたことから、今後、勢いよく成長していくとも述べた。
また、2022年のGDPは5.5~6.5%にまで強力に回復するとも予測した。
ただ、不良債権の増加、テナントの占有率や就職率の鈍化などがみられるため注意する必要があるとも指摘した。
さらに、今年の経済全体は改善が見込まれるものの、政府の今年の財政赤字はさらに拡大し、名目GDPの6.0%に近づくと予測。2021年6月末時点で、政府の債務残高は9584億リンギで、GDPの61.1%に相当している。現行の法定政府債務残高の対GDP比は60%を上回っている。このため、今後は物品サービス税(GST)を再導入していく可能性があるとも指摘した。

post in マレーシアの経済/企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

イオンビッグ、コンビニ形態店展開を表明-2021/12/07 ハイパーマートを展開するイオンビッグ(Aeon Big)は、来年の3月までをメドにコンビニ規模の「イオンビッグ」の1号店をオープンする予定を固めている。同社代表
東海岸鉄道、ついにルートとコストが確定-2021/12/06 クランタン州コタバルと首都圏を結ぶ東海岸鉄道(ECRL)について、スランゴール州が同鉄道の州内敷設を承認したことで、ルートが確定した。併せて建設費は502億70
11月の製造業PMI、前月からわずかに上昇-2021/12/06 ビジネス情報の分析を手掛ける英IHSマークイットが12月1日発表した、2021年11月のマレーシア製造業購買担当者指数(PMI)は、52.3ポイントとなり、10
Grab、SPAC経由でNASDAQ上場=45億ドルを調達-2021/12/06 配車サービス運営などを手掛けるGrab Holdings(本社・シンガポール)は12月2日、特別買収目的会社(SPAC)を発行・運用するAltimeter Gr
KLIAに駐在員等向けビザ発給窓口を開設-2021/12/02 クアラルンプール国際空港(KLIA)を利用してマレーシアに到着する外国人駐在員や就労者に対し、到着時に入国審査パス(入国ビザ)のステッカーを入手できる特設窓口が
サラワク州与党 独自の航空会社設立を公約-2021/12/01 サラワク州のアバン・ジョハリ州首相は11月30日、与党のサラワク政党連盟(GPS)が12月に行われる州議会選挙で勝利した場合は独自の航空会社を設立すると発表した
マレーシア人の8割以上「オフィスに戻りたい」-2021/11/30 世界的な不動産アドバイザーのサヴィルズ(Savills)の調査結果によると、マレーシアのオフィスワーカーの81%が「オフィスに戻りたい」と回答しているという。
10月も輸出が1,000億リンギ超=MATRADEの貿易統計-2021/11/30 マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)が11月29日に発表した2021年10月の貿易統計によると、輸出高は前年同月比25.5%伸びて1,144.3億リンギ

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品