Archives : 中銀バンクネガラ

News 11

中銀バンクネガラ、政策金利を3%で据え置き

マレーシア中央銀行バンク・ネガラは7日に定例金融政策会合(MPC)を開催し、政策金利である翌日物政策金利(OPR)を3.00%で据え置くことを決定した。 市場における大方の予想通りだった。   中銀は今年7月に約7年ぶりに3.25%から0.25ポイント引き下げた。   中銀は声明の中で、世界経済は主要な先進国や発展途上国全体において緩やかなペースで成長を維持していると指摘。アジアでは輸出部門が軟化する中、国内需要が引き続き経済成長に貢献しているとした。世界経済においては主要国による政策
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:

Find Another news