ジョホールバルでの殺人事件 14人を逮捕 麻薬取引の金銭問題が原因か

ジョホールバルでの殺人事件 14人を逮捕 麻薬取引の金銭問題が原因か

ジョホール州ジョホールバルのガソリンスタンドで発生した殺人事件で、マレーシア国家警察は12月21日までに男女14人を逮捕した。麻薬取引をめぐる金銭問題が殺人の原因だったと警察はみている。
逮捕されたのは16~26歳までの男女。ジョホールバルやペナン、シンガポールでそれぞれ逮捕された。警察は容疑者がほかにもいるとみており、逮捕者はさらに増える見込み。
これまでの警察の調べでは、殺害されたタン・アイクチャイ(44)さんは秘密組織の一員で、麻薬取引のリーダーで高利貸しもしていたという。
警察はまた、殺人現場で使われた高級車と凶器となったナイフの行方も追っている。
この事件は12月17日午後7時半ごろ、タンさんが車のタイヤに空気を注入していたところ、男4人組がタンさんを襲ってナイフで刺し、容疑者らの車でひき殺された。


post in マレーシアの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

電力TNB 太陽光発電6社と買電契約を締結
電力TNB 太陽光発電6社と買電契約を締結 電力会社トゥナガ・ナショナル(TNB)は3月27日、太陽光発電による電力の買電契約を6社と締結した。買電価格については発表されていない。契約期間は21年間。
公共交通機関の利用者数1日121万人  MRT開通で車両16万台減
公共交通機関の利用者数1日121万人  MRT開通で車両16万台減 マレーシア政府が先ごろ発表した年次報告書によると、2017年の公共交通機関(鉄道・バス)の利用者数が1日あたり121万人だった。このうちLRTが同約45万700
KLIA 世界空港ランキングで順位落とす
KLIA 世界空港ランキングで順位落とす 航空サービス関連の調査会社の英系スカイトラックスはこのほど、2018年の世界空港ランキングを発表した。クアラルンプール国際空港(KLIA)は前年から10ランクを
白血病の男性 飛行中に機内で突然死
白血病の男性 飛行中に機内で突然死 クアラルンプール国際空港(KLIA)発のサラワク州クチン国際空港行きのマリンドエアの機内で3月25日午前、男性(46)が突然死する事故があった。男性の死因は白血
テロ容疑で7人逮捕 ジョホールとサバ両州で
テロ容疑で7人逮捕 ジョホールとサバ両州で フジ警察長官は3月24日、非イスラム教の宗教施設への襲撃を企てた容疑などでジョホール州とサバ州で7人を逮捕したことを明らかにした。2月27日~3月15日にテロ対
IS関連の逮捕者389人に 犯罪率は低下傾向=警察長官
IS関連の逮捕者389人に 犯罪率は低下傾向=警察長官 フジ警察長官はこのほど、2013年以降、マレーシア国内で国際テロ組織「イスラム国(IS)」に関連した罪で389人が逮捕されたことを明らかにした。直近では2月末か
政府 道路税未払いの運転手に更新促す
政府 道路税未払いの運転手に更新促す リアウ運輸相はこのほど、道路税を支払わずに運転している自動車保有者に対して更新を促した。6月末まで条件付きで更新できると述べた。 同相によると、現在国内の
MRT利用者数1日13万人 黒字化には25万人
MRT利用者数1日13万人 黒字化には25万人 オスマン・アジズ副財務相は3月26日、昨年開通した首都圏のMRTの1日あたりの利用者数が13万~14万人にとどまっていることを明らかにした。1日25万人が利用し

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品