日本からのマレーシア向け郵便物引き受けを再開-2011/11/21

日本郵便は、日本発マレーシア宛てのEMS及び航空郵便物の引受けを11月24日から再開すると発表した。船便は引き続き取り扱う一方、SAL便の引き受け再開はしない。

航空便の減便等が継続されていること、また、年末にかけて日本発外国宛郵便物の取扱いが増加することが見込まれるため、引き受けた国際郵便物の配達に遅延が生じるおそれがある。

マレーシア向け郵便物は10月30日以降、一旦引き受けが停止されていた。

post in マレーシアの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

ギフティ、国内のファミマにeギフト販売システムを納入-2020/11/23 eギフトプラットフォーム事業を展開するギフティ(本社・東京都品川区)の現地法人であるギフティマレーシアは、法人向けeギフト販売システム「eギフトシステム」を国内
ノーウェア、新店舗開業でロイヤルセランゴールとコラボ-2020/11 ストリートファッションの「アベイシングエイプ」を展開するノーウェア(本社・東京都渋谷区)がこのほど、新たにクアラルンプールにベイプストアをオープンしたのに伴い、
JNTOがオンラインで訪日旅行セミナー・商談会実施-2020/11/16 JNTOクアラルンプール事務所では、2020年度のビジット・ジャパン事業の一環として、現地旅行会社等を対象としたオンライン訪日旅行セミナー・商談会を開催する。
菅首相、ASEAN首脳会議に参加=実施はオンラインで-2020/11/13 菅義偉首相は11月12日、総理大臣官邸でASEAN(東南アジア諸国連合)首脳とのテレビ会議に及んだ。 会談で菅首相は日本が掲げている「自由で開かれたインド
京セラ関連会社、現地社買収-2020/11/08 京セラドキュメントソリューションズ(本社・大阪市中央区)は、このたびマレーシアにおいてドキュメントソリューション事業を行う地場法人ジスナの事業を取得し、
サラワク経済開発公社、日系2社と水素事業で覚書-2020/11/02 エネオス(本社・東京都千代田区)は、サラワク経済開発公社(SEDC) 傘下のSEDCエネルギーおよび住友商事(本社・東京都千代田区)と共に、再生可能エネルギーを
セコム、アイルランド社のマレーシア現法を取得-2020/11/02 セコム(本社・東京都渋谷区)はアジア地域におけるセキュリティ事業拡大を目的に、マレーシア、シンガポールにあるセキュリティ会社2社の発行済み株式100%を取得し、
日本からのマレーシア向け航空・EMS便引き受け見合わせ-2020/10/31 日本の郵便局は10月30日、日本からマレーシア宛てのEMS及び航空郵便物の発送を見合わせる旨発表した。 これは25日、マレーシアの郵便事業者ポスマレーシア

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品