Archives : 断水

首都近郊で断水再び 配管破裂で

スランゴール州シャーアラムで22日午後5時ごろ、水道の主要配管が破裂し、首都近郊40地区7万世帯で断水となった。 配管が破裂したのは、セクション15にあるビール製造のカールスベルグ社の工場の裏で、シャーアラムやクランのほか、プタリンジャヤのUJJ地区などで水の供給が止まった。翌日には破裂部分の修理は半分終わったものの、23日現在、依然として多くの世帯で断水となり、完全復旧のめどはついていない。(Mtown)
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

断水すでに6日間 困り果てる住民

スランゴール州チュラスのパンダン・プルダナ地区や周辺地区の住民は14日から断水となり困り果てている。すでに6日間もまったく水がない状態で、都市に住みながら水の枯渇状態が続いている。 水道会社のシャバスはほとんど通告なしに断水を突然断行。かろうじてウェブサイト上で断水対象地区の通知を行っただけで、何の理由でいつまで断水をするのかの説明がまったくない。 同地区の自治会のリム・アーチャイ会長は「これまでに住民に何の連絡もない」と憤る。シャバスに電話をしても誰も返答がなく、挙句の果てに突如、
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ペナン州政府 2030年まで断水措置はない!

ペナン州のリム・グアンエン州首相は12月22日、首都圏で大規模断水が発生したことを踏まえて、2030年までは州内での断水措置はないと断言した。 同州首相は断言できる理由として次の3点を挙げた。(水道会社の)経営陣の責任の明確化、水を無駄にする人への罰金刑と節水プログラムを実施して水道水の需要管理を適格にすること、供給以上の水を確保するため集水地区や水道関連施設をすべて公表すること。これらを実施すれば、断水措置を取らずにすむと同州首相は語った。ただ、なぜ2030年までなのかについては述べてい
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ジョホール州一部で1カ月間の断水

水道会社のシャリカット・アエル・ジョホール(SAJ)は16日、ジョホール州スンブロン・ダムの貯水池の水位が低下しているため、同日から9月15日までクルアン郡で断続的な断水措置を取ると発表した。   同社によると、36時間毎に給水と断水を行う。すでに国家水道サービス委員会(SPAN)の承認を得ているという。   また、同州東海岸沿いのメルシン郡でも2日毎の断水措置を同期間で実施している。   詳しい断水スケジュールなどについてはwww.saj.com.myで英語で提供している。(Mto
post in マレーシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news