18歳も投票、立候補も可能に  ジョホール州で11月に補選

18歳も投票、立候補も可能に  ジョホール州で11月に補選

ジョホール州タンジュン・ピアイ選挙区で11月16日に下院議員補選が実施される予定だ。同選挙区は首相府副大臣のモハマド・ファリド議員(42)が9月21日に心臓発作で死去したために実施される。

この補選は2つの点で注目されそうだ。

1つ目は選挙権と被選挙権が18歳に引き下げられて以来、初の国政選挙となり、18歳の候補者も立候補する可能性があるからだ。政府は今年7月に21歳から18歳に引き下げる法案を提出して賛成多数で上下院で可決・成立していた。年齢を引き下げたことで、有権者数も大幅に増え、各政党はソーシャルメディアもさらに駆使して選挙戦を繰り広げる。

また、2つ目の注目点は野党の統一マレー人国民組織(UMNO)と全マレーシア・イスラーム党(PAS)が政治協力を正式に結成してから初めての選挙であることだ。

昨年5月の政権交代後に行われた補選はすでに8回目となるが、UMNOは全敗している。PASと協力関係に入ったことへの「信任投票」の意味合いも選挙では考慮されるだろう。

前回の選挙では与党の希望同盟(PH)は2万1255票を獲得した一方で、UMNOが率いる国民戦線(BN)は2万0731票と524票差で負けた。PASの候補者は2962票を獲得し、今回の政治協力が信任されれば、議席獲得も可能とみられる。

ただ、この選挙区は華人系の有権者が42%にのぼり、マレー系は57%。UMNOとPASにとって華人系有権者をどう取り込めるかが最大の焦点ともなる。


post in マレーシアの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

【新着】新型コロナ、14日ぶりに死者発生 -2020/06/06 保健省によると、6月5日正午までの24時間で新型コロナウイルスの新規感染者が19人増加となり、累計で8266人となった。新規感染者のうち、帰国者から7例が見つか
【新着】首相、経済回復プランを発表=総額350億リンギ -2020/06/06 ムヒディン首相は6月5日、新型コロナウイルス感染拡大による活動制限令(MCO)の導入で経済に甚大な影響が出ているため、新たな経済回復プラン(PENJANA)をテ
飲酒運転の11人、罰金刑の判決-2020/06/05 クアラルンプール下級裁判所は6月4日、前日に飲酒運転で逮捕された11人に対して1人あたり罰金2500~3500リンギの処罰を科した。 11人は29歳から57歳
入国希望者に事前PCR検査義務化も-2020/06/05 保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は6月3日、マレーシアへの入国希望者に対して入国前に最低3日間にわたってPCR検査を義務付けることを検討していること
プリンの食中毒で1人が死亡=トレンガヌ州で-2020/06/04 トレンガヌ州で断食明け大祭(ハリラヤ)時に食べたプリンが原因で食中毒になった事件で、同州保健局は6月3日、1人が死亡したことを明らかにした。 亡くなったのはハ
首相が隔離から解放、4日から業務再開-2020/06/04 自主隔離に入っていたムヒディン首相が6月4日にも解放され、業務を再開する。保健省のノール・ヒシャム事務次官(衛生総監)は6月3日、明らかにした。PCR検査を再度
シャーアラムのハイパーマート、8日間の営業停止-2020/06/03 セランゴール州保健局は6月2日、シャーアラム・セクション13にあるハイパーマーケットに対して8日間の営業停止処分を下した。条件つき活動制限令(CMCO)で義務付
KL市役所、アルコール飲料販売許可の付与を凍結-2020/06/03 クアラルンプール市役所(DBKL)は6月2日、新規のアルコール飲料販売許可の付与を同日から凍結すると発表した。 DBKLはフェイスブック上で発表したが、理由や

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品