顧客と向き合い続けるITサポートのプロ集団 Kawatec Malaysia Sdn. Bhd.

日系企業を中心として、ITサポートを行うKawatec(カワテック)。2007年にシンガポールにて設立、2015年にはマレーシアに進出。日本人のIT技術専任のスタッフが常駐し、丁寧で親身、さらにきめ細かいITサポート対応を行っています。そのため、日系企業をはじめ個人の顧客からの満足度も高く支持を集め続けています。今回はマレーシア国内でサービスを展開する同社代表の川辺高峰さんと、エンジニアの藤井辰徳さんにお話を伺いました。

いつでも顧客に寄り添い「きめ細やかさ」を大切にする

身近な電子機器やITインフラですが、海外生活ではITに関するビジネスサービスを日本にいるときと同じレベルでは受けづらいのが現状です。特にIT用語は日本語でも難しい場合が多く、トラブルが起きた際に英語などで説明するのは簡単ではないことも。カワテックでは、専門技術をもった日本人スタッフがトラブルに対応、さらに顧客に寄り添う「きめ細やかさ」を徹底しているそうです。
「私たちは、お客様がITに関するトラブルや困ったことがあれば、必ずその問題が解決されるまでサポートし続けます。また、一番大切にしているのはお客様の声をきちんと聞くこと。最後までフォローをし続けること。そのような『きめ細やかさ』を大切にしながらITサポートを行っています。」と胸を張る代表の川辺さん。
サポート内容は、パソコン・スマートフォンの修理、サーバー・ネットワーク環境やLAN構築までさまざま。たとえば、企業のITインフラをまるごとコンサル、きちんと運用ができるかのフォローまでノンストップで行うこともあるそうです。顧客が満足のいくまで、二人三脚でITインフラを構築、顧客と向き合い続け期待以上のサービスを提供することがカワテックの強みであり、大切にしていることだと言います。

よりよいサービスを提供するためにIT知識のプロであり続ける

ITに関してのトラブルがあった際には、難しいIT用語を使うのではなく、分かりやすく、丁寧に解説・説明を行うことに徹底しているそう。また、新しい知識・技術へのアップデートも常に行い続けているとのこと。「ITインフラは進化し続けています。だから、私たちは常に新しい知識・技術をキャッチし続け、お客様のリクエストに応えられるようにしています」と川辺さんは話しています。最短で1日で問題解決ができるよう、社員全員で情報を共有しているそう。
さらにトラブルに合わせて、200種類以上に細分化されたプランを用意。これもカワテックがこだわり続けている「きめ細やかさ」の一つ。しっかりとプラン・見積もりを組んで、料金を提示することで、顧客も安心して利用することが実現できるそうです。

心のよりどころとしてカワテックを利用してほしい

現地密着型に徹底し、シンガポール同様、マレーシアでも事業を展開し続けるカワテック。しかし、「事業の展開スピードはゆっくりでいいかな」と川辺さんは話します。
それは、顧客との信頼関係をつくることを第一優先にしているからだそう。これがカワテック流のサービスであり、シンガポールで11年間、マレーシアで3年近く評価を受け続ける理由です。
顧客との信頼関係について川辺さんは次のように話します。「信頼関係はちょっとしたことの地道な積み重ねからなります。私たちが行うITサポートは200以上の項目からなり、細かい作業も多いので、草の根のようなことかもしれません。でも信頼関係があるからお客様が話しやすい環境もでき、満足できるサポートを届けることができます。それこそが私たちの使命です」。

 

企業概要:シンガポールにて2007年に創業したITサポート企業。日本人によるきめ細かいサービスで、海外で生活する日本人から支持を集め続けている。
オフィスのIT構築・運用・保守サービス、パソコンをはじめとした電子機器修理・販売などITに関してのサポートを行っている。持ち込み・出張サービスで対応。出張サービスは、個人であればモントキアラ内、法人であればクアラルンプール全域にまで行っている。

オフィスは、モントキアラにございます。

E-12-18, Plaza Mont Kiara, 2, Jalan Kiara, 50480 KL
電話番号:03-6203-0587
https://kawatec.com/malaysia/
サブ1 メイン3


Address :
E-12-18, Plaza Mont Kiara, 2, Jalan Kiara, 50480 KL