さよならウーバー グラブが東南アジア事業を買収を発表

さよならウーバー グラブが東南アジア事業を買収を発表

米最大手の配車サービス、ウーバーテクノロジーズは3月26日、東南アジア事業をシンガポールの同業である「グラブ」に株式を売却することを発表した。グラブは人口6億2000万人を有する東南アジア8カ国で、ウーバーの配車サービスに加え、フードデリバリーの「ウーバーイーツ」も引き継ぐ。売却額は明かされていないが、ウーバーはグラブの株式27・5%を取得する。ウーバーは2016年に世界最大の中国市場で、競合していた滴滴出行(北京市)に中国事業を売却しており、今回も同様の敗戦を喫した形だ。

ウーバーは今後業務をグラブに移管する。ウーバーへの配車依頼などについては4月8日までは同社からの提供になるが、それ以降はグラブからの提供になると同社は3月26日に発表した。

グラブのアンソニー・タン最高経営責任者(CEO)は「買収に伴い、コストがより低くできる」と述べ、運賃もさらに安くなる可能性があるとも指摘した。

株式市場では、ウーバーとグラブ双方に出資する日本のソフトバンクグループが、東南アジア地域から競合を一掃して「1人勝ちする」との見方も出ている。同グループは、2025年までに東南アジア地域の配車アプリ事業が201億米ドル(約2兆904億円)規模に達すると見通している。

今回の報道を受けてマレーシアの市民の間には、「グラブの独占状態になるのでは」との懸念が広まっている。副業としてグラブでドライバーをする男性は、競合がなくなることで、ドライバーに支払われる取り分が低く抑えられることを懸念。男性によれば、グラブとウーバーはこれまで、ドライバーに各種手当を施すことで互いに発展を促してきた面があるという。また、利用者側は、ツイッターなどに「料金が上がるのでは」「プロモーションコードが減らされるのでは」といった料金に関する不安の声を上げている。

また、ウーバーが手がける出前アプリ「ウーバーイーツ」は5月末まで利用可能で、その後は「グラブフード」に切り替わる予定だ。(Mtown)

米最大手の配車サービス、ウーバーテクノロジーズは3月26日、東南アジア事業をシンガポールの同業である「グラブ」に株式を売却することを発表した。グラブは人口6億2000万人を有する東南アジア8カ国で、ウーバーの配車サービスに加え、フードデリバリーの「ウーバーイーツ」も引き継ぐ。売却額は明かされていないが、ウーバーはグラブの株式27・5%を取得する。ウーバーは2016年に世界最大の中国市場で、競合していた滴滴出行(北京市)に中国事業を売却しており、今回も同様の敗戦を喫した形だ。

ウーバーは今後業務をグラブに移管する。ウーバーへの配車依頼などについては4月8日までは同社からの提供になるが、それ以降はグラブからの提供になると同社は3月26日に発表した。

グラブのアンソニー・タン最高経営責任者(CEO)は「買収に伴い、コストがより低くできる」と述べ、運賃もさらに安くなる可能性があるとも指摘した。

株式市場では、ウーバーとグラブ双方に出資する日本のソフトバンクグループが、東南アジア地域から競合を一掃して「1人勝ちする」との見方も出ている。同グループは、2025年までに東南アジア地域の配車アプリ事業が201億米ドル(約2兆904億円)規模に達すると見通している。

今回の報道を受けてマレーシアの市民の間には、「グラブの独占状態になるのでは」との懸念が広まっている。副業としてグラブでドライバーをする男性は、競合がなくなることで、ドライバーに支払われる取り分が低く抑えられることを懸念。男性によれば、グラブとウーバーはこれまで、ドライバーに各種手当を施すことで互いに発展を促してきた面があるという。また、利用者側は、ツイッターなどに「料金が上がるのでは」「プロモーションコードが減らされるのでは」といった料金に関する不安の声を上げている。

また、ウーバーが手がける出前アプリ「ウーバーイーツ」は5月末まで利用可能で、その後は「グラブフード」に切り替わる予定だ。(Mtown)


post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

ペラ・スルタン 臨時国王に就任
ペラ・スルタン 臨時国王に就任  ペラ州のスルタン・ナズリン・シャーは2日、マレーシアの臨時国王に就任した。スルタン・ムハンマド5世国王が治療のため、12月31日まで臨時国王を務める。
連邦直轄区省 名称変更を検討
連邦直轄区省 名称変更を検討  クアラルンプール、プトラジャヤ、ラブアン島を管轄する連邦直轄区省が名称変更を検討している。カリド・サマド連邦直轄区相が明らかにした。  同省は3地域全体
MM2H保有者の住宅購入許可数 中国人が最多
MM2H保有者の住宅購入許可数 中国人が最多  住宅・地方自治省のラジャ・カマルル副大臣は1日、定年退職者向けプログラム「MM2H」の査証保有者が申請した住宅購入許可件数が2007年以来、4499件となって
ゴーKLバス 巡回コースを拡大へ
ゴーKLバス 巡回コースを拡大へ  クアラルンプール市役所(DBKL)は3日、市内中心部を無料で巡回するゴーKLバスのルートを住宅地にまで拡大したい方針を示した。ノール・ヒシャム市長が明らかにし
教員3人を収賄罪で逮捕
教員3人を収賄罪で逮捕  汚職取締庁(MACC)は2日、スランゴール州クランの初等学校で働く教員3人を収賄罪で逮捕した。うち1人は校長だった。  MACC職員が逮捕したときに3人
グラブ運転手への強盗犯9人を逮捕
グラブ運転手への強盗犯9人を逮捕  スランゴール州アンパン・ジャヤ警察署は3日、グラブ運転手らに強盗を働いていた容疑者9人を今月1日に逮捕したことを明らかにした。  容疑者らはこれまでにア
マハティール首相 桐花大綬章を受章
マハティール首相 桐花大綬章を受章  5日から7日の日程で訪日したマハティール首相は6日に今秋の叙勲で贈られた桐花大綬章を受章した。同日に大綬章親授式が皇居で行われた。日本の勲章のなかでは最高位勲
車のチャイルドシート設置を義務付けへ
車のチャイルドシート設置を義務付けへ  アンソニー・ローク運輸相はこのほど、2020年までに子どものいる家庭の自家用車へのチャイルドシートの設置を義務付けると述べた。当初は年内に義務付ける方針だった

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品