廃車リサイクルで調査 九州メタルなど5者共同で

廃車リサイクルで調査 九州メタルなど5者共同で

西日本鉄道(西鉄)傘下の九州メタル産業(本社・福岡県北九州市)は7月9日、マレーシアにおいて「マレーシアにおける廃自動車の完全再資源化事業 放置自動車対策からのリサイクル事業の創出」と題する調査の実施について発表した。 

これは、マレーシアセランゴール州において現地企業との合弁で自動車リサイクル企業を設立し、廃自動車の破砕、選別・回収、原燃料化利用、金属の再資源化等のリサイクル事業の可能性を調査するもの。同社が実施主体となっているが、その他共同実施者として北九州市、アズサエスイー&イー、エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所、そして現地のBPJベルジャヤが参画している。

この事業は、日本の環境省の公募事業のひとつとなっており、世界規模での環境負荷低減と日本経済の活性化を目的に、循環産業(廃棄物処理・リサイクル)分野での先進的な技術を有する日本企業の海外での事業展開促進を図るものだという。マレーシアは、人口当たりの自動車普及率が東南アジアでもトップレベルだが、路上などへの放置自動車が大きな社会的課題となっている。

九州メタル産業は、同社の持つ廃自動車のリサイクル技術やシステムをマレーシアに導入、事業化することで、同国の抱える課題の解決および同社のビジネス拡大につなげることを目指している。

具体的には、現地企業であるBPJベルジャヤと九州メタル産業との共同出資による自動車リサイクル企業の設立に向け、他の3者と連携しながら、事業化の実現可能性を調査する。予定では今年度中に調査を完了した後、2021年度までに事業化準備、2022年度の事業スタートを目指す。


post in マレーシアの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

損害車ビジネスで現地法人 大阪のはなまる、KLに進出
損害車ビジネスで現地法人 大阪のはなまる、KLに進出 損害車の買取・販売事業を行う車の総合商社である、はなまる(本社・大阪市住之江区)は8月1日、マレーシアに現地法人「はなまるオートトレーディング」を設立し、クアラ
ニシンと独占販売契約を締結 圧力鍋のワンダーシェフ
ニシンと独占販売契約を締結 圧力鍋のワンダーシェフ 圧力鍋などステンレス製厨房用品の製造販売を行うワンダーシェフ(大阪府豊中市)は8月5日、東南アジア市場への展開をさらに進めるため、マレーシアのニシン(Ni Hs
グリーン物流パートナーシップ会議 日本の国交省支援で初開催
グリーン物流パートナーシップ会議 日本の国交省支援で初開催 日本の国土交通省は、日本の支援によるマレーシア版グリーン物流パートナーシップ会議を7月9日に初開催したと発表した。 日本の同名会議をモデルにしたもので、日・マ
日産リーフの新型がお目見え     フル充電で300キロ以上走行
日産リーフの新型がお目見え フル充電で300キロ以上走行 日産車の現地ディーラーであるエダラン・タンチョン・モーターはこのほど、電気自動車(EV)「リーフ」の新型を発売した。 価格は18万8888リンギ。40キロワッ
貸オフィスNOVUXと提携 オフィス24グループ
貸オフィスNOVUXと提携 オフィス24グループ 株式会社オフィス24(本社・東京都新宿区)は7月24日、同社子会社のビジネスエージェント(BA)株式会社がマレーシアのレンタルオフィス「NOVUX」と業務提携し
日マ経済会議に出展 KDDI、ブースには首相の姿も KDDIマレーシアは、先にクアラルンプールで開催された第37回日本マレーシア経済会議に出展、IoT(モノのインターネット)とRPA(ロボティック・プロセス・オー
ハイブリッド車販売が1万台にホンダの現地CKD車
ハイブリッド車販売が1万台にホンダの現地CKD車 ホンダ・マレーシアは7月10日、マレーシアの現地工場で完全ノックダウン生産(CKD)で作られたハイブリッド車の累計販売台数が1万台に達したと明らかにした。
サバ州首相を表敬訪問 日本からの投資家グループ
サバ州首相を表敬訪問 日本からの投資家グループ 7月8日、日本からの投資家グループがサバ州のシャフィー・アプダル州首相を表敬訪問した。 このグループは、和の優グローバル(本社・東京都中央区)のニッコー・ドー

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品