ANA

ANA、KL線をついにデイリー運航へ=7月1日より

ANA(全日本空輸)は5月17日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う各国における出入国規制や検疫体制、需要動向等を踏まえ、2022年7月1日から10月29日までの運航計画を発表した。

貨客動向の推移を踏まえ、北米・アジア路線を中心に増便。うち、クアラルンプール線については、成田発着について毎日1往復のデイリー運航に戻す。なお、近隣諸国(タイ・バンコク、シンガポール)への便も成田線についてはやはりデイリー運航を予定している。

現在、ANAの東南アジア線は、日本の入国者数制限が続行中にもかかわらず、運航便が混み合っている。これは北米への接続(トランジット)客の需要が大きいため。¥

▼画像は下記より引用
新型コロナウイルスの影響に伴う国際線 路線・便数計画の一部変更について(追加分107)-ANA

関連ニュース

スマートドライブ、EV普及支援事業がジェトロのDX 促進事業に...

2021/08/20 モビリティデータを活用したサービスを提供するスマートドライブ(本社・東京都千代田区)は、セランゴール州での電気自動車(EV)普及を支援する「EV モビリティデータプラットフォーム」の開発実証が、JETROの「日ASEAN におけるアジアDX 促進事業」に採択されたと明らかにした。 スマートドライブはこれまで、 電力関連会社やガス会社、 商社などと共同で、 EV 普及に欠かせないEV 充電ステーションの開設や充電スタンドの運用、 EV に関連する様々なデータを集約・分析するデータプラットフォームの構築など、 脱炭素化とEV シフトを見据えた移動データの活用と協業ソリューションの開発・試験提供を積極的に行ってきた。 一方でジェトロは「日ASEAN におけるアジアDX 促進事業」と銘打ち、日本企業とASEAN 現地企業との協働によるデジタル技術を活用した実証事業を通じて、 経済・社会課題の解決を目指すことを目的に民間企業からの提案を募集。その第2回公募にスマートドライブの当提案が採択されたことを受け、 今回のマレーシアでの開発実証を行うこととなった。実証は今月に開始し、 来年1 月末まで実施する予定。 スマートドライブは、 2020年6 月よりマレーシア現地法人で事業を開始。現地企業や日系企業、 政府機関とも連携し、 現地の交通事情やニーズを見極めながら事業の拡大を図っている。今年2月には、東南アジアの市場に合わせて機能開発したテレマティクスサービス「SmartDrive Aware」を提供している。 同社は今後、マレーシアでの事業拡大を足がかりに、 同様の課題に直面する近隣諸国へのサービス普及を図り、 東南アジアに広がる移動に関わる社会課題の解決に繋がるよう、 今後も取り組むという。... ...続きを読む

日系航空2社、燃油付加費が過去最高水準に-2022/04/22

2022/04/22 ANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)は相次いで、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の6~7月発券分での増額について発表した。6月1日発券分から引き上げる。 これは原油価格の高騰や円安を反映することから、多くの路線で過去最高水準を上回る。 参考までに日本発片道ベースでのタイ・シンガポール、マレーシアなどサーチャージはANAの場合、2万400円とこれまでの9,700円から一気に倍額以上となる。JALも大きく値上がりし、1万2,700円から2万3,600円に引き上げられる。 なお、国内線区間が追加されたり、経由地がある場合、共同運航便を利用する場合などさまざまな要素で税額やサーチャージは異なることがある。... ...続きを読む

ブックオフ、リユースショップ9店目を開店-2022/04/07

2022/04/07 ブックオフグループのマレーシア法人であるBOK マーケティングは4月1日、リユースショップ「Jalan Jalan Japan」(JJJ)の 9店舗目をジョホール・バルにTampoi 店として新規オープンした。 「JJJ」は、2016 年 11 月の 1 号店オープン以来、主に日本のブックオフ店舗で販売しきれなかったモノを再加工し、手頃な価格でマレーシアで販売してきた。現在ではマレーシア全土に店舗網を拡大し、年間約500 万点、約 2,600トンの商品を再流通させ、モノの寿命を延ばし廃棄物の抑制に貢献している。マレーシアでは年間約 84 万人を超える顧客がJJJの店舗を利用しているという。... ...続きを読む

電力テナガ、IHIと低炭素化発電で協力へ-2022/02/24

2022/02/24 電力大手テナガ・ナショナル(TNB)は、100%子会社のTNB パワー・ジェネレーション(TNB ジェンコ)が、IHI (本社・東京都江東区)およびペトロナス・ガス・プラス・ニューエナジーとマレーシアにおける低炭素な水素・アンモニア供給チェーンの実現可能性に関する覚書に調印したと発表した。 マレーシアの発電シェア52.79%を占めるTNBジェンコは、同社の石炭火力発電所におけるアンモニア混焼技術の適用を支援する。 この覚書には、マレーシアの電力部門の脱炭素化に向けた取り組みの一環として、石炭火力発電システムにおけるアンモニア混焼の実行可能性調査(FS)が含まれている。... ...続きを読む
ship

日揮、FLNGプラントの基本設計役務を受注-2021/12/07

2021/12/07 日揮ホールディングス(本社・横浜市西区)は、海外EPC事業会社である日揮グローバルが韓国サムスン重工業と共同で、国営石油のペトロナスが計画しているFLNGプラントに係る基本設計役務を受注したと明らかにした。 設置予定地はサバ州のシピタン石油&ガス産業パーク沖沿岸部で、役務内容は年産200万トンのFLNGプラント(浮体式LNG生産施設)に係わる基本設計役務となっている。 このFLNGプラントではサバ州沖合のガス田から集積・前処理されたガスを利用し、LNGを洋上(沿岸)で年産200万トンのLNGを生産する予定。この案件において、日揮グローバルは主にFLNGトップサイド(LNG生産プラント)の設計及びプロジェクト全体の管理を担当し、共同受注者である韓国・サムスン重工がFLNG船体の設計を担当する。... ...続きを読む

DON DON DONKI、2号店オープン-2021/12/11

2021/12/11 マレーシア2号店となる「JONETZ by DON DON DONKI Tropicana Gardens Mall」が12月10日、セランゴール州の商業施設「Tropicana Gardens Mall」にオープンした。 同店を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)グループ傘下のパン・パシフィック・リテールマネジメント(マレーシア)は今回の開店に際し、「2024年までに11店舗の新規出店を計画中」と明らかにした。 店舗は2階建てで面積42,243平方フィート(約3,900平方メートル)の広さがあり、アジアでは最大級で、高品質な日本製品を豊富に取り揃えている。 店内では、「日本の美食の旅」をテーマに、大阪の「たこ焼き」や北海道の「いか焼き」など、日本各地の名物料理を提供。また、170席のイートインスペースがあり、湯沸かし器や電子レンジなども設置されている。 マレーシア法人の町田悟史代表取締役社長はトロピカーナガーデンズモールの立地を選んだ理由について、「MRTの駅に近く、他の公共交通機関からもアクセスしやすいこと」と述べている。... ...続きを読む

UMWトヨタ、アルファード&ヴェルファイアを発表

2016/08/12 UMWトヨタ・モーターは4日、ミニバン型高級乗用車の新型「アルファード」及び姉妹車の「ヴェルファイア」を発表した。   両車種共に並行輸入車が正規輸入車を上回るペースでマレーシアに入ってきており、マレーシア独自のミラーデザインや高速道路に適した足回り、防犯装置で差別化を図る。月間300台、今年通年では計1500台の販売を目標に掲げており、7対3の割合で「ヴェルファイア」が多く売れるとみている。   「アルファード」は三代目で、トヨタ車体いなべ工場で製造された完成輸入車。ガソリンエンジンのみで、価格は排気量3・5リットルで41万9900リンギ、上級のエグゼクティブ・ラウンジが51万9900リンギとなっている。車体色は4種類。昨年の正規販売は170台だった。 廉価版の「ヴェルファイア」は二代目だが、正規輸入としてはこれが初めて。これまでマレーシアでは並行輸入車が出回っていた。トヨタ車体製造の完成車として輸入する。排気量2・5リットル・ガソリンエンジン搭載で、価格は35万5000リンギ。車体色は4種類を用意した。両車種共に5年間の保証がつく。... ...続きを読む

日本の水際対策、待機期間を10日に短縮で調整-2021/09/09

2021/09/09 日本政府が現在、日本への入国者・帰国者に設けている「待機措置」について、早ければ今月中にも短縮することで調整が始まった。現在は、基本的に14日間の待機が求められているが、これをワクチン既接種者に対し、10日間に短縮する方向。 この待機措置短縮をめぐっては、ビジネス往来への活発化を求める経済界からの強い要望が上がっている。 マレーシアからの日本入国に際しては、現在、検疫所の手配により宿泊施設での3泊の待機が求められるが、こうした措置がどう対処されることになるかについてはこれまでに明らかになっていない。... ...続きを読む

試験提供エリアにマレーシアを追加 グローバルWiFi、「無...

2019/10/03 海外用WiFiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi」を提供する株式会社ビジョン(本社・東京都新宿区)は、「グローバル WiFi」において、1日当たりのデータ通信容量に制限を設けない「無制限プラン」の試験提供エリアにマレーシアを追加し、9月17日より提供を開始した。これにより4Gによる接続が可能となる。 同社では、顧客の利用ニーズに合わせたデータ通信プランを用意しているが、昨今のスマートフォンアプリの多様化、容量の多い画像や動画の送受信、SNS投稿など、データ通信容量を多く消費する傾向がみられるという。また、複数人でシェアして利用する機会もあり、使用容量枠の拡大に踏み切った格好だ。 同社は2019年2月、「無制限プラン」の試験提供を開始。対応エリアは、マレーシアの追加により73カ国となった。... ...続きを読む

エコシステム最新事情のウェブセミナー JETRO、2月18日に実施...

2021/01/28 JETROクアラルンプール事務所では、2月18日、マレーシアの最新のエコシステムの魅力やビジネスチャンスについて解説するウェブセミナーを開催する。 今回はその第4回として「デジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム・ウェブセミナー ~マレーシアのイノベーション・エコシステムについて知る~」というタイトルで、YCP Solidianceディレクターの松家優香子氏が講演する。 今回のウェブセミナーは、マレーシアへの進出や現地スタートアップ等との協業を検討する日本企業が、マレーシアの最新のエコシステムの魅力やビジネスチャンスの情報を得るチャンスとも言える。 セミナーは2月18日14時(マレーシア時間)から1時間の予定。事前の申し込みが必要で、17日正午までにhttps://www.jetro.go.jp/form5/pub/mak/dx4を通じて申し込む。 なお詳細は、https://www5.jetro.go.jp/newsletter/kualalumpur/2021/dx_webinar_4_flyer.pdf で得られる。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP