サラワク州の藻類培養設備 ちとせグループが設計・監修

サラワク州の藻類培養設備 ちとせグループが設計・監修

シンガポールを拠点にバイオベンチャー企業群を展開するちとせグループ(最高経営責任者・藤田朋宏氏)はこのほど、三菱商事とサラワク生物多様性センターが共同でマレーシアのサラワク州に設立した熱帯環境下における世界最大級の藻類培養設備(1000平方メートル)の設計・監修を行ったことを明らかにした。同設備は、8月27日に開催された三菱商事とSBC共催の開所式で公開された。

三菱商事とSBCは、2012年10月より現地の有用な藻類の収集および実用化を目指したプロジェクトを開始。ちとせグループは、同プロジェクトにおける三菱商事の技術アドバイザーとして、2013年より現場におけるプロジェクト運営やSBC研究員への技術指導を行ってきた。

今回ちとせグループが設計・監修を行った藻類培養設備は、熱帯環境下での効率的な藻類の培養と大規模化を叶える3次元型の培養設備。熱帯環境下の、1年を通じて気温が安定しており日射量も豊富であるという利点を存分に活かせる3次元構造でありながら、大規模化が容易な構造で、また大規模化において重要な建設コストを大幅に抑えたという。昨年11月に竣工、その後、現在に至るまで継続的な培養試験を行い、本設備を利用した商業化の目処が立った。本設備で培養した藻類をエビ養殖・孵化場へ提供し、飼料や水質調整剤としての活用も開始している。

ちとせグループは今後の方針について、熱帯環境下における藻類培養設備のさらなる大規模化と培養の効率化・生産コストの削減を追求し、脱化石資源に向けた藻類バイオマス産業の構築を目指すと述べている。


post in マレーシアの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

超々臨界圧石炭火力発電所が稼働 東芝、三井物産などが参画
超々臨界圧石炭火力発電所が稼働 東芝、三井物産などが参画 マレーシア最大の電力会社、テナガ・ナショナル(TNB)はこのほど、同社の子会社で発電所の建設・運営を手掛けるジマイーストパワーがネグリ・センビラン州ポート・ディ
低炭素化で東京都庁が協力 KL市、削減目標達成に向け
低炭素化で東京都庁が協力 KL市、削減目標達成に向け クアラルンプール市役所(DBKL)は東京都庁と協力し、「クアラルンプール低炭素社会ブループリント2030」で目標および戦略の達成に向けて努力する方針を固めた。ノ
イオン現法、大幅増益 小売部門の貢献で
イオン現法、大幅増益 小売部門の貢献で 小売大手イオンの現地法人イオン・カンパニー(マレーシア)は、第2四半期(4〜6月)の純利益が1945万リンギと、昨年同期からおよそ倍増したと発表した。売上高は前
RHB、保険部門を売却へ 東京海上へ3月末までに
RHB、保険部門を売却へ 東京海上へ3月末までに 地場金融機関RHBバンクは8月26日、決算発表を行った際、同社の保険子会社RHBインシュランスの発行済み株式の94・7%を東京海上ホールディングスに来年第1四半
地場2社を子会社化 朝日印刷、医薬品包材で地固め
地場2社を子会社化 朝日印刷、医薬品包材で地固め 朝日印刷(本社・富山県富山市)はこのほど、マレーシアの印刷会社であるハーレー(Harleigh)マレーシアおよびシン・ニッポン・インダストリーズの各々の株式65
損害車ビジネスで現地法人 大阪のはなまる、KLに進出
損害車ビジネスで現地法人 大阪のはなまる、KLに進出 損害車の買取・販売事業を行う車の総合商社である、はなまる(本社・大阪市住之江区)は8月1日、マレーシアに現地法人「はなまるオートトレーディング」を設立し、クアラ
ニシンと独占販売契約を締結 圧力鍋のワンダーシェフ
ニシンと独占販売契約を締結 圧力鍋のワンダーシェフ 圧力鍋などステンレス製厨房用品の製造販売を行うワンダーシェフ(大阪府豊中市)は8月5日、東南アジア市場への展開をさらに進めるため、マレーシアのニシン(Ni Hs
グリーン物流パートナーシップ会議 日本の国交省支援で初開催
グリーン物流パートナーシップ会議 日本の国交省支援で初開催 日本の国土交通省は、日本の支援によるマレーシア版グリーン物流パートナーシップ会議を7月9日に初開催したと発表した。 日本の同名会議をモデルにしたもので、日・マ

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品