Archives : サラワク州

サラワク州 犬の飼育に許可制を統一へ 家屋1軒あたり3匹までに制限

サラワク州 犬の飼育に許可制を統一へ 家屋1軒あたり3匹までに制限

 サラワク州政府は犬の飼育への許可制を12月1日から導入する。州政府は議会に条例案を上程し、近く成立するとみられる。  条例案では犬の飼育は家屋1棟あたり3匹までで、アパートなど集合住宅では小型犬1匹のみと限定される。犬の飼い主は当局に許可を得ることが義務付けられ、予防接種を受けた犬は一匹あたり30リンギ、受けていない犬は同90リンギの許可料の支払いも求められる。許可証の有効期限は3年間。許可を得ずに通りを歩いている犬は当局に「押収」されるが、飼い主が手続料50リンギを支払えば犬は「釈放」
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
サラワク州 狂犬病で1人死亡 11人目

サラワク州 狂犬病で1人死亡 11人目

保健省は19日、サラワク州で狂犬病に感染した男性(49)が18日に死亡したことを発表した。昨年6月末から同州で発生している狂犬病による死亡者数は11人目となった。 この男性は飼っていた犬に1月にかまれ、病院で治療を受けなかったという。かんだ犬はその1週間後に死亡。しかし、男性は今月11日になって水を極度に恐れ、呼吸困難に陥ったことから入院していた。 また、同省はクチン出身の男性(44)も狂犬病に感染した可能性があるとして16日に入院したことも明らかにした。この男性は犬などにかまれた履
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
news-business

サラワク州 マルチメディア庁を設立へ

サラワク州政府は来年1月までにサラワク・マルチメディア庁(SMA)を設立する。同州のアバン・ジョハリ州首相が5月22日に明らかにした。同庁はデジタル・インフラやサイバーセキュリティー、電子政府、研究開発などの政策や規定の策定を行う。 同州はまた、サラワク・デジタル経済公社(SDEC)とデジタル経済中核研究センターも設立する。SDECはデジタル化の開発政策やプログラムを実施する機関となり、同センターは研究開発のほか、政策や規定の変更などを助言する。 さらに、州政府は毎年、サラワク・デジ
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
N_kuching

サラワク州 州立開発銀行設立を発表

サラワク州のアバン・ジョハリ州首相は4日、サラワク州立開発銀行(DBOS)を設立することを発表した。ナジブ首相と中央銀行バンク・ヌガラからすでに設立承認を得た。 同銀行は州内での開発事業に投資を注力する。州の社会経済改革計画に沿ったもので、情報通信技術に対するインフラ整備、エネルギー、工場交通機関、医療の4つの分野の支援をする。 資本金など詳細については後日発表する。ただ、銀行運営に関しては民間企業に委託するもようだ。(Mtown)
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
news-bisnis

サラワク南部で大規模停電再び 州都も真っ暗

サラワク州南部の大部分地域で11月26日午後6時半ごろ、大規模な停電が発生した。これに伴い、州都クチンからシブまでの500キロ(東京~奈良間に相当)にわたる地域が数時間、暗闇に見舞われた。 クチン市内の幹線道路では停電で大渋滞が発生。わずか10分で行けるところが1時間以上の渋滞となった。 クチン国際空港では停電に伴い、2日間は使用できる自家発電機を稼働させた。このため、離発着には影響が出なかった。 同日午後9時半には全面復旧したが、原因はわかっておらず、同州の電力会社サラワク・
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 4

クチン空港で爆弾騒ぎ 兵士を逮捕

サラワク州のクチン国際空港で21日午前、チェックインカウンターで爆弾騒ぎがあった。 クランタン州コタバル行きの便にチェックインした際、カウンター職員が中身について尋ねたところ、25歳の兵士は「爆弾だ」と返答。再度訊いても同じ返事だったため、職員は警察に通報した。兵士は警察の捜査で「冗談だった」と話したが、事の重大さを鑑み、この兵士を逮捕した。 警察は爆弾処理班を送って、兵士の荷物を捜索したが爆弾は見つからず、中からクチン名産のケーキが出てきたという。この騒ぎで3便が遅延となった。 クチン州
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , , ,

Find Another news