エアアジア創業者、顧客に現金返金を避けるよう訴え

格安航空会社(LCC)エアアジア・グループの創業者で最高経営責任者(CEO)のトニー・フェルナンデス氏は4月11日、顧客に対し「新型コロナウイルスの影響を受け、先が読めない事態に陥っている」という趣旨の公開書簡を同社サイトを通じて発表した。
この中で、フェルナンデス氏は「グループのフライトはほとんどが運休しており、収入がほぼない」ながらも、燃料の供給先や機体リース会社への支払いを行わなければならないと説明。
その一方で、フライトキャンセル等による返金依頼を求めている顧客に対し、現在、問い合わせが殺到しており、航空券の返金手続きには12~16週間を要するとしている。そのため、支払い済みの金額相当分を「クレジット」の形で顧客が持つエアアジアBIGのアカウントに付与することに応じてほしい、と求めている。なお、同社のカスタマーサービスは「クレジットは返還から365日以内にエアアジアのフライトの予約に利用できる」と説明している。
なお、これまでに顧客の80%が現金の返金でははく「クレジット付与」を受け入れたという。
フェルナンデス氏によると、フライトの運休は96%に達しており、できる限りのコスト削減をしていると説明。幹部を中心とした従業員らの給与カットも15~75%の幅で行っているという。
顧客からの問い合わせ件数は1日あたり50万件に達しており、通常時の10倍に達しているとも説明。カスタマーサービス部門で人員を増員し24時間体制で対応しているが、回答が追いついていないものとみられる。

関連ニュース

マレーシア観光年の各種活動、当面は凍結

2020/03/19  ナンシー・シュクリ観光・芸術・文化相は3月18日、今年の観光キャンペーン「マレーシア観光年(VMY)2020」を当面停止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大のため、全土に発令されている「活動制限令を受けてもの。  同相はまた、各州にある政府観光局のカウンターやオンライン上でのサービスも凍結するほか、観光関連の許認可を発行する各州の同局事務所も発令中は閉鎖することも明らかにした。  このキャンペーンは国内外の観光を促進することを目的に民間企業などと提携して展開している。観光業はマレーシア経済の要の一つであることから、キャンペーンを一時停止することで経済への打撃も大きい。今年の観光客目標数は3000万人としているが、到達は難しくなった。  さらに、同相は国内のホテルについて31日までは「制限付きで稼働はできる」と説明。チェックイン客は受け入れが可能であるが、宿泊客は各部屋での滞在が義務付けられ、食事はルームサービスのみが認められる状況にある。... ...続きを読む

上半期の輸出高、0・2%減 貿易額全体も減少に

2019/08/15 マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)の発表(速報値)によると、2019年上半期の輸出高は4815・3億リンギで、前年同期比で0・2%減少した。 輸入高は4144・2億リンギで、同1・8%のマイナスとなった。貿易額全体は8959・5億リンギで、同1・0%減少した。貿易収支は671・0億リンギの黒字で、同10・9%増加した。 6月の輸出高は761・7億リンギとなり、前年同月比で3・1%、前月比で9・5%それぞれ減少した。輸入高は659・1億リンギとなり、前年同月比で9・2%、前月比で12・2%のそれぞれマイナス。貿易高は1420・8億リンギで、前年同期比6・0%、前月比10・8%それぞれ減った。貿易収支は102・6億リンギの黒字で、260カ月連続。前年同期比で71・0%、前月比で13・1%のそれぞれプラスとなった。 6月の輸出先を国・地域別で見ると、シンガポールがトップとなり、2〜5位は中国、米国、香港、日本の順。日本への輸出額は45・1億リンギで前年同月比で13・5%減少した。原油やプラスチック製品、石油製品、機械部品、宝飾品が増加したが、液化天然ガス(LNG)や木材製品、金属製品が減少したことが響いた。トップだったシンガポール向け輸出は前年同月比で0・9%減少した。2位の中国は12・0%のマイナス、3位の米国は8・8%のプラスとなった。 品目別では、電子・電気(E&E)が280・8億リンギでトップ。これに精油製品、化学製品が続いた。 輸入は、国・地域別で中国、シンガポール、米国、日本、台湾の順。日本は51・0億リンギで、前年同月比で7・1%減少した。品目別では、E&Eが189・9億リンギでトップ。これに精油製品、化学製品が続いた。【アジアインフォネット8月5日付】... ...続きを読む

上半期の不動産販売件数 前年同期比約7%増

2019/10/03 全国不動産情報センター(NAPIC)は9月23日、今年上半期の不動産販売数が16万172件に達し、前年同期比6・9%増となったと発表した。販売総額は680億3000万リンギで同比0・8%の微増となった。 販売件数のうち62・4%が住宅不動産で、次に21・6%が農業用不動産だった。 住宅不動産の販売件数は9万9922件、販売額は346億5000万リンギで、それぞれ同比6・1%、9・5%の増加を記録した。 一方、商業不動産の販売件数は1万2960件で同比20・4%増だったが、販売額は125億3000万リンギとなり同比20・8%の落ち込みとなった。 NAPICは、国内総生産(GDP)成長率が4・9%増と見込まれることや政府が不動産市場回復のイニシアチブを取っていることから、今年下半期の不動産市場は回復していくだろうと述べた。 また、ウィラ・アミルッディン財務副大臣は同日、20万〜30万リンギのコンドミニアムやアパートメントが供給過多になっていると指摘。特にペラ州とクダ州で多いとした。 これらは完成されているが、入居適合証明書(CFO)や仮のCFOを取れていない状況で、まだ販売されていない物件だという。 副大臣は「より手頃に購入できる価格に設定するよう不動産業者に求めた」と語った。... ...続きを読む

4月16日の感染者動向、過去1カ月の陽性者数が最高に-2021/0...

2021/04/17 保健省が4月16日午後発表した新型コロナウイルスの感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は2,551人となった。過去1ヵ月で最高だった前日よりもさらに感染者数が拡大している。輸入例は29人だった。 累計感染者数は370,528人。 実効再生産数(アールノート)は4月15日付のデータで1.17に悪化している 現在、隔離・入院中の陽性者は18,600人。 累計の治癒者は350,563人、この日の退院者は1,524人だった。2人が新たに亡くなり、累計死亡者は1,365人となっている。 ICUの収容者は227人。呼吸器を91人が使っている。... ...続きを読む

卵が一部で品薄、道路封鎖で各地に輸送遅延

2020/04/09  国内取引・消費者省は4月9日、国内の一部で卵の配達の遅れが発生していると明らかにした。  卵の需要が高まっているが、各地で道路封鎖をしていることから「輸送上の問題」で各地への配達が滞っていると説明。卵メーカーの工場から遠方である場所には配達までに時間がかかるとしている。  同省によると、メーカー側は卵の供給量には問題なく、「輸出もできるほどの量がある」としている。... ...続きを読む
covid

ワクチン未接種者、ブースター接種済み者と比べ感染時の死亡...

2022/01/12  ノール・ヒシャム衛生総監は、新型コロナウイルス対策ワクチン未接種者へのリスクについて、もしもウイルスに感染した場合、ブースター接種まで終えた人と比べると、未接種者は死亡する確率が62倍高くなるとの見解を明らかにした。  これは臨床研究所(ICR)の研究結果をもとに述べたもの。  ワクチン未接種者がウイルスに感染する可能性も、ブースター接種を終えた人に比べ9倍高くなるという。... ...続きを読む

新規感染者の発表数、大晦日は過去最多に=2525人-2021/01/01

2021/01/01 保健省の発表によると、12月31日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者は2525人となった。コロナ禍に振り回された2020年は、大晦日に過去最多の感染者数に達することとなった。 実効再生産数(アールノート)が31日付で更新され、1.12まで上昇している。 累計感染者数は11万3010人。入院者は2万3598人となっている。輸入例は13人だった。 死者は8人増えて、471人。 一方、退院者は1481人で、これにより、累計の治癒者は8万8941人となった。 ICUの収容者は131人。呼吸器を60人が使っている。... ...続きを読む

新規感染者は10人、5日ぶりに2けたに-2020/06/28

2020/06/28 保健省は、6月27日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者の増加は10人となったと明らかにした。新規感染者の増加数が2けたになったのは5日ぶりとなる。 10例のうち、4例は帰国者から発覚。累計感染者数は8616人となった。 新たな死者はなく、国内の累計死亡者は計121人のまま。 この日の退院者数は14人で、累計退院者数は8308人。治癒率は96%を超えている。... ...続きを読む

エアアジアの旅客、コロナ検査を格安価格で-2022/04/08

2022/04/08 クアラルンプール国際空港2(KLIA2)から格安航空会社(LCC)エアアジアを利用する乗客は4月17日以降、1人当たり60リンギで新型コロナウイルスの抗原迅速検査(RTK-Ag)を受けることができるようになる。 Gateway@KLIA2にある「テスト&ゴーセンター」を、センチュリー・メディカル・センター(CMC) メディジャヤが運営。同センターのウェブサイトから事前予約出来る。エアアジアの搭乗券を提示することで、この優待を受けることも可能だ。 迅速検査は、鼻やのどからサンプルを採取し、5分以内に検査が完了する予定。検査結果は30分以内にMySejahteraにアップロードされる。... ...続きを読む

衣料品店の試着室 利用を許可-2021/09/14

2021/09/14 アレクサンダー・ナンタ国内取引・消費者相は9月12日、「国家復興計画」に基づく1期目と2期目の地域での衣料品店などの試着室の利用を許可すると発表した。 衣料品店のほか、デパートに入居するアクセサリー店や靴屋などでも認められたが、顧客に対しては手袋を支給することが求められている。 また、花屋やアウトドア関連商品店では顧客一人の滞在時間を最大2時間までとする。 2期目の地域では自動車販売店の再開も先に認められ、車の試乗が許可された。このほか、理容店では散髪だけでなく、提供するすべてのサービスが可能になった。化粧品店では従業員が提供するテスターの利用もできるようになった。 これら店舗では従業員も顧客のいずれもワクチンの接種完了が求められている。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP