Archives : 新規就航

news

マレーシア航空 中国複数都市に新規就航へ

マレーシア航空は今年10月までに中国の複数都市に新規就航させる。ピーター・べリュー最高経営責任者(CEO)が20日に明らかにした。 新規就航都市は成都、武漢、南京、重慶、福州、深セン、海口、天津の8都市。すでに複数都市を新規就航させているが、残りを10月までに飛ばす。クアラルンプールからの便だけでなく、サバ州コタキナバルやサラワク州クチン、ペナン発の便も含まれる。 同社のマレーシアから中国への直行便は現在、17都市に乗り入れている。今後も路線拡大を目指し、エアバス社製A330型機やボ
post in マレーシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news