Archives : ひったくり

News 8

インド人観光客にひったくり 通行人が容疑者取り押さえ

クアラルンプール市メイバンク本社近くのジャラン・ハンレキウで16日午後、道路を渡ろうとしていたインド国籍の女性観光客が二輪車に乗った男にひったくりに遭いそうになった。 首にかけていた金のネックレスが狙われたが、男は取り損なって、道路の中央分離帯に激突。逃げようとした男は通行人複数に囲まれて、殴る蹴るの暴行を受けて警察に突き出された。 男は25歳のインド人で、前科6犯であることが判明した。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 4

警察と銃撃戦 ひったくり犯4人をその場で射殺

クアラルンプールの町中で白昼に銃撃戦が繰り広げられた。10日午後12時半ごろ、ワンサマジュ地区で武装したひったくり犯4人を偶然に通りかかった警官が射殺する事件があった。 スリ・ゴンバック地区で中国国籍の女性(32)が現金4万リンギを銀行から引き落とし、働いているマレーシア国家翻訳センター(MNIT)で車で降り、建物に向っていたところ、刀をもった2人が女性のカバンを強奪。 そこに偶然にスランゴール州警察の私服警官らが通りかかり、車で逃げようとした犯人らに静止を命じた。しかし車に乗ってい
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
News 17

KLでのひったくり件数が激増 警察が注意呼びかけ

クアラルンプール警察は11日、市内でひったくり件数が激増していることから注意を呼び掛けている。 警察によると、昨年通年で234件だったのが、今年1月から5月までですでに368件にのぼっている。ひったくりが多い場所のパトロールの強化といった防犯対策を講じているが、道路を歩く際はハンドバックなど貴重品の入ったものに十分気をつけるよう警告している。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 5

マラッカ、ひったくり発生件数が激増

マラッカ州政府は10月25日、州内のひったくり発生件数が激増していることを明らかにし、懸念を示した。 同州の女性・家族開発・福祉委員会のラティパー・オマール委員長によると、今年1~9月のひったくり発生件数は301件。前年同期は84件だったことから3・6倍の増加となった。2014年同期は200件だった。 今年発生した事件のうち77人が逮捕され、19人が起訴されたという。 また、同委員長は前年同期との増減については述べなかったが、今年9カ月間の州内で発生した窃盗事件は364件となり
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news