期限切れの国際免許、CMCOの間は有効

活動制限令(MCO)発令以後、条件付き活動制限令(CMCO)発効中は有効期限の切れた日本発行の国際運転免許証でもマレーシアで運転できるとの解釈がなされた。在マレーシア日本大使館が5月16日発表した。
ただし、CMCO終了日から30日以内に更新が必要となる。
大使館によると、国際運転免許証を含む全ての運転免許更新が必要な人々は、1987年道路交通法第66条に基づき特別な免除の対象とされるとのこと。この措置は3月25日から有効。
なお、この措置により、有効期限が切れた運転免許の所有者は、有効な保険があり、保険証明書のコピーもしくは電子コピーを携帯すればCMCO期間中においても自動車の運転が可能となっている。
一方、国際運転免許証の更新は、日本の各都道府県にある公安委員会に対し、代理申請の形で手続きが可能だ。申請の際、パスポートコピーと、日本で発給された運転免許証の原本などが必要となる。詳細は各都道府県の公安委員会等のウェブサイトで確認のこと。

関連ニュース

スラヤン病院 新型コロナ専門病院に-2021/07/23

2021/07/23 スランゴール州バトゥ・ケーブ地区にあるスラヤン病院が7月21日から新型コロナウイルスの感染者向けの専門病院となった。首都圏ではこれで3例目。 同病院ではこれまで新型コロナウイルス以外の患者も受け入れていた。しかし、同州での感染者数が増えていることから、専門病院として対応する。今後は新型コロナウイルス以外の患者を受け入れないとしている。 これまでに首都圏で専門病院となっているのは、スンガイ・ブロー病院とアンパン病院の2つ。... ...続きを読む
covid

3月3日の新規感染、3日連続で1,000人台を維持-2021/03/04

2021/03/04 保健省が3月3日午後発表した新型コロナウイルスの新規感染者動向によると、同日正午までの24時間の新規感染者数は1,745人となった。輸入例は2人だった。 累計感染者数は305,880人となった。 実効再生産数(アールノート)は3月2日付のデータで0.88まで下がった。現在、隔離・入院中の陽性者は24,024人に減っている。 累計の治癒者は280,707人、この日の退院者は2,276人だった。7人が新たに亡くなり、累計死亡者は1,148人となっている。 ICUの収容者は195人。呼吸器を95人が使っている。... ...続きを読む

MCO地域のラマダンバザール、全面閉鎖へ-2021/05/09

2021/05/09 国家安全保障会議(NSC)は、現在「活動制限令(MCO)」が導入されている地域で行われるラマダンバザールと、5月13日から始まるラマダン明けの断食明け大祭(ハリラヤ)に開かれるバザールについて、全面閉鎖するとの決定を下した。 期間は5月10日から実施される。 NSCは先に、MCO中の標準運用手順(SOP)を発表した際、スランゴール州については閉鎖が打ち出されたものの、クアラルンプールほかの地域向けのSOPでは時間制限付きで営業が認められると告知されていた。... ...続きを読む
vaccine

ワクチンの国内生産は可能=前保健相-2021/08/30

2021/08/30 科学技術・イノベーション相に任命されたアダム・ババ前保健相は8月28日、国内の専門家を集めればマレーシア製ワクチンの生産は可能との見解を示した。 イスマイル・サブリ首相が先に国内製ワクチン生産の研究開発に注力するよう科学技術・イノベーション省に求めていた。 前保健相は「国内初のワクチン製造は非常に重要」とし、自信を持って進めなければならないとも述べた。 また、ワクチン製造に成功した中国やインド、タイなどとは今後二国間協定を結ぶ計画であることも明らかにし、国内製ワクチンの開発に全力を注ぎたい考えを示した。... ...続きを読む
virus

アールノートが今年最高値 5月末まで感染者数増加の予測-20...

2021/04/19 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は4月18日、自身のフェイスブック上で国内の実効再生産数(アールノート)の平均値が1・19(4月17日現在)に達したことを明らかにした。今年最高値に達しており、さらなる感染者数増加に危機感を募らせている。 同事務次官が発表したグラフによると、3月15日には0・87にとどまっていた。同月25日には1・00まで上がったものの2日後には0・92に落ち着いた。しかし、その後は上昇の一途をたどり、4月10日以降は右上がりが続いた。 国内で最もアールノート値が高いのは4月17日現在でクランタン州の1・32。次にクアラルンプールの1・27、サラワク州の1・23を記録。スランゴール州は1・10だが、1・0を超えているとさらなる感染拡大を招く恐れがある。終息させるには1・0以下を維持しないとならない。最も感染が低いのはペルリス州で現在まで感染者数は1人のみ。次がペラ州の0・57となっている。 同事務次官のグラフでは現在の感染者数は先の予測をはるかに越える数字になっている。5月末までは1日あたり2000人を越える増加を続ける見通しを示している。... ...続きを読む

ワクチン接種完了者 総人口の約32%に-2021/08/16

2021/08/16 アダム・ババ保健相は8月15日、前日までに総人口の約32%にあたる約1042万人がワクチン接種を完了させたと発表した。14日時点の人数で、約52%が1回目の接種を終えたという。 また、成人人口のみに限ると、ワクチン接種完了率は44・5%に達し、1回目の接種率は約72%に到達。14日の1日あたりの接種回数は44万2150回に達した。 一方、アニュアル・ムサ連邦直轄区相は15日、クアラルンプールの成人人口の85%にあたる約150万人がワクチン接種を終えたことに明らかにした。14日までの数字で、1回目のワクチン接種を終わらせた人は250万人。 また、プトラジャヤも8万人超にあたる74%がワクチン接種を完了した。... ...続きを読む

中国製ワクチンもマレーシアに到着-2021/02/27

2021/02/27 新型コロナウイルス対策ワクチンの第二弾となる、中国シノバック(Sinovac)製ワクチンが2月27日午前9時前、マレーシア航空の特別機で北京からクアラルンプール国際空港(KLIA)に到着した。 マレーシア政府はこれまでにシノバック製ワクチン1,200万回分(人口18.75%相当)の確保に向けて交渉を終えており、今回はその一部となる。 到着に際し、アダム・ババ保健相、ワクチン調整担当大臣を兼任するカイリー・ジャマルディン科学技術革新相らが出迎えた。 (写真はASTRO AWANIのニュース映像より)... ...続きを読む

経済担当相「国内経済の回復には半年はかかる」

2020/03/30  ムスタパ・モハメド首相府相(経済担当)は3月29日、新型コロナウイルスの感染拡大で経済が深刻な打撃となっていることを受けて、「経済回復には終息から最低半年はかかる」との見通しを示した。  同相は「適切な戦略を進めた際の妥当な長さ」としながらも、回復を早めるためさらなる方策も検討したいとも話した。  主要産業の一つともなっている観光業が壊滅的な打撃を受けているため、同相は「観光促進活動に集中する必要がある」とも述べた。  また、国内の中小企業は90万社以上に上っているため、中小企業対策も必要とも語り、「政府は(対策についての)協議をする準備中」だとしている。”... ...続きを読む
road

エンデミックへの移行日 来週に決定へ-2022/01/18

2022/01/18 ヒシャムディン上級相兼国防相は1月17日、新型コロナウイルスのエンデミック(日常的な流行状態)への移行日を来週の関係閣議で決定すると述べた。 エンデミックへの移行は「国家復興計画」の4期目に移った後になされる予定だったが、同相は「オミクロン株の増加を受けて、移行宣言を延期した」と説明。当初は1月第1週目に移行させる予定だったという。また、月内にも移行させたい意向を同相は示した。 エンデミックに移行した際は別途、標準運用手順(SOP)が発表される。 関係閣僚会議では国防相のほか、外相、保健相などが議長である首相に対して現況などを説明する。この中で洪水の影響やサウジアラビアからの帰国者の感染状況などの説明も含まれる。 また、海外でもオミクロン株による感染が急拡大しているが、同相は「国内で大規模なロックダウンは行わない」とも改めて言明。国境の再開については「すぐに開放すべきでなく、徐々に再開するほうがいい」とも語った。... ...続きを読む

2月27日までの罹患者は増えず 感染者も概ね快方に

2020/03/05 マレーシアでの新型コロナウイルス「Covid19」罹患者は2月14日以降増えていない。 27日までに国内で陽性と判定された感染者は22人。14日、カンボジアのシアヌークビル港に入港したクルーズ船「ウエステルダム」の乗船客で、マレーシア経由で自宅への帰途につく途中の米国人女性(83)から陽性反応が出たのが見つかったが、これ以降に新たに陽性の判定を受けた人はいない。 一方、これまで入院していた感染者は概ね快方に向かっている。 アハマド保健相によると、2月4日に中国・武漢からのチャーター機でマレーシアに帰国し、その後隔離されていたマレーシア人とその家族計107人の陰性が確認されたという。その後、全員が自宅などへの帰路についた。  107人は政府手配のエアアジア機を使ったチャーター便で帰国。その後、ネグリ・センビラン州ニライにある政府の施設で14日間、隔離されていた。先に行われた2度の検査でいずれも陰性だったことから、全員に対して18日午後、帰宅の許可を出した。 一方、18日には感染し入院していた中国国籍者2人も退院している。 なお、保健省によると、25日時点で796人分の検体を検査中だという。... ...続きを読む

ニュース記事一覧

TOP