Archives : ジョホールバル

ジョホール州 新たに水道会社設立を計画

ジョホール州 新たに水道会社設立を計画

ジョホール州のオスマン・サピアン州首相は13日、新たに州営の水道会社の設立計画を明らかにした。同州政府は現在、同州の水道事業を運営するSAJランヒル社の株式20%を取得しているが、「利益がない」ため新会社を設立するという。 州首相によると、同州の水道料金は他州よりも割高。SAJランヒル社の収益は改善されないうえ、ほかに筆頭株主がいることから水道料金の引き下げにも結びつかないだろうと州議会で述べた。 これに対して野党の国民戦線(BN)は新会社設立に反対を表明。SAJランヒル社の株式比率を上げる
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,
JBで数年後にトラムを導入か

JBで数年後にトラムを導入か

ジョホール州のオスマン・サピアン州首相は7月19日、ジョホールバル(JB)市内にトラムを導入したい考えを示した。特に中心部のシティースクエア周辺での設置が必要とも語り、今後実地調査を行う。順調にいった場合、2~3年後には導入することになるという。 同州の前政権は中国企業主導のLRTの導入を計画していたが、これは見直すことも表明。コストについては厳しく精査していきたいとも述べた。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
News

JTB、ジョホールバルに新店舗をオープン

JTB(本社・東京都品川区)は3日、JTBアジア・パシフィック(本社・シンガポール)がジョホール州ジョホールバルにマレーシア5店舗目となる新店舗「JTBジョホールバル・イオン・テブラウ・シティ店」をオープンした。 店舗は「イオンモール・テブラウ・シティ」の2階に出店。マレーシア発およびシンガポール発のパッケージツアーに加え、ホテル、旅館、ジャパンレイルパス、テーマパーク入場券などの個人旅行者向け訪日旅行商品を、コンサルティングを行いながら販売展開する。また法人営業、教育旅行の営業拠点として
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
News-ngo

ジョホールバルで病院火災 患者6人が死亡

ジョホール州ジョホールバルのスルタナ・アミナー病院で10月25日午前、火災が発生した。集中治療室にいた患者6人が巻き込まれて死亡した。このほか患者1人と職員3人もけがをした。 出火元はこの集中治療室とみられ、電気系統がショートしたためとみられる。同室はほぼ全焼していた。 ジョホールバル消防・救助局によると、同病院では昨年から避難訓練が実施されておらず、火災が発生したときなどに消火にあたる緊急対策チームも設置されていなかった。このチームがいれば、事態は最小限に抑えられたとしている。さら
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
News-injured

ジカ熱発症3人目 ジョホールで妊婦が感染 シンガポールでは流行の兆し

スブラマニアム保健相は7日、ジョホール州在住の女性(27)がジカ熱に感染したことを明らかにした。この女性は渡航歴がなく、同州内で感染したとみられる。女性は妊娠4カ月目で、ジカ熱に似た症状が出ていたために病院で検査したところ、陽性だった。   女性の夫はシンガポールで働いている。すでに血液と尿検査を済ませたが、ジカ熱反応は出なかった。   また、保健省は3日、サバ州コタキナバル在住の男性(61)がジカ熱に感染し、その後に心疾患で死亡したことを明らかにしたばかりだった。海外渡航歴がないため、
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
judi_generic.transformed

ジョホール州、違法賭博取り締まりを強化

ジョホール州政府は、州内で違法賭博行為の取り締まりを強化する。賃貸不動産が賭博会場となっていた場合、その不動産所有者をブラックリストに載せ、一年にわたりその不動産への水道と電気を遮断する措置を取る。同州の住宅・地方政府委員会が8日に明らかにした。   同州では違法賭博行為が後を絶たない。今年に入ってすでに100カ所以上で摘発され、200人以上が逮捕されている。度重なる警告にもかかわらず、一向に賭博行為がなくならないため、大胆な措置に出た。   不動産自体とその所有者に措置を講ずることで、
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 1

ジョホール州一部で1カ月間の断水

水道会社のシャリカット・アエル・ジョホール(SAJ)は16日、ジョホール州スンブロン・ダムの貯水池の水位が低下しているため、同日から9月15日までクルアン郡で断続的な断水措置を取ると発表した。   同社によると、36時間毎に給水と断水を行う。すでに国家水道サービス委員会(SPAN)の承認を得ているという。   また、同州東海岸沿いのメルシン郡でも2日毎の断水措置を同期間で実施している。   詳しい断水スケジュールなどについてはwww.saj.com.myで英語で提供している。(Mto
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 3

ジョホール州で老女の切断遺体が発見される

ジョホール州コタティンギ市近くのフェルダ・プンゲリ・ティムール地区で9日、76歳の老女の切断された遺体が発見された。犯人は精神疾患の親戚の男で同日夜に近くのパーム油プランテーション付近で逮捕された。   警察によると、切断されたのはマイモン・アブドゥル・サマドさん。この老女が住んでいた玄関に切断された頭部が置かれ、手足も近くに散乱していた。胴体は台所の流しの下に隠されていたという。凶器となったのは刃渡り17センチのナイフとみられ、外に置かれていた植木鉢のなかから発見された。   警察は容
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
News 1

ジョホール州の工場6軒、廃水基準を満たさず

ジョホール州保健・環境委員会のアユブ・ラフマト委員長は11日、州内の工場6軒が2012年に規定した廃水基準を満たさずに川に流し続けていたことを明らかにした。同州の環境局はすでにこれら工場に対して警告を発し、3カ月以内に改善させるよう命じた。改善されない場合は営業許可を取り消すとしている。 同州では6月に工場から濃度の高いアンモニアが川に流れ出し、3カ所の浄水場を閉鎖。これに伴い、12万世帯が3日ほど断水となった。 同委員長は「廃水基準を満たしていない工場はまだある」とし、河川沿いのすべて
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
電話

見知らぬ国際電話に注意 振り込め詐欺発生

ジョホール州ジョホールバル南警察署は6月24日、中国からの電話で振り込め詐欺が発生したことを明らかにした。 警察によると、ジョホールバルに住む女性(30)が6月21日午前に中国の検査官と称する男から電話を受け取った。女性の銀行口座が国際的な麻薬組織に利用されていると通告。男はキャッシュカードの下4桁を教えるよう求めてきたと同時に逮捕を免れるためには指定口座に2500リンギを振り込むよう命じた。 怖くなった女性は言われるがままに要求された金額をホンリョン銀行に送金。男は電話を切る間際に
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , ,

Find Another news