超々臨界圧石炭火力発電所が稼働 東芝、三井物産などが参画

マレーシア最大の電力会社、テナガ・ナショナル(TNB)はこのほど、同社の子会社で発電所の建設・運営を手掛けるジマイーストパワーがネグリ・センビラン州ポート・ディクソンに設けた超々臨界圧石炭火力発電所1号機が商業発電を開始したと発表した。

この発電所では、東芝エネルギーシステムズが建設した1000メガワット(MW)級の超々臨界圧石炭火力発電設備2基を導入。東芝グループがエンジニアリング大手のIHI、現代エンジニアリングと現代建設の韓国企業2社とともに共同事業会社として立ち上げたジマイーストパワーとの間で、EPC(設計・調達・建設)契約を締結し建設プロジェクトを遂行した。ジマイーストパワーの出資比率はTNBが70%、三井物産と中国電力がそれぞれ15%ずつとなっている。

東芝エネルギーシステムズによると、1号機の商業発電開始は当初今年6月としていたが、これが約2カ月遅れる格好となった。また、2号機は今年中の完工、商業運転開始を目指している。

なお、東芝グループは、このプロジェクトにおいて、海洋土木工事、1号機および2号機の蒸気タービン・発電機、制御装置、変圧器・所内開閉所等の主要機器の据え付け工事並びに試運転を担当している。

関連ニュース

gas

日本の経産省 ペトロナスにLNG供給の履行を要請

2022/10/11 西村康稔経済産業相は10月11日、国営石油ガス大手ペトロナスに対し、液化天然ガス(LNG)の供給を当初計画通り… Read More »... ...続きを読む

JETRO、SIRIMとワークショップを共催-2002/03/12

2022/03/12 日本貿易振興機構(JETRO)クアラルンプール事務所は3月9日、マレーシア標準工業研究所(SIRIM)との共催… Read More »... ...続きを読む

日本の余剰アパレルを活用 在庫処分業者が店舗展開

2020/01/16 在庫処分業を営むShoichi(本社・大阪市中央区)はこのほど、日本国内で出た余剰アパレル衣類を販売するショッ… Read More »... ...続きを読む

ヤクルト現法、デフスポーツ協会のスポンサーに -2020/08/16

2020/08/16 マレーシアヤクルトはこのほど、聴力障害者のスポーツ活動の推進を行っているマレーシアデフスポーツ協会とのスポンサ… Read More »... ...続きを読む

JACTIM、景気動向等の調査結果を発表-2022/04/5

2022/04/05 マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)は4月5日、「2022年度日系企業アンケート調査及び上期景気動向調査… Read More »... ...続きを読む
DATUK_SERI_ISMAIL_SABRI_YAAKOB

日大、サブリ首相に名誉博士号を授与

2022/05/24 5月23日から27日まで、日本を訪問中のイスマイル・サブリ首相は24日、日本大学の加藤直人学長から名誉博士号(… Read More »... ...続きを読む
light

LED照明販売のレカム、地場SLWの全株取得を完了-2021/10/13

2021/10/13 発光ダイオード(LED)照明販売などを手掛けるレカム(本社・東京都渋谷区)は、先に発表したマレーシアの電器・照… Read More »... ...続きを読む

太陽誘電、クチンに新工場建設を決定-2021/09/22

2021/09/22 電子部品製造大手の太陽誘電(本社・東京都中央区)は9月21日、サラワク州クチンに積層セラミックコンデンサを生産… Read More »... ...続きを読む
airplane

ANA羽田便再開で歓迎イベント

2022/11/01 全日本空輸(ANA)は10月31日、2020年3月23日から運休していた羽田便の運航を約2年半ぶりに再開したこ… Read More »... ...続きを読む

マレーシアからの訪日客数、2月は100人にとどまる-2022/03/17

2022/03/17 日本政府観光局(JNTO)が発表した2022年2月の外客統計によると、全世界からの訪日外客数総数は1万6,70… Read More »... ...続きを読む

ニュース記事一覧

アクセスランキング

  1.  
    1 位

    新首相のアンワル氏とはどんな人物か

  2.  
    2 位

    サラワク州MM2H、他州での長期居住は不可能と明記

  3.  
    3 位

    10代首相にアンワル氏、PH・BNが連立樹立へ

  4.  
    4 位

    28日は休日に=新首相

  5.  
    5 位

    「ドーハの歓喜」KLでも日本人盛り上がる

広告(PR)

SNS

関連メディア

TOP