日本の「水際対策強化」、自主隔離の規定徹底へ-2021/01/14

日本の外務省は1月13日、日本への入国者に求められる14日間の自主隔離期間における規定遵守を求めるため、新たな施策を発表した。マレーシアからの帰国者にも適用される。

それによると、「14日間の公共交通機関不使用」「14日間の自宅又は宿泊施設での待機位置情報の保存」「保健所等から位置情報の提示」を求められた場合には応ずること等について誓約を求める。

誓約に違反した場合には、「検疫法上の停留の対象にし得る」とした上で、日本人については、「氏名や感染拡大の防止に資する情報の公表」、在留資格保持者については、「氏名、国籍や感染拡大の防止に資する情報を公表」するとともに、「出入国管理及び難民認定法の規定に基づく在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得る」と説明している。

なお、具体的な取り締まりの方法については明らかになっていない。

post in マレーシアのその他のニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

バドの全英オープン、リー・ジージャ選手が男単で優勝-2021/03/22 英国バーミンガムで3月21日に最終日を迎えたバドミントンの全英オープン男子シングルス決勝で、リー・ジージャ(李梓嘉)選手が、デンマークのビクトル・アクセルセン選
マレーシアから日本への「レジデンストラック」が一時停止に-2021/01/14 日本の外務省は、マレーシアから日本への入国条件緩和措置である「レジデンストラック」を一時停止すると発表した。11都府県を対象とした緊急事態宣言の発出に伴うもので
★大使館より★ 外国運転免許証のマレーシア国内免許証への切替え再開-2020/12/28 2018年9月24日以降、マレーシア政府は、外国運転免許証のマレーシア国内運転免許証への切替えを一時停止していましたが、今般、当館よりマレーシア運輸省へ確認した
バト桃田選手が全日本で優勝=KL郊外での事故から初の実戦-2020/12/28 今年1月、クアラルンプール郊外の高速道路で交通事故に遭い、実戦から遠ざかっていた男子バトミントンの桃田賢斗選手が12月27日、全日本総合選手権の決勝で勝利し3連
人気バンド「レフトハンディッド」のコンサート、コタバルでは承認-2020/12/28 クランタン州コタバル市はマレー人の人気ロックバンド「レフトハンディッド」のコンサート開催を許可した。 ただ、新型コロナウイルス感染防止向けの標準運用手順(
入国管理局の窓口、12月7日から再開-2020/12/06 マレーシア入国管理局は、国内にあるすべての手続き窓口を12月7日から再開する。 ただし、全てのサービスはオンラインでの予約制となっている。 また、「
松原みきの 40 年前のシングル 世界 47 カ国で大人気-2020/12/1 1979年 11 月に歌手 ・ 松原みきさんがリリースしたシングル「真夜中のドア /stay with me 」がマレーシアを含めた世界 47 カ国で人気を博し
【大使館より】6月10日以降のマレーシア入国時に必要な手続 -2020/06/11 以下は、在マレーシア日本大使館が6月11日午後発出したものです。 ●6月9日,マレーシア国家災害管理庁(NADMA)から,6月10日以降にマレーシアに入国

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品