日本航空と共同事業、4月開始へ マレーシア航空、日本路線で

マレーシア航空(MAB)と日本航空(JAL)は12月19日、マレーシアと日本とを結ぶ両社の路線について共同事業を実施に向けて申請していた「独占禁止法適用除外(ATI)」が、マレーシアと日本の関係当局から認められたと発表した。

これを受け両社は4月にも両国を結ぶ2社の運航便について、スケジュールや運賃を共同で調整を行い利便性を高めるなど、より深い連携を取ることができるようになる。

共同事業とは、「ジョイントベンチャー」あるいは「ジョイントビジネス」と航空業界で呼ばれているもので、当該路線(この場合はマレーシア〜日本間)について、スケジュールの最適化のほか、両社で関係路線で得た収入をすべて1つにまとめ公平に分配するといった共有が可能となる。両社は昨年5月に共同事業を結ぶことで合意に至っていた。

他社フライトの座席を自社便名で売るという「共同運航(コードシェア)」よりも深化した関係とみられることから、各国政府当局からATI認可が必要となる。

利用者の目線でみると、両国間路線は今後、運航会社にかかわらず任意の組み合わせでフライトが選べるようになるほか、マレーシア側、日本側それぞれの国内線との接続で乗り継ぎの利便性が上がったり、通し運賃が適用されたりといった調整が期待できる。

JALによる共同事業は、アジアではこれが初めて。

他国との間では、北米線でアメリカン航空(AA)と実施しているほか、欧州線でブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、フィンランド航空、イベリア航空と4社で同様の事業を行っている。

MABは、2014年に長距離国際線の主力機を事故で相次いで2機失ったことで経営難に陥り、翌年に政府系投資会社のカザナ・インターナショナルが受け皿となり国有化された格好となり、経営陣も入れ替えた。ただ、その後も経営状況は好転せず、格安航空会社(LCC)のエアアジアなどとの競争に押され、赤字が続いている。

両社はいずれも航空同盟「ワンワールド」に加盟しており、先にはJALがMABの救済に乗り出す可能性があるとの報道も出ている。

post in マレーシアの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

パビリオンで商品体験型のお茶会 大阪の伝統産業の後継者ユニットが開催
パビリオンで商品体験型のお茶会 大阪の伝統産業の後継者ユニットが開催 大阪の伝統産業の後継者ユニット「ZORI(ぞうり)」は1月10〜12日、クアラルンプール市内のショッピングモール「パビリオン」で商品体験型のお茶会「茶・CHA・
サイバージャヤにデータセンター建設 NTT、マレーシア国内で5カ所目
サイバージャヤにデータセンター建設 NTT、マレーシア国内で5カ所目 NTTグループの海外事業統括会社NTTリミテッドは、セランゴール州のサイバージャヤにマレーシア国内で5つ目となるデータセンター「サイバージャヤ5(CBJ5)」の
マレーシアでも販売開始 エヴァンゲリオン公式EC
マレーシアでも販売開始 エヴァンゲリオン公式EC BEENOSの子会社で、越境ECおよび日本関連コンテンツの海外進出をサポートするビークルーズは、グラウンドワークスが運営する「エヴァンゲリオン公式ECサイト」の
日本の余剰アパレルを活用  在庫処分業者が店舗展開
日本の余剰アパレルを活用 在庫処分業者が店舗展開 在庫処分業を営むShoichi(本社・大阪市中央区)はこのほど、日本国内で出た余剰アパレル衣類を販売するショップを『イセタン・ザ・ジャパン・ストア』にて開業した
約4割がオリンピックに「非常に興味」 ファン・ジャパンが認知度調査
約4割がオリンピックに「非常に興味」 ファン・ジャパンが認知度調査 日本好きの外国人を対象としたコミュニティサイト「ファン!ジャパン」を運営するファン・ジャパン・コミュニケーションズ(本社・東京都港区)は、アジア7カ国のオリンピ
原油の商業生産を開始 JX石油開発、サラワク州沖で
原油の商業生産を開始 JX石油開発、サラワク州沖で JX石油開発(本社・東京都千代田区)は、同社のプロジェクト会社であるJXマレーシア石油開発がサラワク州沖SK10鉱区でオペレーターとして生産・操業を継続している
テクスケムの子会社と締結 スタディストが販売契約
テクスケムの子会社と締結 スタディストが販売契約 スタディスト(本社・東京都千代田区)は12月19日、日系テクスケム・リソーシズ傘下のシー・マスター・フード(SMF)との間でマレーシアにおける「Teachme
11月は17%増加  マレーシアからの訪日客数
11月は17%増加 マレーシアからの訪日客数 日本政府観光局(JNTO)が12月18日に発表した11月の訪日者数統計によれば、マレーシアからの訪日客は同月として過去最高となる6万5000人に達した。前年同月

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品