Archives : 政治

首相 ロヒンギャ問題でスー・チー氏を支持せず

首相 ロヒンギャ問題でスー・チー氏を支持せず

 マハティール首相は9月29日、ミャンマーのイスラム教徒・ロヒンギャ族問題で国家顧問兼外相のアウン・サン・スー・チー氏を支持しないと述べた。トルコのテレビ局のインタビューで語った。  首相は「この問題で彼女は変わったようだ」と述べ、ロヒンギャ族の虐殺行為を行った軍部に対して措置を取らないことに不満を示し、彼女を支持しないと説明した。  首相は、スー・チー氏が自宅軟禁されていたとき、解放するよう当時のミャンマー軍事政府に対して強く働きかけてきた。  また、首相は先にロヒンギャ問題
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
新KL市長にヒシャム氏が就任

新KL市長にヒシャム氏が就任

 クアランプールの新市長にヒシャム・アフマド氏(62)が2日、就任した。前任者のアミン・ノルディン氏が9月1日に突如辞任し、これまで空席だった。  ヒシャム氏の任期は2020年までの2年。クアラルンプール市長としては12人目。  同氏はこれまで首相府の経済計画局や連邦直轄区省、スランゴール州政府事務局などで勤務し、昨年5月まではスバンジャヤ市議会代表を務めた。すでに定年退職したが、手腕を買われてカリド・アブドゥル連邦直轄区相から市長に任命された。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
アンワル氏 下院補選に出馬 BNは立候補を擁立せず

アンワル氏 下院補選に出馬 BNは立候補を擁立せず

 与党の希望同盟(PH)を構成する人民正義党(PKR)の指導者アンワル・イブラヒム元副首相が、下院議員補選に9月29日に出馬した。ヌグリ・スンビラン州ポート・ディクソン選挙区からで同氏のほか、6人が立候補した。  立候補者のうち全マレーシア・イスラーム党(PAS)が擁立したモハマド・ナザリ氏以外は無所属。野党連合の国民戦線(BN)は「個人の政治的必要性のために選挙を行っている」として批判し、ボイコットを決定。ただ、BNの主要政党、統一マレー人国民組織(UMNO)は先にPASと選挙協力に入っ
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
ムスタパ前通産相とアニファ前外相 UMNOを離党

ムスタパ前通産相とアニファ前外相 UMNOを離党

統一マレー人国民組織(UMNO)の重鎮の1人で、最高執行協議会委員のムスタパ・モハメド前通産相が同党を離党したことを18日に発表した。また、アニファ・アマン前外相も19日に離党することを明らかにした。 ムスタパ氏は40年以上にわたるUMNOの党員で要職を歴任したことでも知られ、アニファ氏も1999年から党員でUMNOにとって大きな打撃となりそうだ。 ムスタパ氏は「党が向かっている方向と私の信念とが違ってきている」と離党の理由を説明。UMNOは穏健な政党であるべきだとも述べ、UMNOが
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
MCA PASとの協力はないと牽制

MCA PASとの協力はないと牽制

先の総選挙で惨敗したマレーシア華人協会(MCA)のリアウ・チョンライ総裁は15日、全マレーシア・イスラム党(PAS)との協力はないと牽制した。 PASは先の下院補選で統一マレー人国民組織(UMNO)と協力関係を結び、野党連合の国民戦線(BN)に入ることも噂されている。しかし、PASの政治信条と相容れないMCAはBNのなかで協力関係を構築するのは難しいとの見解を改めて示し、「PASがBNに入る場合、BNは解体することになる」とも述べた。 PASはイスラム国家の樹立を目指しており、MCA
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
MACC ナジブ前首相を再逮捕

MACC ナジブ前首相を再逮捕

汚職取締庁(MACC)は19日、ナジブ前首相を同日4時13分に再逮捕したことを発表した。政府系ファンド1MDBの資金26億リンギを自身の銀行口座に保管していた容疑。翌日には起訴された。 前首相は1MDBの資金不正流用問題に絡み、7月3日に背任罪や横領罪などで逮捕・起訴された。公判は来年2月18日から始まる。今回の逮捕は2回目。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,
首相 閣僚の実績に満足せず

首相 閣僚の実績に満足せず

マハティール首相は7日、現職閣僚の実績に満足していないと語った。 首相は与党の希望同盟(PH)協議会の後に「できることなら、昨日に戻って解決したい」と述べた。 首相は政権発足後に「結果を出さない閣僚はすぐに交代させる」とも語っており、内閣改造が行われる可能性もある。 首相はまた、国家公務員の一部がいまだに前政権に忠誠を尽くし、現政権に対して抵抗しているため、省としての決定事項が遅れているとも指摘。新政権が新任のポストに任命した公務員に対して給与が支払われていないケースもあり、閣
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
首相府相 新党「マレーシア進歩党」を立ち上げ

首相府相 新党「マレーシア進歩党」を立ち上げ

ワイサ・モーシー首相府相(融和・社会福祉担当)は8日、新党マレーシア進歩党(MAP)を立ち上げることを明らかにした。現職閣僚が新党を立ち上げるのは極めて異例。 同相は、団体登録局(ROS)にすでに申請して承認を待っていると語った。同党はインド人の政治、経済、教育、文化、宗教の利益を追及することを目的に結党されたという。同相はまた、希望同盟(PH)内には各民族や宗教向けの政党があることからインド人向けの政党の必要性も感じたとも語った。 今後、PH内の他党とも協力して政策を推進していきた
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
ポート・ディクソン選挙区の下院議員辞職 アンワル氏が出馬へ

ポート・ディクソン選挙区の下院議員辞職 アンワル氏が出馬へ

人民正義党(PKR)のダンヤル・バラゴパル下院議員が12日、議員を辞職した。ヌグリ・スンビラン州ポート・ディクソン選挙区の地盤を同党のアンワル・イブラヒム氏に譲るため。同議員はすでに下院議長に辞職届を提出しており、選挙管理委員会は補選実施の時期を近く決定する。 同議員は記者会見で「アンワル氏が下院議員に当選することと第8代首相になることに確信している」と述べた。 アンワル氏は2013年の下院議員総選挙でペナン州プルマタン・パウ選挙区から出馬し、当選した。しかし、2015年に同性愛行為
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,
ナジブ前首相 サウジからの献金証拠を公開

ナジブ前首相 サウジからの献金証拠を公開

政府系ファンド「1MDB」をめぐる資金不正流用疑惑で、逮捕・起訴されたナジブ前首相は10日、個人口座に振り込まれた資金が「サウジアラビアの王族からの寄付だった」証拠をソーシャルメディア上で公開した。 寄付したのは2015年に亡くなったアブドゥラ・アブドゥラジズ国王。寄付の総額は26億リンギにのぼる。公開された文書は3枚で、2011年2月1日付の寄付金を送付した認定書、同年2月24日と11月25日の振込書。 同氏は、中東で政変が起こったことを同国国王は危惧し、イスラムの国であるマレーシ
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news