【RMCO向け】国際免許証の日本における代理申請〔準備編〕

今使っている国際免許証が失効している人がいるかもしれません。とりあえず「RMCO」の終了から1ヵ月はそのまま使って良いことになっています。しかし、しばらくの間日本との往復ができないことを考えると、更新申請を進めるオプションも考えておくべきでしょう。書類の郵送等の手間はありますが、代理申請で取得することができますから、必要に応じて準備しておきたいものです。

【注意】
国際免許証と日本の免許証は常に両方を持って運転しましょう。
国際免許証だけを携帯して運転している人も多いかもしれません。本来の規則では、日本の免許証も必ず同時に携帯して運転することが求められます。したがって郵送での更新申請の最中に、国際免許証だけを持ってマレーシアで運転することはお勧めしません。

***代理申請のフロー***

送付などのフローは次の通りです。

1.申請先に確認…必要書類、受付時間などを聞く

2.日本の実家などに関係書類を送付

3.実家などの代理人が申請へ

4.受領後、日本からマレーシアへ送付
(2〜4の所要時間は最短で8日程度、平均で2週間ほど)

***代理申請にかかる費用***

おおまかな必要費用は次の通りです。
・マレーシアから日本への国際クーリエの送付代
POS LajuのEMSで71.50リンギ、DHLで119リンギ
送達速度と金額とを秤にかけて、良いと思われる方法を選んでください。その場で送付方法を選べる、MAIL BOXES ETC.に行くのが良いかもしれません。
・証明写真の撮影料
Photoブースで撮ればーーリンギですが、仕上がり寸法に注意を。
・申請料実費
受領時に2400円。印紙を買って所定の紙に貼って提出します。
・日本からマレーシアへの国際クーリエの送付代
郵便局のEMSなら1400円、DHLなら所定の封筒利用で5500円から、となっています(500gまで)。