Archives : バス

ゴーKLバス 巡回コースを拡大へ

ゴーKLバス 巡回コースを拡大へ

 クアラルンプール市役所(DBKL)は3日、市内中心部を無料で巡回するゴーKLバスのルートを住宅地にまで拡大したい方針を示した。ノール・ヒシャム市長が明らかにした。  先に発表された2019年度予算案でゴーKLバス事業に2000万リンギの配分を発表。これを受けて、同市長もルート拡大を表明した。現在、DBKLではルートを検討中だが、鉄道駅を中心としたシャトルサービスを提供したいとしている。  ゴーKLは2012年に導入され、現在はブキビンタンやKLCC、KLセントラル駅を中心として4路
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
ジョホールで高速バス事故 3人が死亡

ジョホールで高速バス事故 3人が死亡

ジョホール州ムアール近くを走る南北高速道路上で9日午前2時30分ごろ、走っていたトレーラーに高速バスが接触する事故が発生した。乗客25人のうち3人が死亡し、14人が軽傷を負った。 この事故により高速バス車体の左側面はえぐられたように吹き飛び、死亡した3人は走行中に車外に投げ出されたという。トレーラーの運転手にけがはなかった。 バスはクアラルンプールからシンガポールに向かう途中だった。 深夜の高速バスの事故は後を絶たない。運転手の居眠りによる事故が多く、今回の事故も未明に発生した
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , ,
高速バスが事故 死傷者38人

高速バスが事故 死傷者38人

 ペラ州イポー近くの高速道路で2日午前5時ごろ、2階建ての高速バスが中央分離帯に突っ込む事故が発生した。運転手と女性乗客2人が死亡し、36人が負傷した。  バスはイポーからルムットに向かう途中だった。乗客によると、ほとんどの乗客は眠っており、気づいたときには事故に遭っていたという。また、乗客の1人は事故発生直前はスピードが上がって衝突したとも話した。  マレー半島ではこれまで幾度となく、高速バスによる事故が発生している。政府は無免許運転手などの取り締まりを強化しているが、あまり奏功していない
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , ,
news

バスが横転 乗客6人が軽傷

ジョホール州のクライーコタティンギ通りで2月26日午前8時半ごろ、中等学校の教員と生徒らの乗ったバスが対向車線にスリップして横転する事故が起きた。生徒6人が軽傷を負った。 バスはコタティンギ市から出発し、教員と生徒ら41人はバトゥ・パハで行われる大学入学祭りに参加する予定だった。同通りの下り坂に差し掛かったときに道が凸凹道で乾いていたため、スリップしたという。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
N_1

バスのブレーキ効かず 信号待ちの車4台に衝突

ペラ州クアラ・カンサール市で1月23日午前、信号待ちしていた車にバスが突っ込み、車4台に衝突する事故が起きた。4人が負傷した。 警察の調べによると、バスはブレーキがかからなくなり、信号待ちをしていた小型自動車に衝突。その後次々と車3台にもぶつかり、さながらハリウッド映画のような状態となったという。 警察はバス会社などから事情聴取すると同時に、ブレーキがきかなくなった原因を突き止めている。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news

ペラ州でバス事故 8人の死傷者

ペラ州ベフラン町近くの南北高速道路上で17日早朝、乗客27人が乗ったバスがトレーラーの後部に追突し、運転手が死亡する事故が発生した。乗客7人もけがをした。 このバスはタイ南部のハジャイからジョホールバルに向かっていた。事故は同日午前2時50分ごろに発生。20代の男性運転手が即死した。救助隊が駆けつけ、全員救助するのに30分ほどを要した。 負傷者は近くの病院に運ばれ、無傷だった乗客は代替バスでジョホールバルに向かった。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 8

バス事故再び 37人がけが

クアラルンプールから郊外に向かうバス(44人乗車)が12日午前、クアラルンプール―スレンバン高速道路上で横転し、37人がけがをした。 乗車していたのは50~70歳で、いずれも首や手足を負傷した。このバスはスランゴール州ラワンに旅行に行くバスだったという。 運転手や乗客の話によると、バスはスピードを出しておらず、朝から雨が降っていたためにスリップして横転したのではないかとしている。 高速バスなどの交通事故はここ数カ月で相次いでおり、外国人が巻き込まれる事故も多発している。(Mto
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
N_BUS

バス横転事故再び 外国人13人が重傷

パハン州グンティン・ハイランド近くの高速道路上で8月31日午後3時半ごろ、二階建てバスが横転し、運転手とシンガポール人の乗客13人が重傷を負う事故が起きた。   事故が発生したのは、グンティン・スンパ・トンネルを過ぎたカラック・ハイウェイ上。バスはグンティン・ハイランドからクアラルンプールに向けて走り、何らかの原因で運転を見誤り、道路を塞ぐようにして横転した。   この事故で上り車線は7キロの渋滞となった。 グンティン・ハイランドから帰る途中のバスの事故は、2013年に37人が死亡する
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

観光バスの横転相次ぐ、外国人がけが

パハン州グンティン・ハイランズからクアラルンプールに向かっていた観光バスが27日午後7時、下り坂でスリップして横転し、運転手が死亡する事故が起きた。中国国籍の乗客27人のうち15人がけがをし、3人が重傷を負った。   また、ペラ州の観光名所キャメロン・ハイランズからの観光バスが7月26日午前9時、カーブを曲がりきれずに排水溝に横転する事故が発生した。乗っていた欧米からの外国人27人が軽傷を負った。警察や消防は横転したバスのフロントガラスを壊して救助にあたった。   バスの事故が相次いでい
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
bus

ペナンで2階建てバスが8月に登場

ラピッド・ペナンを運営するバス会社プラサラナ社は20日、ペナン州で2階建てバスを8月に一般路線に導入することを発表した。新規調達した33台を3路線に走らせる。路線バスとして2階建てバスがペナンに導入されるのは初めて。   3路線は、①ジョージタウン市のプンカラン・ウェルドからペナン島北西部のトゥルク・バハン、②ペナン国際空港からトゥルク・バハン、③プンカラン・ウェルドからペナン・ゴルフクラブ近くのレラウ。   1台あたりの乗客収容人数は108人で、これまでの利用者数を40%引き上げられる
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news