【旬な話題を訊くVol.10】未来型工場をマレーシアに! ますます進化する 三菱電機の e-F@ctory

今回お話を伺ったのは……
Mitsubishi Electric Sales Malaysia Sdn. Bhd. General Manager
楢󠄀﨑建太郎氏
今年で創業100周年を迎えた世界的電機メーカーの三菱電機株式会社。ここマレーシアの販売会社である三菱電機セールス・マレーシア(Mitsubishi Electric Sales Malaysia Sdn. Bhd.)では、家庭用のエアコンや冷蔵庫、業務用の空調システムの販売をするほか、今後は特にファクトリー・オートメーション(FA)事業を拡充させるべく、Petaling Jayaにある社屋内に技術サポート拠点となる「FAセンター」を新しく開設したばかりだ。


三菱電機セールス・マレーシアが取り扱う
FA機器とは?


工場の生産現場で利用される「産業用ロボット」、入力機器から出力機器の間で予めプログラムされた順番(シーケンス)に従い回路を制御する「シーケンサー」、機械の位置や方向、回転速度等を精確に制御する「ACサーボ」、各種表示器やインバータなどがあります。企業様の課題に合わせて最適な製品の組み合わせやソリューションをご提案しております。

FA機器を生産工場に導入することで
得られるメリットは?


ロボット導入などの自動化によって、品質の安定化や生産性の向上が図れます。また、多くの生産工場では、製造タクトタイムの短縮、予防保全、エネルギー使用量の削減など様々な課題を抱えていらっしゃいますが、FA機器を用いて現場の状況をデータ化・可視化することが課題解決の第一歩となります。データを分析することによって改善すべき箇所が明確になり、最適な対策を取ることを可能にします。

今マレーシアにFAセンターを
開設した狙いは?


マレーシアでは、電気・電子、自動車、食料・飲料等、幅広い業種の外資企業が進出を続けており、あらゆる生産現場でFA機器の需要が高まっています。さらに、近年の人件費の高騰に加え、マレーシア政府の積極的なIoT 化支援と外国人労働者の流入抑制により、FA機器による生産現場の自動化・IoT化を推進される企業様が急速に増加しています。

当社ではこれまで、FA製品に関するご提案や修理・アフターサービス、技術のご相談やトレーニングについては、シンガポールにある「アセアンFAセンター」が承っておりました。今回、「マレーシアFAセンター」を開設することにより、より迅速かつ丁寧に、マレーシアのお客様のご要望にお応えすることが可能になります。

コロナウィルス感染症拡大による影響は?

コロナ禍においても中国やアメリカなどに製品を輸出される半導体、電気・電子業界様向けを中心にご注文は好調に頂戴しております。工場や生産現場で最も重要なことは「稼働を止めない」ということです。感染予防のための現場作業員の削減や管理者のリモートワークを余儀なくされた状況下では、現場の自動化・IoT化がますます進み、この流れは2021年以降も続くとみられます。

実際にあった導入例をご紹介ください

汎用プレス機械の開発・製造を手がけるアイダエンジニアリング株式会社(本社:神奈川県相模原市)のマレーシア現地法人AIDA ENGINEERING(M) SDN. BHD. 様の場合では、当社の省エネデータ収集サーバ「EcoServerⅢ」を導入された結果、電力料金の約15%削減に成功されました。「EcoServerⅢ」が機器や設備の電力消費量の情報を収集し、LAN経由で管理部門のPCなどからリアルタイムに確認できるようになり、その消費のピークを料金の高い時間から安い時間に振り分ける、いわゆるピークシフトを進められたことで、トータルの電気料金を引き下げられました。そして現在は、原単位(一定の量の製品を生産するのに必要なエネルギー)管理にも発展させ、継続的な電力消費量削減にも取り組んでおられます。

当社では、IoTという言葉が普及する以前の2003年から、FA︲IT統合ソリューション「e︲F@ctory」を提唱し、多くの企業様のスマートファクトリー(デジタルデータ活用による業務プロセスの改革、品質・生産性の向上を継続発展的に実現する工場)化を支援してまいりました。
最近では、エッジコンピューティング(端末の近い場所に分散配置された装置でデータ処理を行う技術)やAI技術を活用し、生産現場のデータをリアルタイムに解析・分析して制御にフィードバックするとともに、上位のITシステムに必要なデータを効率的に繋ぐといった、ものづくり全体の最適化にも貢献しております。

今後の目標は?
三菱電機の「e︲F@ctory」は、産業高度化を目指すマレーシアの「Industry 4WRD」政策に合致しており、高い関心をいただいております。そのため、東京にあるショールーム「東日本FAソリューションセンター」には、MIDA、MITI、MARii、MIMOS、MATRADE、SIRIMといったマレーシア政府機関、関係各所からの要人がたびたび視察に来訪されています。

 
三菱電機セールス・マレーシアでも、本年4月から敷地内にショールームをオープンする予定で、今後は「FA︲ITソリューションパートナー」としての三菱電機をさらに多くの方に知っていただきたいと考えております。


Mitsubishi Electric Sales Malaysia Sdn. Bhd.
Lot11, Jalan219, 46860 Petaling Jaya, Selangor
TEL:03-7626-5076

post in

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

【新着】政府 8日から渡航者の新たな防疫措置 毎日の検査も-2021/12/08 カイリ・ジャマルディン保健相は12月7日、新変異種オミクロン株に対する新たな防疫措置を発表した。8日から適用される。 短期出張者は6日目までは毎日検査を受ける
【新着】1月のタイプーサムとチンゲイパレード 行列は禁止-2021/12/08 ハリマ・モハメド国民統合相は12月7日、来年1月のヒンドゥー教の祭り「タイプーサム」と華人の春節時に行われる「チンゲイ・パレード」での行列は認めないと述べた。国
【新着】教育機関でのクラスター感染件数が増加-2021/12/08 保健省のノール・ヒシャム衛生総監は12月6日、過去2週間で教育機関でのクラスター感染が増えていると述べた。 11月21日から27日の週は13件だったが、28日
【新着】スランゴール州、予約なしでブースター接種実施-2021/12/08 スランゴール州の住民は12月8日から、Selcareが運営するクリニックで新型コロナウイルス対策ワクチンのブースター接種が無料で受けられることになった。
【新着】みずほ 、MIDAとアドバイザリー契約を締結-2021/12/08 みずほ銀行(本店・東京都千代田区)は12月6日、マレーシアみずほ銀行および、みずほリサーチ&テクノロジーズと共同で、マレーシア投資開発庁(MIDA)が公募した「
タイ政府 16日にマレーシアと陸路の国境再開か-2021/12/07 タイ政府はマレーシアとの陸路の国境を再開するもようだ。タイ南部の国会議員の提議により同国政府は近く決定を下したい方針で、早ければ今月16日にも再開される。 タ
全国のコーヒーショップ 1月に一斉値上げへ-2021/12/07 全国の「コピティアム」と呼ばれるコーヒーショップが来年1月1日から一斉に値上げをする見通しだ。食材や人件費など経営コストが上昇しているため。 マレーシア・シン
外国人ら301人がパーティー 一斉逮捕-2021/12/07 クアラルンプール市ブリックフィールズ地区警察は12月6日未明、ブキ・ダマンサラ地区近くのリゾート施設で外国人を含む301人がパーティーをしていたとして一斉に逮捕