バト桃田選手が全日本で優勝=KL郊外での事故から初の実戦-2020/12/28

今年1月、クアラルンプール郊外の高速道路で交通事故に遭い、実戦から遠ざかっていた男子バトミントンの桃田賢斗選手が12月27日、全日本総合選手権の決勝で勝利し3連覇を達成した。

桃田選手は1月12日、バドミントン・マレーシア・マスターズの男子シングルス決勝戦で勝利し優勝。ところが、その翌日早朝、高速道路マジュ・エキスプレスウェイ上で他の選手ら4人とバンでクアラルンプール国際空港(KLIA)に向かう途中、バンがトラックと衝突。この事故で運転手は即死した。

全日本総合選手権で桃田選手は346日ぶりに実戦復帰する格好となった。事故後の今年2月には「シャトルが2重に見える」と訴え、右眼眼窩底骨折が発覚。一時は現役復帰さえも危ぶまれていた。ただ、コロナ禍であらゆる大会が延期。出場が確実視されている東京五輪も来年の開催となり、メダル獲得が期待されている。

post in マレーシアのその他のニュース マレーシアの日系企業ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

Grabのプレミアム車両で「ナノイー X」による快適な移動空間を提供-2021/01/21 パナソニック株式会社は、東南アジアで配車や宅配、決済などさまざまなサービスを統合したアプリを運営するGrab Holdings Inc.と共同で、車内の空気を清
ANA、帰国者向けサービス案内サイトを開設-2021/01/19 ANAは1月15日、国外からコロナ禍のさなかに帰国する搭乗客向けに「ご帰国あんしんサービス」の一環として、案内用にウェブサイトを新たに開設した。 帰国後の
日本の「水際対策強化」、自主隔離の規定徹底へ-2021/01/14 日本の外務省は1月13日、日本への入国者に求められる14日間の自主隔離期間における規定遵守を求めるため、新たな施策を発表した。マレーシアからの帰国者にも適用され
マレーシアから日本への「レジデンストラック」が一時停止に-2021/01/14 日本の外務省は、マレーシアから日本への入国条件緩和措置である「レジデンストラック」を一時停止すると発表した。11都府県を対象とした緊急事態宣言の発出に伴うもので
《MCO関連》MCO中の運用が許可される重要な業種について=MITI発表-2021/01/12
《MCO関連》MCO中の運用が許可される重要な業種について=MITI発表-2021/01/12 マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)が1月12日に配布した、MITIの「MCO中の運用が許可される重要なサービス(業種)について」の翻訳(要旨)を掲載しま
〈帰国関連情報〉マレーシアからの日本入国にもPCR検査が必要に 日本の首都圏に1月8日、「緊急事態宣言」が発令されたに伴い、日本における水際対策として、マレーシアからの帰国でもPCR検査等の結果提出が求められることになった。
マレーシア日通、空港拠点が医療機器物流の品質基準認証を取得-2021/01/06 マレーシア日本通運はこのほど、同社のクアラルンプール国際空港(KLIA)支店が医療機器局から医療機器物流の品質基準認証(GDPMD)を新たに取得したと発表した。
★大使館より★ MCO前後のオーバーステイ等に際する特例措置についての再追加情報-2021/01/05 ●2021年1月1日の領事メールでお知らせした、活動制限令(MCO)前後のオーバーステイ及び滞在許可失効に際する特例措置の終了( https://www.my.

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品