Archives : ビジネス

マレーシア航空 イスラム式旅行保険を発売

マレーシア航空 イスラム式旅行保険を発売

マレーシア航空は、乗客が航空券購入時に加入できるイスラム保険(タカフル)型の旅行保険「MHインシュア・トラベル・タカフル」の発売した。すでに同航空のウェブサイト上で購入可能で、これまでの旅行保険の保障内容に加えて、イスラム教の巡礼者向けの保障内容を追加した。 MHインシュア・トラベル・タカフルは、同航空、保険会社エティカ、旅行保険会社カバーモアの3社が提携して導入に至った。 同航空のイズハム・イスマイル最高経営責任者(CEO)は、「海外の顧客からタカフル型保険に対する需要が多く、導入
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
昨年のハラル商品輸出額434億リンギ 日本への輸出は2位

昨年のハラル商品輸出額434億リンギ 日本への輸出は2位

ハラル開発公社(HDC)は19日、2017年のハラル商品の輸出額が前年額より12億リンギ増の434億リンギに達したことを発表した。ハラル商品の輸出は年々増加しており、今年はさらに5%増となると見込んでいる。 ハラル商品のなかで最も多いのは食品・飲料で201億リンギ。次にハラル素材が157億リンギ、パーム油関連36億リンギ、化粧品などが29億リンギなどとなった。 輸出先で最多は中国で取引額は40億リンギ。日本は輸出先としては2位で、28億リンギとなった。このほか米国(27億リンギ)、イ
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,
世界初の「モノポリー」テーマのホテルを建設へ

世界初の「モノポリー」テーマのホテルを建設へ

米国生まれのボードゲーム「モノポリー」をテーマとしたホテルがクアラルンプールに誕生する。不動産間初のM101ホールディングスはこのほど、「モノポリーのライセンスを所有する玩具メーカー、ハズブロとライセンス許諾契約を締結した。誕生すれば、世界初のホテルとなる。 ホテルは「モノポリー・マンション・バイ・シロッコ」。プドゥ地区にある「フラマ・ブキビンタン・ホテル」の裏手にできる。部屋数は225室で各部屋にはモノポリーのキャラクターなどを装飾する。屋上にはプールを設置するなど5つ星ホテルにする。2
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,
東京ガス ペトロナスとLNG売買契約に合意

東京ガス ペトロナスとLNG売買契約に合意

東京ガス(本社:東京都)は14日、国営石油会社ペトロナスの子会社マレーシアLNGと新たに液化天然ガス(LNG)の売買に関する基本合意書を締結した。 東京ガスは1983年に締結したLNG調達に関する契約が今月末に満了することから4月以降の契約について協議してきた。 契約期間は4月から2031年3月までの13年間。2024年3月までは年間最大約50万トンで、それ以降は年間最大約90万トンのLNGをペトロナスが供給する。 東京ガスが購入しているマレーシアのLNGプロジェクトにはこのほ
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
iPhoneの在庫一掃セールに1万人超  90分で閉店 セールを取りやめ

iPhoneの在庫一掃セールに1万人超  90分で閉店 セールを取りやめ

人気携帯電話「iPhone」など米アップル社製品の在庫一掃セールを表明したクアラルンプール市内の販売店に2日、1万1000人が殺到した。 正規代理店としてアップル製品を取り扱う「スイッチ」は同市チュラス地区の新しい商業施設「マイ・タウン」の入居。同店はソーシャメディアなどを通じて「iPhone5S」を200リンギ、「iPadプロ(32GB)」を1600リンギ、「iMacs」を1000リンギ、「MacBooks」を500リンギにすると表明。これを知った人たちが1日夜から店頭に並び始めた。行列
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
09a83e01c4d7123e97e0eb8d51c9f411_s

天然ガス価格を1月から値上げ 電力向け除く

ガス・マレーシアは、2018年1月1日付けで電力セクター以外を対象としたマレーシア半島部の天然ガス価格を改定すると発表した。ガス価格は百万英熱量(MMBtu)当たり平均4・47リンギ、率にして16%となる。ガス価格の値上げは2016年7月以来で、11月28日付けでエネルギー委員会から承認を得たという。 ガス・マレーシアによると、政府は2017年1月から向こう3年、基本価格(BT)を設定するインセンティブ・ベース・レギュレーション(IBR)の枠組みを規定し、ガス価格転嫁(GCPT)メカニズム
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:
d9e142db362e46bbab70d7acd28c34d2_s

外資系企業数、0.5%増の2964社=統計局

統計局の発表によると、マレーシアにおける外資系企業数は2016年に2,964社となり、前年比で0.5%増加した。 うち最も多いのは製造業で57.1%を占めた。それにサービス業(34.5%)、建設業(4.1%)が続いた。アジアの企業が64.6%を占めた。それに欧州(21.0%)、米国(12.2%)の順となった。総労働者数は84万7,269人で、前年の84万7,952人から微減となった。 外資系企業の昨年の輸出高は2,928億リンギ、輸入高は2,553億リンギ2,400億リンギで、それぞ
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
df9d52cbf7c1f995e2b19812488a2f4d_s

JTB西日本、マレーシアへの農産物の直販を開始

JTB西日本(本社・大阪市中央区)は1日、越境EC(電子商取引)サイト「J's Agri」の販路を拡大し、マレーシア(クアラルンプール域内限定)とシンガポールへの直販を11月27日から開始したと発表した。 取り扱い品目は福岡県産のいちご「あまおう」など15品目で、順次販売品目を拡大する。また「J's Agri」の認知度向上と商品販売を目的に、福岡県産「あまおう」の試食会を5日にマレーシアで開催する。シンガポールでは2日に開催した。 「J's Agri」は9月5日に開設したもので、香港
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
09a83e01c4d7123e97e0eb8d51c9f411_s

偽造品識別セミナー、ジェトロが開催

日本貿易振興機構(ジェトロ)は5日、国内取引共同組合消費者行政省と共同で、偽造品識別セミナーを開催した。 マレーシアにおける偽造品の押収機能をさらに強化するのが狙いで、国内取引共同組合消費者行政省の取締部及び税関局から合計51人の職員が参加した。 偽造品対策を進めている▽キヤノン▽ヨネックス▽京セラ▽カシオ——の日本企業4社と偽造防止の真贋判定シールをメーカーに供給している日本発条がそれぞれの偽造防止の取り組みと真贋の見分け方などをマレーシア側の取締担当者にレクチャー。ブースを設けて
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:
df9d52cbf7c1f995e2b19812488a2f4d_s

マリンド KL~プノンペン便を就航

マリンドエアは1日、クアラルンプール~カンボジア・プノンペン便を就航させた。同社にとってカンボジア乗り入れは初となる。機材はボーイング社製737ー800型機で、180人乗り。 毎日運航でクアラルンプール国際空港(KLIA)を午前8時に出発し、プノンペンに午前8時55分(カンボジア時間)に到着する。プノンペンからは同日午前9時45分に出発し、午後12時35分にKLIAに着陸する。 同社は今後も同国のほかの都市に路線拡大を目指しており、同国政府当局と協議しているもようだ。(Mtown)
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:

Find Another news