Archives : 事故

N_2

高速バス事故 14人死亡 16人負傷

クリスマスイブの12月24日午前3時40分ごろ、ジョホール州を走る南北高速道路上脇の谷に高速バスが突っ込み、乗っていた運転手を含む14人が死亡し、16人が負傷する事故が発生した。バスはジョホールバルからクアラルンプールに向かう途中だった。 死亡者のうち3人はシンガポール人で、負傷者のなかにもシンガポール人とミャンマー人が含まれていた。 事故が発生したのは同州パゴー市の近く。高速バスは高速道路から6メートル下の谷に落下し、バスの前の部分は完全に大破した。 運転手は出発前に3時間ほ
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
p2_main_rn_3011_p2b_rn_1

日本からの帰国後に事故 4人が死亡

日本の紅葉を見るために旅行して帰国直後の3人が自宅に戻る前に事故で死亡した。事故は11月30日午前2時ごろにニュークランバレー・エキスプレスウェイ(NKVE)のダマンサラ料金所近くで発生した。 クアラルンプール国際空港に数時間前に着陸した3人は配車アプリ「ウーバー」を使って自宅のあるスランゴール州スンガイ・ブロに向かっていた。しかし、高速道路上で車のタイヤがパンクし、路肩に車を寄せて修理していたようだ。そこに猛スピードで対向車線から分離帯を乗り越えた10トントラックが停車していた車に突っ込
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:
p2_main_rn_3011_p2b_rn_1

ミッドバレー近くの建設中の歩道橋が落下 1人死亡

クアラルンプール市の商業施設「ミッドバレー」の近くの工事現場で11月30日午後3時半ごろ、建設中の長さ約70メートルの歩道橋が落下し、外国人労働者1人が死亡、複数が重傷を負う事故が発生した。 事故現場は、現在建設中の「KLエコ・シティー」とミッドバレー・シティー地区を結ぶ、クラン川上を往復できる歩道橋。建設に携わっていた労働者が遅い昼食を橋の下でとっていたときに橋が落下した。 犠牲となったのはベトナム人労働者。橋の落下とともに川に転落し、溺死したとみられる。また、ベトナム人、バングラ
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news

ペラ州でバス事故 8人の死傷者

ペラ州ベフラン町近くの南北高速道路上で17日早朝、乗客27人が乗ったバスがトレーラーの後部に追突し、運転手が死亡する事故が発生した。乗客7人もけがをした。 このバスはタイ南部のハジャイからジョホールバルに向かっていた。事故は同日午前2時50分ごろに発生。20代の男性運転手が即死した。救助隊が駆けつけ、全員救助するのに30分ほどを要した。 負傷者は近くの病院に運ばれ、無傷だった乗客は代替バスでジョホールバルに向かった。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News 5

3州の天然ガススタンド67カ所、当面閉鎖

アブドゥル・ダフラン首相府相は8日、3州で67カ所の天然ガススタンドを閉鎖していることを明らかにした。10月末にジョホール州で発生した天然ガススタンドが爆発した事故を受け、安全確認と修繕のためと説明し、1~2カ月ほどかかる見通し。 閉鎖対象となっているのはスランゴール州、ヌゲリ・スンビラン州、ジョホール州の3州にある128カ所の天然ガススタンドのうち67カ所。スランゴール州では22カ所、ヌゲリ・スンビラン州では5カ所のみが稼働しており、天然ガスを主に使っているタクシーに大きな影響が出ている
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news-teksim

2015年の交通事故の死傷者数 前年比7・3%減

連邦政府の交通調査執行局は10月31日、2015年に発生した国内の交通事故による死傷者数が1万8256人で、前年比7・3%減少したことを明らかにした。 死亡者数は6706人で、1日あたり平均18人の数字になる。死亡者数全体のうち二輪車運転手が56%に達し、3816人。二輪車後部座席に乗っていた人の死亡者数は387人だった。死亡事故発生が最も多い時間帯は午後8時~10時までの間で、次に午後4時~6時まで。 死亡者数が最多だったのはジョホール州で1040人。特にバトゥ・パハ市では2年連続
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news-airasia

エア・アジア、コタバル空港の滑走路を外れる

格安航空エア・アジアのクアラルンプール行きの飛行機が1日午後10時ごろ、クランタン州コタバルの空港で離陸前に滑走路を外れる事故が起きた。乗員乗客にけがはなかった。 同機は離陸直前に滑走路を外れ、前車輪と左後部車輪が滑走路脇の砂に埋もれた。このため、滑走路を数時間閉鎖し、コタバル空港に着陸しようとしていた他の飛行機3機は引き返しを余儀なくされた。 クアラルンプール行きのエア・アジアは2日午前1時に離陸し、目的地に無事到着した。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
News

マラッカ海峡で不明の日本人船員 遺体で発見

マレーシア海事執行庁(MMEA)は10月31日、マラッカ海峡を航行していた液化天然ガス(LNG)のタンカー船「MTドーハ」に乗っていた機関長の日本人男性の遺体を前日にジョホール州バトゥ・パハの沖合で発見したと発表した。同月23日から行方不明になっていた。 遺体はコダマ・アツヒロさん(56)で、発見時には船員服を着ており、船を運航していた日本郵船の「NYK」の文字が服に書かれていた。 タンカー船は日本から中東に向けて航行しており、23日午前にマラッカ州沖合のウペ島付近で何らかの事情で転
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
news

道路横断でバスにひかれる 外国人死亡

クアラルンプール市内のチャイナタウン近くの道路で10月26日午後、横断しようとしていたポーランド人国籍の女性(23)がバスにひかれ、死亡した。 事故現場はジャラン・HSリーとジャラン・トゥン・タンチェンロックが交差するところで、ここを渡ろうとしていたダイアナ・ヘレナさんがセントラル・マーケット側から来たバスに衝突。頭部を強く打った。病院に搬送されたが、死亡が確認された。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
news-bisnis

日本人機関長、マラッカ海峡で行方不明

日本郵船運航の液化天然ガス(LNG)を運んでいるタンカー船「MTドーハ」に乗っていた機関長の日本人男性(56)がマラッカ海峡上で行方不明になっている。10月23日早朝から行方が分からず、航行中の船から転落した可能性があるとみられている。 船は日本からカタールに航行中で、マラッカ州パンタイ・プテリから約16キロ沖合のウペ島付近で男性は転落したとみられている。地元報道によると、男性はコダナ・アツヒロさん。 マレーシア海事執行庁(MMEA)などが捜索にあたっているが、依然として見つからない
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news