Archives : イスラム

news-halal

マレーシア イスラム教徒の旅行しやすい国1位

米国クレジットカード大手のマスターカードとイスラム教徒関連のコンサルタント、クレセント・レーティングはこのほど、「世界イスラム教徒旅行インデックス2017」を発表した。この調査でマレーシアはイスラム教徒にとって「行きやすい国」として3年連続で総合トップに輝いた。 この調査は世界130カ国・地域を対象に、4つの分野(アクセス、コミュニケーション、環境、サービス)を11項目に分けて調査分析。いずれもイスラム教徒にとってその国・地域がどの程度旅行しやすいかを数値化したもの。2016年にはイスラム
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
ミャンマー政府 マレーシアへの労働者派遣を凍結

ミャンマー政府 マレーシアへの労働者派遣を凍結

ミャンマー政府は7日、マレーシアへの労働者派遣を凍結すると発表した。凍結日は6日からで期間は明らかにしていない。 ミャンマー労働省のマウン・マウン・キアオ事務次官は凍結理由について「安全が確保されないため」と説明。同国国内の派遣業者に対して送らないよう指示を出したという。 ナジブ首相はミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャが迫害されているとミャンマー政府を批判。同国政府はこれへの対抗措置として凍結を打ち出したとみられる。 国連難民高等弁務官事務所によると、マレーシア国内には
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
news-bisnis

スー・チー氏を批判 マレーシア首相

【クアラルンプール共同】マレーシアのナジブ首相は4日、ミャンマーでイスラム教徒少数民族ロヒンギャが迫害されている問題を巡り「(ミャンマー国家顧問兼外相の)アウン・サン・スー・チー氏は何のためにノーベル平和賞を受賞したのか」と批判した。首都クアラルンプールで開かれたロヒンギャ問題の抗議集会に異例の参加をして述べた。 ナジブ氏は、イスラム教徒が多数を占めるインドネシアのジョコ大統領にも同様の集会を開くよう呼び掛けるという。 ミャンマーのメディアによると、同国高官は集会に先立ち「内政に干渉
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
news-bisnis

IS、華人イスラム教徒の勧誘の恐れ

マレーシア国家警察は3日、国際テロ組織「イスラム国(IS)」が国内の華人イスラム教徒を勧誘している可能性があることを明らかにした。 タン・コックシアン特別捜査局次長によると、今年初めに中国語でイスラム教の歌が録画されたビデオがインターネット上で発見された。国内の華人イスラム教徒がISに参加したとの情報は得ていないものの、警戒は続けていくという。 また、これまでにシリアにISに参加して渡航したマレーシア国籍の人は61人に上っている。国内で過激思想に染まってテロ活動をした容疑者は2001
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news