手足口病患者数が激増ジフテリア感染者も増える

保健省はこのほど、今年8月上旬までの国内の手足口病感染者数が2万3454人に達し、前年同期比17・8%となったことを明らかにした。スランゴール州(7471人)が全体の3割を占め、特にプタリン地区やフル・ランガット地区、クラン市が多数を占めている。次にサラワク州3007人、ジョホール州2294人、クアラルンプール市が2084人などとなった。同省によると、症状を見過ごしている傾向があり、増加に拍車をかけている。
 
トレンガヌ州は全体から見ると感染者数は401人と少ないが、1月から8月20日までで前年同期比172・8%増を記録。同州内の9つの保育所を10日間閉鎖する措置を同州政府が出した。これら保育所では赤ちゃん14人が感染したという。
 
手足口病は子どもが感染しやすく、発熱や口内炎のほか、手足に水疱性の発疹が出る。
保健省はまた、スランゴール州で3歳の男児がジフテリアに感染したことを明らかにした。国内で27人目となった。8月13日に病気になり、その後は病院の集中治療室で治療を受けている。予防接種は受けていなかった。
 
男児が接触した14人をすでに検査したが、感染の疑いはないという。サバ州やクダ州、マラッカ州でもこのほど、感染者が見つかっており、同省は予防接種を呼びかけている。
15歳以下にかかりやすいジフテリアは飛沫感染でうつり、高熱や咳などの症状が出る。(Mtown)

post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

関連ニュース

「ヘイズは9月中旬まで続く」 モンスーンとインドネシアの野焼きが元凶か マレーシア気象局は8月8日、マレー半島やボルネオ島で発生しているヘイズ(煙害)が9月中旬まで続くと予測した。これまでマレー半島ではヘイズは確認されていなかったが
サービス業4業種の外国人労働者雇用 2021年までに段階的に停止へ
サービス業4業種の外国人労働者雇用 2021年までに段階的に停止へ ムヒディン・ヤッシン内務相は8月8日、4業種のサービス業の外国人労働者雇用を2021年までに段階的に停止すると発表した。4業種とは洗濯店、理容店、衣料品店、金細
仙台便の運航権が取り消し マリンドによる申請が無効に
仙台便の運航権が取り消し マリンドによる申請が無効に マレーシア航空委員会(MAVCOM)が8月9日に発表した航空交通権(ATR)動向によると、マリンド・エアが運航を申請していたクアラルンプール〜台北〜仙台間のAT
ペナンなどで暴風雨=1人が死亡 北部3州で大きな被害
ペナンなどで暴風雨=1人が死亡 北部3州で大きな被害 ペナン、クダ、ペルリスの北部マレーシアにある3州で8月9日夜、暴風雨が吹き荒れ、歩道橋や大木などが倒れる被害があった。ペナン州とクダ州ではそれぞれ1人が死亡し、
30万リンギ盗まれる ペラ州でATMを爆破 
30万リンギ盗まれる ペラ州でATMを爆破  ペラ州タンジュン・マリムのジャラン・ハジ・ムスタファ・ラジャ・カマラの銀行で12日午前6時半ごろ、ATM3台を爆破して中にあった現金30万リンギ以上が盗まれる事
電線泥棒が感電死か ジョホールの工業団地
電線泥棒が感電死か ジョホールの工業団地 ジョホール州ジョホールバルのタンジュン・ランサット工業団地で8月7日、男の遺体が発見された。国営電力テナガ・ナショナル(TNB)の配電盤からの電線を切断して盗も
マレーシア発着便にも影響 香港国際空港のデモ活動で
マレーシア発着便にも影響 香港国際空港のデモ活動で 香港では、中国本土への犯罪容疑者引き渡しをできるようにする「逃亡犯条例改正案」の撤回などを求める市民によるデモ活動が続いている。主に週末に行われているデモ活動は
大型連休時の重量車両 運輸省、通行禁止を検討
大型連休時の重量車両 運輸省、通行禁止を検討 カマルディン・ジャファール運輸副大臣は8月11日、大型連休時の重量車両の通行禁止を検討すると明らかにした。学校の休みとぶつかることもあり、渋滞を緩和させるためと

マレーシアニュースタグ

ASEAN IS IT アニメ イスラム イベント インターネット インフラ エネルギー オンライン ジャカルタ スマトラ ダイハツ テロ デモ ドローン バンコク ホテル マレーシア モール 不動産 事件 事故 交通 人口 人身売買 住宅 化粧品 医療 強盗 新サービス 旅行 最低賃金 株式取得 火災 環境 病院 空港 自動車 裁判 詐欺 警察 選挙 鉱業 食品