Archives : マレーシア

マレーシア航空 パイロット150人が不足

マレーシア航空 パイロット150人が不足

 マレーシア航空はパイロット不足とそれによる遅延や欠航などのトラブルが問題となっている。  現在、マレーシア航空には927人のパイロットが在籍しているが十分な人数とは言えず、安定した運航にはさらに150人ほどのパイロットが必要だという。人員不足による遅延、欠航の発生はマレーシア航空のみならず航空業界全体の問題となっており、同社のイザム・イスメール最高経営責任者(CEO)は「2019年初頭の操業正常化を目指しており、すでに62人のパイロットを募集し始めている」と述べた。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , ,
ペナンのLRT計画 年内に承認か

ペナンのLRT計画 年内に承認か

 ペナン州政府が建設計画をしているLRT事業が年内にも連邦政府から承認が下されそうだ。同州でLRTが建設されると州内の交通は大きく変貌する。  同州政府は「ペナン輸送マスタープラン」を先に策定。このなかでペナン島の東部を走るLRTの建設計画を打ち出していた。LRTはバヤン・ルパスLRTと呼ばれ、全長30キロの全27駅。ジョージタウン中心部のコムターからペナン国際空港を結び、さらに同島南部に3つの人工島を造成して、そこにも路線を開通させる。  3つの人工島の総面積は1800ヘクタールになる予定
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, , ,
TM ブロードバンド料引き下げの見直し求める

TM ブロードバンド料引き下げの見直し求める

通信大手のテレコム・マレーシア(TM)は、先ほど政府が求めたブロードバンド料の価格引き下げを政府に求めている。引き下げた場合、同社の収益に深刻な影響を及ぼすとしている。消息筋が明らかにした。 前政権時に政府系企業が販売するブロードバンドのアクセス価格基準が作成された。この基準は新政権も引き継ぎ、6月8日にマレーシア通信・マルチメディア委員会(MCMC)が導入し、卸売価格の上限も規定している。TMもこの基準に沿ってブロードバンド料の引き下げが求められているが、この基準の廃止をも同社は求めてい
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,
駐車場内で夫婦喧嘩 夫が妻の手を切断

駐車場内で夫婦喧嘩 夫が妻の手を切断

ペナン州バヤン・ルパスのアパートメント内の駐車場で12日、夫婦喧嘩のさなか、39歳の夫が24歳の妻の左手を切断する事件があった。 夫は自身の車で逃走したが、午前3時にマカルム地区で警察に逮捕された。被害者はペナン病院で治療を受けている。 ペナン州警察によると事件は午前1時頃発生し、現場からはカバンとナイフが押収された。 捜査によれば、容疑者の妻は2年前から別の男性と不倫状態にあり、夫婦は離婚協議中だった。嫉妬と復讐が犯行の動機とみられる。 また容疑者にはドラッグや強盗に関
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , ,
首都圏の高速道路 無線チップを導入へ

首都圏の高速道路 無線チップを導入へ

 道路運輸局 (RTD)は首都圏内の高速道路料金所で無線周波数個体識別(RFID)システムを導入すると発表した。このシステムでは無線チップを内蔵したステッカーを各車両に張ることで作動する。  クアラルンプール・カラック高速道路(KLK)やダマサラ・プチョン高速道路(LDP)など16の道路が対象。来年1月から全国の高速道路で正式に導入することになっている。  RFIDシステムは来月から一般希望者による試験運用が始まる。これに伴い、カード読取器「スマートタグ」は8月8日で販売が停止された。(Mt
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
サラワク州クチンでひょうを観測

サラワク州クチンでひょうを観測

 サラワク州クチン近郊のコタ・サマラハンの一部地域で12日、ひょうが観測された。住宅や車などへの被害はほとんどなかったようだが、住民には驚きが広がっている。  ヒョウは同日午後4時10~15分の間に降り続け、その後の天気は大雨となった。目撃者によると、ひょうの大きさは降り始めにゴルフボールほどの大きさがあったものの、止む直前にはごく小さいものになっていたという。  マレーシアのような熱帯地域でひょうが降ることは珍しい。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
製氷工場 アンモニアガス漏れ事故 2人が死亡

製氷工場 アンモニアガス漏れ事故 2人が死亡

 スランゴール州シャー・アラムの製氷工場で13日昼ごろ、アンモニアガスが漏れる事故が発生した。この向上で働くインド人労働者とみられる2人が死亡し、25人がガスの吸入で負傷した。アンモニア中毒の傾向がみられる患者もいるという。  警察は事件の原因を調査しているが、この工場は危険物取扱許可証を所持していなかった。  この事故で工場から半径3キロ以内の住民に避難勧告が出され、工場正面にある華人学校では休校となった。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
ペナン・セントラル交通ターミナル 年内に開業へ

ペナン・セントラル交通ターミナル 年内に開業へ

ペナン州バガン・ダラム地区のペナン・セントラル交通ターミナルが年内に一部開業する見通しとなった。同州のチョー・コーヨー州首相が明らかにした。クアラルンプールのKLセントラルをモデルとし、都市間バスと公共バスの大型複合交通ターミナルとなる予定のペナン・セントラルだが、土地収用が難航し、プロジェクト開始からすでに11年の歳月が過ぎている。 全7段階あるうち第一段階目の開業はバスターミナルで、当初の乗客取扱数は1日あたり2000~3000人。一度に38台のバスが止められ、乗り降りができる。構内には小
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , , ,
農林水産省 馬産家きん肉の一時輸入停止

農林水産省 馬産家きん肉の一時輸入停止

日本の農林水産省は7日、マレーシアの家きん肉などの一時輸入停止措置を取った。マレーシア国内の家きん農場で高病原性鳥インフルエンザ(H5N1亜型)の発生が確認されたため。 マレーシア政府は先に国際獣疫事務局に上記の旨を通知。日本政府は即座に停止措置を講じた。 マレーシアから日本への家きん肉などの2017年の輸入実績は45万トン。 13日付の地元紙『スター』によると、高病原性鳥インフルエンザが発生した農場はサバ州トゥアラン郡にあり、2つの村の農場からにわとり3羽が感染していた。農場
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,
スーツケースの切断遺体遺棄 外国人を逮捕

スーツケースの切断遺体遺棄 外国人を逮捕

7月上旬にクアラルンプール市内の川沿いでスーツケースに入って切断された遺体が見つかった事件で、警察はこのほど、バングラデシュ国籍のモハンマド・シャーザダ容疑者(37)を逮捕した。見つかった遺体は妻のサジェダさんで、容疑は妻を7月3日未明から5日未明の間に殺害した疑い。同容疑者は即日起訴された。 殺人の動機については明らかにされていない。現地紙によると、同容疑者は市内の商業施設で清掃の現場監督責任者として働いていた。 この事件はプトラ・ワールド・トレードセンター(PWTC)近くの川沿い
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, , ,

Find Another news