マレーシア史を学びたい方には好著 A History of Malaysia by Barbara Watson Andaya & Leonard Y. Andaya

9780230293540

マレーシアの歴史を全般的に書いた英語の書籍を今回はご紹介します。

日本語や英語ともにマレーシアの歴史を古代から現代まで俯瞰した書籍はあまり見られないのですが、こちらは好書籍。近世のマレー・インドネシア世界を専門とし、これまで多数のすぐれた業績を残してきた歴史学者のご夫婦が出版しました。

1982年に第一版を出版した後、2001年に第二版を出され、16年を経た2017年に第三版を上梓。マレーシアの大学の歴史学のテキストとしても使われたこともある本書は、最新の研究成果を含めつつ、「マレー人」の起源からスマトラ島のスリウィジャヤ王国とマレー半島の関係、そしてマラッカ王国からオランダとイギリスの植民地時代、独立を経て2015年までと長い歴史をコンパクトにまとめ上げています。

このなかで特に著書2人の専門となっている15世紀から17世紀までの記述は第一版よりも大幅に増やし、インドネシア語やオランダ語の資料をも駆使して内容を掘り下げています。専門家だけでなく、一般の人びとにも大いに勉強させられる部分です。

また、1969年に導入された新経済政策(いわゆるブミプトラ優遇政策)についてはページを多く割き、農業国から工業国に転換する過程も描いているうえ、この過程で発生するジェンダーや都市の貧困、外国人労働者の問題についても注意を払っています。

付録には各章ごとに分けて、詳細に知りたい方向けにあまたの好著を紹介。一般の人も手に入りやすい書籍もあり、マレーシア史を詳しく学びたい方々には最適の書籍です。

 

A History of Malaysia

著者:Barbara Watson Andaya & Leonard Y. Andaya

発行年:2017年

出版社:Palgrave

ISBN:978-0-230-29353-3

紀伊国屋などで購入可能