Archives : ジョホール州

ジョホール州 3郡でCO2排出量削減を計画へ

ジョホール州 3郡でCO2排出量削減を計画へ

 ジョホール州政府は州内3郡の二酸化炭素の排出量削減計画を来年にも導入させる。3郡はムアール、メルシン、クルアンで、同州政府はこれまでにも「イスカンダル・マレーシア」で同様の削減策に取り組んできた。  同州政府はこのほど建物エネルギー監視システム(BEMRS)のワークショップを開き、建物の所有者や開発業者に向け、建物のエネルギー利用のパターンや建物エネルギー指数(BEI)などを説明。州の地方政府・科学・技術委員会のタン・ホンピン委員長(州の閣僚級)が3郡にも開発計画にBEMRSを盛り込むよ
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,
スクールバスが炎上 搭乗者26人は無事

スクールバスが炎上 搭乗者26人は無事

 ジョホール州スクダイで2日、スクールバスが炎上する事故があった。搭乗していた運転手や生徒ら26人は間一髪逃げて無事だった。  同州警察によると、走っていたスクールバスのエンジンから煙が出始め、運転手はバスを停車。火が噴き出したことから生徒らを車外に避難させた。日はまたたく間に燃え広がり、バスのほとんどを焼いた。消火には約1時間かかったという。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
ジョホールで高速バス事故 3人が死亡

ジョホールで高速バス事故 3人が死亡

ジョホール州ムアール近くを走る南北高速道路上で9日午前2時30分ごろ、走っていたトレーラーに高速バスが接触する事故が発生した。乗客25人のうち3人が死亡し、14人が軽傷を負った。 この事故により高速バス車体の左側面はえぐられたように吹き飛び、死亡した3人は走行中に車外に投げ出されたという。トレーラーの運転手にけがはなかった。 バスはクアラルンプールからシンガポールに向かう途中だった。 深夜の高速バスの事故は後を絶たない。運転手の居眠りによる事故が多く、今回の事故も未明に発生した
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , ,

ドトールコーヒー1号店、ジョホールにオープン

「ドトール・コーヒー・ショップ」が11月22日、ジョホール州テブラウのイオン・テブラウ・シティにおいてオープンした。 店舗では定番のコーヒーのほか、コーヒー以外のホットドリンクやコールドドリンク、ケーキやなどのデザート、サンドイッチなどのカフェメニューなどを提供している。 ドトール・日レスホールディングスは4月に、マレーシアのテクスケム・リソーシズとの合弁契約締結について、手続きが完了したと発表していた。合弁企業名はD&Nコーヒー・アンド・レストラン・マレーシアで、マレーシア
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

ジョホール州2港の線路を複線化へ 旅客列車も導入

リアウ運輸相は18日、ジョホール州のタンジュン・プルパス港とパシール・グダン港を結ぶ単線の貨物用線路を複線化にし、旅客列車も走らす計画を明らかにした。 全長71キロに及ぶこの線路は現在、ジョホールバル市西南部にあるタンジュン・プルパス港から同市東部にあるパシール・グダン港をつないでいる。物流をより効率化するためで、すでに鉄道会社のKTMとジョホールの港湾運営のMMCコープと拡張工事などに関する交渉が行われている。 拡張工事などに伴い、貨物を運搬するトラックなどで渋滞が慢性化しているパ
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

ジョホールの超電導リニア計画、中国資本が参入か

ジョホール州において超電導リニアとも呼ばれる超電導磁気浮上式鉄道車(MAGLEV)サービスの導入が検討されているが、マレーシア企業と中国企業との共同プロジェクトとなる可能性が浮上している。 民間資金を活用するPFI事業となる見込みで、マレーシア企業は昨年、ジョホール州政府に対して事業案を提示している。資金は中国で調達されるとの情報もある。 関係筋がビジネス・タイムズに対して明らかにしたところによると、モノレール・システムを採用し、プロジェクトの規模は33億リンギとなる見通し。
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

ペンゲラン石油コンプレックス、原水供給施設が稼働

ジョホール州南部のペンゲランにある国営石油会社ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)の総合石油コンプレックス(PIC)において、原水供給施設の第1期が完成し、18日に稼働を開始した。第4四半期にPICで開発が進められている各プロジェクトへの給水を開始する。 モハメド・カレド・ノルディン州首相によると、原水供給プロジェクトには10億リンギ以上が投資された。PICから約90キロメートル離れたダムから給水しており、貯水所の大きさは2832ヘクタールで、域内で最大となっている。1日あたり2億600
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

Find Another news