スレンバンで人気の本格タイ料理 2017年末にプチョン店オープン

メイン Chicken cashew nut in crispy yam basket

クアラルンプールから車で約1時間、スレンバンにある「D」バンコクウォック」は、本格的なタイ料理が楽しめる人気のレストランです。シェフをはじめ、スタッフの多くがタイ出身、食材をそのほとんどをタイから輸入しています。象の置物やタイ語のサインなど、本場を意識した店内は、禁煙席と喫煙席に分かれ、2つの個室もご用意(8人用/ 20人用)。屋外には4つのテーブルがあり、開放的な雰囲気で賑わえます。自慢の料理の数々は、野菜やハーブを使ったデコレーションで彩られ、見た目にも華やか。イベントやパーティーにも引っ張りだこのお店です。

シェフのおすすめ料理で、まずは前菜「ミヤンカム」。コショウ科のバイチャプルーという葉に、ピーナッツ、ココナッツ、生姜、チリ、ライムなど、好みの具材を包み、自家製の海老ペーストにつけてほおばると、口いっぱいに爽やかな風味が広がります。

また、必ず注文したいのが、酸味と辛味が混ざり合うトムヤムスープ。一人前から注文できる「トムヤムポーテック」には、定番の海老だけでなく、イカ、アサリ、カニ、魚の切り身など、海の幸がふんだんに投入されています。クリアスープに魚介の旨味が染み出し、ほのかな甘味も加わりますが、一口目よりも三口目あたりから辛さがガツンと効いてくるのでご用心。

可愛らしいバスケットに盛り付けられているのは、鶏肉とカシューナッツの野菜炒め。シェフが愛情をこめて作るヤムイモのバスケットも食べられ、クリスピーな食感が料理にアクセントを添えてくれます。

「D ‘Bangkok Wok」は、2012年にディスコソンに開業した「Double Queue」に続き2号店で、2017年末にはKLからのアクセスが便利な選択に3号店をオープン予定とのこと。これは楽しみですね!

 

メニュー例:

ミアン・カム(ミヤンカム)RM21.90

チキンフィートサラダRM15.90

クリアTom Yam Po Taek RM16.90(二人前RM 29.90 /四人前RM55.90)

チキンカシューナッツ、クリスピーヤムバスケットRM19.90

グリーンカレーチキンRM16.90

 

店データ:

D ‘バンコクウク

住所:No.337、Jalan S2 B8、Uptown Avenue、Seremban 2、Seremban(都市)

電話番号:+606 601 4416

営業時間:11:00ー23:00

 

<ポートディクソン店>

ダブルキュー

住所:4-16-18、Persiaran Waterfront、Port Dicson、Negri Sembilan 71000

電話番号:+606 646 3139 / +6011 3355 5331

営業時間:11:00〜23:00

*プチョン店2017年末オープン予定!

チキンフィートサラダ

 

クリエイトヤムポテック

D 'バンコクWok1

D 'バンコクWok2

ミアン・カム

  • 電話番号 : +606 601 4416
  • Website :
  • 価格帯 :
  • 住所 : No.337, Jalan S2 B8, Uptown Avenue, Seremban 2, Seremban (City)
  • 営業時間 : 11:00ー23:00

Related Review

昭和レトロな空間で、豚肉料理とお酒でエネルギーチャージ お店に入った瞬間、ノスタルジックな昭和にタイムスリップするのは、昨年デサ・スリハタマスにオープンした
新鮮な魚介類と丁寧な味付け 日本人が喜ぶ日本の味を 和食店が数多くひしめくスバンジャヤで、長年に渡り人気を誇る「寿楽(じゅらく)」は、ローカライズされる
日本の「心」も感じられる和みの空間 豊富なお酒と特別メニューが光る店 デサスリハタマスに昨年7月にオープンした「吉津蔵」は、店頭に輝く赤い提灯が目印。靴を脱いで店内あがる
サクッとした衣、ジューシーな肉がクセになる!とんかつ屋「まめとん」 海外へ滞在すると、恋しい日本食リストに「とんかつ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。「まめ