*週末の読み物*エアアジア・ジャパン、2度目の撤退=マレーシア線などには影響せず-2020/10/11

格安航空会社(LCC)エアアジアの日本法人、エアアジア・ジャパン(本社・愛知県常滑市)は10月5日、国土交通省に対し12月5日付で全路線を廃止すると届け出た。これにより、同社は日本からの2度目の撤退となる。

ただ、今回決定した日本法人撤退と、同社の中長距離運航部門エアアジアX(本社・クアラルンプール)などによる日本乗り入れ国際線各便への直接的な影響はない。

エアアジア・ジャパンは2014年7月、中部国際空港(セントレア)をハブ(運航拠点)としてエアバス製A320型3機を使って主に日本国内線を中心に展開したものの、コロナ禍の影響が長期化したことで、事業継続は無理と判断した。

同社便は10月24日まで、全便運休を決定済み。その後の運航見通しもなく、同社の運航は9月連休が最後となってしまった。従業員については11月4日付で残務処理に必要な人材を残し、解雇する方針だ。

エアアジア・ジャパンをめぐっては、コロナ禍による遅延、運休が相次ぐ中、返金などを受けられていない顧客が多数存在する。同社は、自社便の航空券購入に使えるバウチャーやポイント等で返金の代わりに充てる考えを示していたが、会社の撤退を受け、少なくとも日本国内での使用は困難となった。こうした状況について赤羽国交相は6日、「利用者・関係者への対応に万全を期すよう、必要な指導を行う」と述べた。

post in マレーシアの経済/企業ニュース マレーシアの日系企業ニュース Mtown editor’s column

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

マリンドエア、さらなる業務縮小と人員削減へ-2020/10/20 マリンド・エアは11月末までにさらなる人員削減と運航路線の縮小に踏み切る方針だ。10月19日付のマレー語紙『ブリタ・ハリアン』(電子版)が報じた。 報道に
 *週末の読み物*専門家「首都圏CMCOの期間延長が必要」-2020/10/18 首都圏における「条件付き活動制限令(CMCO)」が10月14日から導入されたが、専門家らの間では、今後の見通しが掴めず、期間の延長を促す声も出始めている。  
IMF、今年のGDP予測を大幅下方修正=マイナス6%に=2020/10/14 国際通貨基金(IMF)は10月13日に発表した「世界経済見通し」のなかで、2020年のマレーシアの国内総生産(GDP)はマイナス6%に落ち込むとの見通しを示した
日本企業の対マ投資「より多様化へ」=岡大使、地元メディアとの対談で=2020/10/12 在マレーシア日本大使館の岡浩大使がこのほど行われた、ベルナマ通信の取材に対し、日本企業による投資について、「投資先としてのマレーシアへの信頼を再認識、投資分野が
首相、ハラル製品の輸出拡大に意欲=第12回世界ハラル会議の演説で-2020/10/11 ハラル開発公社(HDC)が主催する「第12回世界ハラル会議2020」が10月6日、クアラルンプールのマレーシア国際トレード&エキシビジョンセンター(MITEC)
*週末の読み物*先住民族、新型コロナで村を捨てて森へ-2020/10/11 全国で新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、クランタン州南部のグア・ムサン郡に住むオラン・アスリ(先住民族)たちがこれまで定住していた村を捨て、森の中に逃げて
クランのCMCO、経済活動は通常通り=通産相-2020/10/09 アズミン・アリ通産相は10月8日、条件付き活動制限令(CMCO)が9日から導入されるセランゴール州クラン地区について、通常通りの経済活動を許可すると述べた。国家
**週末の読み物**マレーシアでも国勢調査実施=ネット記入者は1割以下-2020/10/04 日本ではこの10月、5年に一度の国勢調査が行われているが、マレーシアでも10年に一度の人口・居住調査が実施されている。ネットでの記入用サイトは7月にオープン、9

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品