Archives : ペナン

政府 ペナン国際空港でLCCT建設を計画

政府 ペナン国際空港でLCCT建設を計画

リム・グアンエン財務相は6日、ペナン国際空港で格安航空会社専用空港ターミナル(LCCT)を建設することを計画していることを明らかにした。年間旅客取扱数が710万人を超えており、すでに650万人の最大旅客取扱数が超過しているため。 空港運営のマレーシア・エアポーツ社と格安航空エアアジアとも協議に入っているという。同相は官民パートナーシップ(PPP)で建設する考えも示し、これに対して2社とも好意的に考えているとも述べた。 LCCTの建設には通常1~2年かかるが、ペナン国際空港の場合はそれ
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, , , , ,
ペナン沖で貨物船が座礁 オイル流出

ペナン沖で貨物船が座礁 オイル流出

ペナン州沖で7月26日午前5時半ごろ、香港船籍「シンイーイー」が座礁した。これに伴い、ディーゼルオイル6トンが流れ出した。 座礁したのはペナン島南部バトゥ・マウン地区から沖合に3マイルのところ。船は海上に浮いていた警告灯に気づかなかったらしく、船底に岩がぶつかった。 船は大きく傾き、オイルが流れ出したという。乗っていた乗組員5人は救助された。オイルはペラ州に向かって流れており、沖合のエビ養殖場などに影響が出る可能性があるとしてペナン州とペラ州政府は監視している。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , ,
ペナンで豪雨 各地で洪水が発生

ペナンで豪雨 各地で洪水が発生

ペナン州で7月30日未明に豪雨となり、州内各地で洪水が発生した。 特にジョージタウン市内の一部で1メートル以上に達したところもあり、4地区での被害が激しかった。男女6人が救助隊により救助された自宅もあった。 浸水はその日のうちに引いたものの、一部の道路では被害が激しく、閉鎖したところもあった。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
上半期のデング熱感染者数 前年同期比で減 ペナンでは増加 保健省は注意喚起

上半期のデング熱感染者数 前年同期比で減 ペナンでは増加 保健省は注意喚起

保健省は7月28日、今年上半期のデング熱感染者数が3万8190人にとどまり、前年同期比31・5%減となったことを発表した。死亡者数も昨年の上半期は131人だったが、今年上半期は61人だった。 ただ、ペナン州の感染者数は今年1月から7月まで2528人に達しており、前年同期比で約75%の激増。特に本土側のスブラン・プライ地区での感染者数が増えている。今年5月から7月までの感染者数が増えており、前年同期比で10~20%増だという。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , ,
ペナンの手足口病 感染者数が減少

ペナンの手足口病 感染者数が減少

ペナン州で7月に入り、主に子どもに感染する手足口病の感染者数が減り、下火に向かっているようだ。 同州保健委員会によると、7月17日に127人、翌日には88人が感染。今年1月から7月18日までの同州の感染者数は2170人に達し、昨年より倍増となった。同州政府は「危険値を超えている」として警戒を強めた。 20日までには一日あたり50人にまで減ってきている。 同委員会の職員は州内各地のスーパーマーケットなどを検査したところ、スーパーマーケットで使うカートのハンドル部分から手足口病の細
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
女子学生 カバンに銃弾を所持で逮捕

女子学生 カバンに銃弾を所持で逮捕

ペナン国際空港で7月23日夕方、カバンのなかに銃弾2発を持っていた女子学生(20)が逮捕された。 容疑者はランカウィ島に向かうために保安検査場で手荷物のカバンをX線検査したところ、なかに銃弾2発が発見された。容疑者は説明できなかったために連行して逮捕した。本人は所持していたことを知らなかったと供述している。 ただ、容疑者はランカウィ島にいる容疑者の兄がカバンに入れた可能性があるとも話しており、この兄を事情聴取することも視野に入れている。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 8

ペナン島 駐車場の課金対象の曜日を統一へ

ペナン島市議会はこのほど、7月1日から駐車場の課金対象の曜日を統一することを決めた。現行では駐車場は3つに分けられており、それぞれ課金される曜日が異っている。ペナン島市役所が管轄する駐車場が対象で、7月からは月曜日から土曜日までの午前8時から午後6時までの時間帯が課金対象となり、日曜日は無料となる。ただ、日曜日が祝日の場合は課金対象日となる。 2014年に導入された現行では、課金対象の曜日が赤、緑、青のゾーンによって異なり、利用者は混乱して、苦情が絶えなかった。同市議会は2カ月の調査を経て
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 8

ペナン州 分別ゴミ回収違反者に罰金

ペナン州では1日から分別ゴミ回収の違反者は罰金250リンギが科される。 同州では昨年6月からゴミの分別を周知するため、州内各地で一般に向けてセミナーなどを開催。1年間の猶予期間を経て、今月から罰金を科すことで徹底させたい考えだ。ペナン島市職員が各地を無作為にチェックし、一般ゴミにリサイクル品を混ぜて捨てる違反者の摘発に乗り出す。 ゴミの分別では、一般住宅などではリサイクル可能なもの(紙、プラスチック、アルミニウム缶など)は毎週土曜日(島部では午後2時~午後5時、本土側では午前8時~午
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 8

ペナンでヒンドゥー教聖職者に発砲 6人を逮捕

ペナン州アエル・ヒタム郡で4月21日夜、ヒンドゥー教のインド人聖職者(50)が自宅前で発砲される事件があった。聖職者は逃げたため無傷だった。 聖職者はこの日夜10時ごろ、自宅前の掃除をしていたところ、ヘルメットをかぶった二輪車に乗った者が聖職者めがけて3発を発砲。聖職者は銃弾を浴びずに自宅内に逃げ込み、難を逃れた。自宅には奥さんと子ども3人もいた。 聖職者は2009年から家族が脅しを受けているとして何度も警察に被害届を提出していた。警察はヒンドゥー寺院の運営資金の分配の仕方に不満をも
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 5

ペナンのブルン島で太陽熱事業に許可

ペナン州ブルン島の埋立地を管理・運営するPLBトゥラン社はこのほど、同地での太陽熱事業の許可を当局から得た。ペナン島市の都市サービス局が明らかにした。 太陽熱パネル設備は同地の第3区画(171ヘクタール)の20・2ヘクタールの土地上に設置される。20メガワットの発電量で1万2400世帯分の電気消費量となる。2018年の完成を目指す。 同社は同地の所有者となるペナン島市やスブラン・プライ郡から2012年に20年間の土地使用権を取得。昨年末に同事業の許可申請を出していた。(Mtown)
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news