共有繁栄ビジョン2030を発表 首相、生活水準の向上を目指し

マハティール首相は10月5日、今後10年の経済発展の指針となる「共有繁栄ビジョン2030」を発表した。

ビジョンでは特に民族や社会階層、地域に関係なく、マレーシア人全体の生活水準を引き上げることを主眼に置き、2030年までに「アジアの虎」になることを目指す。

ビジョンでは3つを目的に据えている。①すべてのグループがともに発展できるように知識をベースにした経済への再編成、②誰もが取り残されないよう、収入格差を縮める、③融和と繁栄を築き上げてアジアの新たなセンターとなる。

この目的達成を目指し、市場や投資家への信頼を高めるための財政的な持続可能性、熟練労働者を増加させるための成果ベースの教育を実施、中小企業に優しい財政支援などを含む8つの重点ポイントを挙げた。

また、今後10年で政府が注力する経済分野は15分野で、デジタル経済や第4次産業革命、ASEANのハブ、ハラルフードのハブなどを挙げた。

さらに、社会全体が平等に発展することを政府として見極めるため、融和、反汚職、宗教調和、健康、環境気候変動、反麻薬、犯罪防止、隣人との調和といった8つの指標を新たに導入する。

首相は「過去10年は経済を自由化しようとし、国民総生産(GDP)の数字を上げて、高所得国家となることを目指していたが、これは低所得者層と低技能労働者に多くを依存する低価値経済のモデルにさせてきた」と批判。マレーシア人にとって次のレベルに移る時期に来ているとし、テクノロジーやデータをベースにした経済を構築するときが来ていると語った。

post in マレーシアの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

さらに4月末まで合意延期 JB〜シンガ間鉄道計画
さらに4月末まで合意延期 JB〜シンガ間鉄道計画 先ごろ続行が決定したジョホールバル(JB)とシンガポールを結ぶ高速鉄道輸送システム(RTS)計画について、マレーシア側がシンガポール側にさらに6カ月の合意延期を
来年から外国人は有料に スマート・セランゴールバス
来年から外国人は有料に スマート・セランゴールバス セランゴール州政府は州内(クアラルンプールも含む)を走る無料の「スマート・セランゴールバス」の運賃として来年以降、外国人から1人1リンギを徴収する。ン・ツェハン
外国運転免許証からの切替交付再開へ MM2H取得者向け
外国運転免許証からの切替交付再開へ MM2H取得者向け 道路交通局(JPJ)が11月1日付で海外在住のマレーシア国民及び外国人の長期滞在を奨励する「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」プログラムで滞在する
KLで試験的に導入へ 二輪車配車サービス=1月から
KLで試験的に導入へ 二輪車配車サービス=1月から アンソニー・ローク運輸相は国会で11月5日、二輪車配車サービスをクアラルンプールで1月から半年間、試験的に導入すると明らかにした。 同相は半年間かけて実証実験
首相「後任はアンワル氏」 次期総選挙までに退任へ
首相「後任はアンワル氏」 次期総選挙までに退任へ マハティール首相は11月3日、自身の後任はアンワル・イブラヒム氏(人民正義党総裁)であると改めて述べた。 アズミン経済相に移譲するのではないかとの憶測も出てい
ティオマン島の空港、近く着工へ ペラ州州首相が言及
ティオマン島の空港、近く着工へ ペラ州州首相が言及 パハン州のワン・イスマイル州首相は、ティオマン島における新空港の建設計画について、内閣から承認を得たとして、近く工事を開始すると明らかにした。 空港を建設する
国王、東京でのイベントを視察 ラグビーW杯決勝観戦の訪日で
国王、東京でのイベントを視察 ラグビーW杯決勝観戦の訪日で 東京を訪れたアブドゥラ・リアヤトゥッディン・マレーシア国王は11月2日、新宿中央公園・水の広場で開かれていた「マレーシア・フェア2019」の視察に訪れ、ブースな
虚血性心疾患がトップ 2018年の国民の死因
虚血性心疾患がトップ 2018年の国民の死因 マレーシア統計局は10月30日、2018年の死因ランキングを発表した。 これによると、最多は虚血性心疾患で全体の15・6%(1万8267人)を占め、2017年

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品